ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「出資」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「出資」に関する情報が集まったページです。

Facebookが間もなく発表の仮想通貨、VisaやMastercardが支援──Wall Street Journal報道
Facebookが6月18日にも発表するとみられる独自仮想通貨「Libra」を、Visa、Mastercard、Papal、Uber、Stripeなどが支援するとWSJが報じた。各社が約1000万ドルずつ出資し、コンソーシアムに参画する。(2019/6/16)

メルカリ、シェアサイクル事業から事実上の撤退 子会社ソウゾウは解散
メルカリが、シェアサイクル事業「メルチャリ」から事実上撤退する。ソウゾウが運営するメルチャリ事業を分割し、連結孫会社neuetに承継。neuetは他社から出資を受け入れ、メルカリの連結対象から外れる。(2019/6/13)

シリーズDで6540万ドルを調達:
QualcommがSiFiveに出資、モバイルでRISC-Vを活用?
Qualcommの投資部門であるQualcomm Venturesは、「RISC-V」ベースのコアIP(Intellectual Property)ベンダーであるSiFiveの最も新しい出資者だ。これは、Qualcommが、無線およびモバイルにおけるRISC-Vアーキテクチャの活用を模索していることを示す明確なシグナルだといえる。(2019/6/13)

チケット価格変動「ダイナミックプライシング」エイベックスが音楽ライブに導入へ 専門企業に出資
需給に応じてチケットの価格を変動させる「ダイナミックプライシング」を、エイベックスが音楽ライブに導入へ。(2019/6/13)

漫画発見アプリ「アル」が2億円調達 キンコン西野氏など出資
漫画発見アプリ「アル」運営元が2億円を調達。ベンチャーキャピタルや個人投資家のほか、お笑いコンビ・キングコングの西野亮廣氏が代表を務める「株式会社にしのあきひろ」からも調達した。アルのAndroid版もリリースした。(2019/6/11)

産業動向:
建機マケプレ「ALLSTOCKER」運営企業SORABITOに住友商事が約5億円を出資
住友商事は、建機オンラインマーケットプレイス「ALLSTOCKER」を運営するSORABITOの第三者割当を引き受け、総額約5億円の出資を行ったと発表。(2019/6/7)

ヤフー出資の仮想通貨取引所TAOTAO、5月30日にサービス開始
ヤフーが出資する仮想通貨取引所TAOTAOが、5月30日にサービスを開始する。ビットコインとイーサリアムの現物のほか、証拠金取引としてビットコイン、イーサリアム、ライトコイン、リップル、ビットコインキャッシュを扱う。(2019/5/28)

製造マネジメントニュース:
三菱電機が米ベンチャーに出資、新たな産業用ロボシステムの開発へ
三菱電機が米国スタートアップ企業Realtime Robotics(RTR)へ出資する。同社の産業用ロボット「MELFA」シリーズとRTRのモーションプランニング技術を融合させ、新たな産業用ロボットシステムの開発を目指す。(2019/5/28)

車載ソフトウェア:
豊田通商、ISID、トヨタシステムズが共同出資、自動車業界向けシステム開発会社に
トヨタ自動車のIT関連子会社であるトヨタシステムズと豊田通商、電通国際情報サービス(ISID)の3社は2019年5月21日、自動車製造業向けにITソリューションを展開するスマートホールディングスに出資したと発表した。コネクテッド化や自動運転、電動化といった技術トレンドにより複雑化、大規模化している自動車の設計、開発のサポートを強化する。(2019/5/22)

製造マネジメントニュース:
デンソーによる愛三工業への出資拡大、トヨタの電動化戦略と連動
デンソーと愛三工業は、デンソーから愛三工業へのパワートレイン事業の一部譲渡と、デンソーの愛三工業に対する出資比率の引き上げについて検討を開始することで基本合意した。パワートレイン事業と将来の成長領域における競争力強化を目的としており、2019年秋をめどに正式契約の締結を目指す。(2019/5/22)

旧体制と決別:
スルガ銀、顧客離れ続く
スルガ銀行は15日、新生銀行などと業務提携を発表したが、出資を伴う資本提携には踏み込まなかった。スルガ銀株の約13%を握る創業家側が株式売却に応じず、提携先にその受け皿になってもらうとの構想自体が揺らいでいる。(2019/5/16)

製造マネジメントニュース:
リコーが韓国メーカーと合弁で新会社、食品向けX線装置を開発
リコーは、韓国のX線検査装置メーカーXAVISと食品分野向けのX線検査装置の開発、販売を手掛ける共同出資会社「リコーテックビジョン」を設立する。(2019/5/15)

