ニュース
» 2015年03月04日 23時00分 UPDATE

スカパーJSATとクールジャパン機構、日本のコンテンツを海外に発信する「WAKUWAKU JAPAN株式会社」設立

スカパーJSATは、現在インドネシアとミャンマーで放送している日本コンテンツ専門チャンネル「WAKUWAKU JAPAN」の事業拡大を目指して新会社を設立する。クールジャパン機構の出資参画も決定。

[ITmedia]

 スカパーJSATは3月4日、現在インドネシアとミャンマーで放送している日本コンテンツ専門チャンネル「WAKUWAKU JAPAN」の事業拡大を目指し、5月1日付けで新会社「WAKUWAKU JAPAN株式会社」を設立すると発表した。

ts_wakuwaku02.jpg 「WAKUWAKU JAPAN」のロゴ

 当初はスカパーJSATの100%子会社として設立するが、7月1日(予定)に簡易吸収分割方式によって新会社が増資を行い、スカパーJSATと海外需要開拓支援機構(クールジャパン機構)がそれを引き受ける。出資金は合わせて110億円で、増資後の株主構成はスカパーJSATが60%、クールジャパン機構は40%となる。

ts_wakuwaku01.jpg

 スカパーJSATでは、「共同出資により、大規模な先行投資が可能になり、事業展開の加速化を目指す」としている。今後は「WAKUWAKU JAPAN」の多国展開を図り、将来的にはスカパーJSATグループの中核事業として成長させる方針だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.