ニュース
» 2015年02月20日 14時36分 UPDATE

Astell&Kern「AK240」にステンレススチールボディモデル登場

アユートが、ハイレゾプレーヤーのフラッグシップモデル「Astell&Kern AK240」のボディにステンレススチールを採用した「Astell&Kern AK240 ステンレススティール」を発表した。価格はオープンだが、直販価格は38万4000円。2月27日から販売する。

[渡辺まりか,ITmedia]

 アユートはAstell&Kernブランドのハイレゾ対応プレイヤー「AK240 ステンレススティール」を発表した。価格はオープンで、直販価格は38万4000円(税込)。直販サイト「アキハバラe市場」のほか全国の主要家電量販店、オーディオ専門店で2月27日から販売する。

 「Astell&Kern AK240 ステンレススティール」

 先週末の「ポタ研」で参考展示された「AK240 SS」。同社フラッグシップモデルAK240のボディに、ステンレススチールを採用したことで、ノイズフロアが減衰し、これまで以上に音質がクリアになるだけでなく、高い比重と剛性のため、共振を抑え高音質が得られるという。

 また、カーボンファイバープレートを使用した背面にはゴリラガラスを採用。ジェラルミン製のAK240に比べて重量は90グラム増え、275グラムになったことで、さらに音質を向上できるようになったとしている。

 本体のボディ素材と重量以外の仕様は、拡張ファームウェア「ver.1.11」を適用した既存のAK240と同じで、DSDネイティブ再生、256Gバイトの記憶容量(128GバイトのmicroSDメモリーカードと併用すれば384Gバイトを収容可能)、USB-DAC機能、IEEE 802.11b/g/nのWi-Fi、Bluetooth 4.0に準拠した無線機能、ギャップレス再生対応などの機能が搭載されている。

 同製品にはREMY CARRIAT(レミー・カリア)製で、研磨によってかすかなシボ加工を施したヌバックレザー「Dolis」を採用した専用ケースが付属する。植物油によるドラムダイ、レミー・カリア独自のシワや血管を残した加工、クロムとタンニンを使ったなめし加工などにより肌触りの良さ、耐久性の高さ、柔らかさなどを実現。3Mとコラボレーションすることにより、ケース素材の色落ちや劣化も防いでいる。

 REMY CARRIAT製ヌバックレザー「Dolis」採用専用ケース(写真=左)。ケースを装着したところ(写真=右)

 専用ケース以外の付属品は、Micro USBケーブル、画面用保護シート、背面用保護シートなど。

製品名 Astell&Kern AK240 ステンレススティール
対応ファイル形式 WAV、FLAC、WMA、MP3、OGG、APE、AAC、ALAC、AIFF、DFF、DSF
サンプリングレート FLAC、WAV、ALAC、AIFF:8kHz〜384kHz(352.8KHzは176.4KHzへ、384KHzは192KHzへダウンコンバート)/8、16、24、32bit(float/Integer ※32bit integerは24bitにダウンコンバート)
出力レベル アンバランス:2.1Vms、バランス:2.3Vms+2.3Vms(負荷なし)
Bluetooth Bluetooth 4.0(A2DP、AVRCP)
無線LAN IEEE 802.11b/g/n(2.4GHz)
バッテリー 3250mAh、リチウムポリマーバッテリー
本体サイズ 66(幅)×17.5(奥行き)×107(高さ)ミリ
重量 275グラム
価格 38万4000円(税込)

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.