ドワンゴ、将棋「叡王戦」の運営費をクラウドファンディングで募集 高額出資者は“見届け人”に
ドワンゴが「第5期叡王戦」の運営費を募るクラウドファンディングを始めた。支援は1口2000円からで、目標額は200万円。(2019/5/14)

楽天、ぐるなびへの追加出資を検討 15%の議決権取得、データ活用・相互送客を加速
楽天がぐるなびへの追加出資を検討すると発表。ぐるなびの発行済み株式数の9.6%を所有しているが、議決権ベースで15%まで引き上げる計画という。データの相互利用や相互送客などの協力体制を強化する。(2019/5/13)

人工知能ニュース:
低速自動運転を“商品レベル”で実現へ、ヤマハ発動機とDMPがAIで資本提携
ヤマハ発動機は2019年5月12日、同社製品の自動化と自律化の実現に向けた知能化技術(AI)開発力の強化を目的として、ディジタルメディアプロフェッショナル(以下、DMP)と業務資本提携を行うことを発表した。DMPが行う第三者割当新株式をヤマハ発動機が引き受ける形となり、出資完了後はヤマハ発動機がDMPの筆頭株主となる。(2019/5/13)

製造業IoT:
トヨタとパナソニック、目指す街づくりは「不便な立地の高付加価値化」
トヨタ自動車とパナソニックは2019年5月9日、東京都内で会見を開き、住宅や都市開発を手がける共同出資会社を新設すると発表した。社名は「プライムライフテクノロジーズ」で、両社が同等の出資比率で設立する。トヨタ自動車とパナソニックが傘下に持つ住宅関連会社の株式は、プライムライフテクノロジーズに移管させる。(2019/5/10)

PayPayが資本増強、ソフトバンクグループから460億円調達 資金力生かして「競争勝ち抜く」
PayPayが、ソフトバンクグループから460億円の出資を受け入れる。増資後のPayPayの資本金は920億円に。ユーザー獲得や導入店舗拡大の費用に充てる。(2019/5/9)

国内火力で約5割握る巨大「JERA」 再生エネルギーに本腰
東京電力ホールディングスと中部電力が折半出資する「JERA」が、再生可能エネルギー事業に本腰を入れる。(2019/5/8)

人工知能ニュース:
荏原製作所とリコーがAIベンチャーに出資、業務提携も
Ridge-iは、官民ファンドのINCJ、荏原製作所、リコーなどを引受先とした第三者割当増資の実施について発表した。増資により、既存事業を拡大し、研究開発環境を整備する。また、優秀な人材の育成にも力を入れる。(2019/4/30)

NTTドコモ、MR(複合現実)技術のMagic Leapと提携
Magic Leapに2.8億ドルを出資します。(2019/4/27)

ドコモ、複合現実デバイスの米Magic Leapと資本業務提携 約310億円を出資、国内販売も
NTTドコモが米Magic Leapと資本業務提携。日本国内におけるMRデバイスの販売権も取得した。(2019/4/26)

女性向けメディア「MERY」に電通が出資
MERYと電通が資本業務提携契約を結んだ。出資額は不明。若い女性向けに新たなメディアビジネスを強化するとしている。(2019/4/23)

吉本興業とNTTが新会社 国産プラットフォーム事業
吉本興業の持つエンターテインメント事業とNTTの情報通信事業技術に加え、出資に加わる官民ファンドの「クールジャパン機構」の海外事業支援のノウハウを連携させ、国内、アジアを中心とした海外向けのコンテンツ配信を目指す。(2019/4/22)

自動運転技術:
トヨタらがUber新会社に10億ドル出資、ライドシェア向け自動運転車の開発加速
トヨタ自動車、デンソー、ソフトバンク・ビジョン・ファンドは2019年4月18日(現地時間)、Uber(ウーバー)の研究開発部門Advanced Technologies Group(Uber-ATG)が基となる新会社に合計10億ドル(約1120億円)を出資すると発表した。これにより、Uberとトヨタ自動車はこれまで取り組んできたライドシェア向け自動運転車の開発を強化する。(2019/4/22)

Snapdragon 855搭載:
Xiaomi系ゲーミングスマホ「Black Shark 2」日本上陸 バンド最適化+技適取得で10万円弱
TAKUMI JAPANが、Xiaomi(シャオミ)が出資するゲーミングスマートフォンメーカー「Black Shark」の最新モデルを発売する。モバイル通信の周波数帯を日本向けに最適化した上で、日本国内で使う上で必要な各種認証を取得。予約購入したユーザーには先着で専用ゲームパットとプロテクターケース(計1万5000円相当)をプレゼントする。【更新】(2019/4/16)

産業動向:
水不足を解消するワイズに戸田建設が出資、沿岸/山間部の土木工事で海や川から用水調達
戸田建設は、「海水淡水化装置」を製造販売するワイズグローバルビジョンに出資したことを明らかにした。(2019/4/15)

スマートエネルギーWeek2019:
NTT×東京電力が目指す「スマートな電力ビジネス」とは?
東京電力とNTTが2018年に折半出資で設立した新会社TNクロス。電力×ICTによる新たな価値創造を目指す同社の取り組みについて、「スマートエネルギーWeek2019」でTNクロス 代表取締役社長 高見表吾氏が語った。(2019/4/8)

Amazon、小型衛星によるインターネットサービス構想「Project Kuiper」を認める
Amaon.comが、小型衛星によるグローバルな通信網構想「Project Kuiper」に取り組んでいることを認めた。同様の構想はイーロン・マスク氏のSpaceXやソフトバンクが出資するOneWebなども進めている。(2019/4/5)

コワーキングスペースのWeWork、オフィス管理サービスのManaged by Qを買収
ソフトバンクも出資するコワーキングスペースのWeWorkが、オフィス管理サービスのManaged by Qを買収した。(2019/4/4)

CYBERDYNEと筑波銀行:
蓄電デバイスの開発を加速、MIつくばを事業支援
CYBERDYNEと筑波銀行は、物質・材料研究機構(NIMS)が認定するベンチャー企業のマテリアルイノベーションつくば(MIつくば)に対して、資本出資と事業支援を共同で行う。(2019/4/2)

FAニュース:
三菱電機がフィリピンにFA製品販売会社設立、自動化需要獲得へ
三菱電機は、子会社のセツヨーアステックと、FA機器のフィリピン現地販売代理店Integrated Factory Automationとの共同出資により、新会社「MELCO Factory Automation Philippines Inc.」を設立する。(2019/4/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
見えてきたホンダのMaaS戦略
ソフトバンクとトヨタ自動車が共同出資して立ち上げたMaaS企業「MONET」に、ホンダが資本業務提携する。同時に、MONETは88社が参加するコンソーシムも立ち上げた。なぜオールジャパンのコンソーシムが必要なのか。またホンダの狙いはどこにあるのだろうか。(2019/4/1)

車両デザイン:
日産「デイズ」が6年ぶり全面改良、軽初でプロパイロットや緊急自動通報も
日産自動車は2019年3月28日、軽自動車「デイズ」を全面改良して発売したと発表した。2013年に初代モデルを発売して以来、6年ぶりのフルモデルチェンジとなる。日産自動車と三菱自動車の共同出資会社であるNMKVのマネジメントの下、日産自動車が企画、開発を進めた。(2019/3/29)

太陽光:
初期費用ゼロの住宅太陽光を展開、関西電力と京セラが新会社設立へ
関西電力と京セラが住宅向け太陽光発電事業を展開する新会社を共同出資で設立。ユーザー側に発電設備などの設置初期費用がかからない、第三者所有モデルの住宅太陽光発電サービスを2019年秋から展開する。(2019/3/28)

製造マネジメントニュース:
ヤマハ発動機が台湾メーカーへ出資、ロボティクス事業の強化へ
ヤマハ発動機は2019年3月20日、台湾の産業機器メーカー「TOYO AUTOMATION」へ出資を決定したと発表した。出資額は約9億円。ヤマハ発動機はTOYOから部品供給を受け、単軸アクチュエータの製品競争力を強化する狙いだ。(2019/3/22)

自動運転技術:
トヨタ子会社TRI-ADがNVIDIAを全面採用、シミュレーションから車載コンピュータまで
NVIDIAは2019年3月18日(現地時間)、ユーザーイベント「GTC 2019」(2019年3月19〜21日)において、トヨタ自動車、デンソー、アイシン精機の共同出資会社であるToyota Research Institute Advanced Development(TRI-AD)との協業範囲を拡大すると発表した。自動運転AIの学習、クラウドベースの走行シミュレーションによる検証から開発用車載コンピュータまで、エンドツーエンドでNVIDIAの技術、製品を採用する。(2019/3/20)

ジャパン・ドローン2019:
NTT西日本が100%出資する橋梁/法面/鉄塔などドローン点検の新会社、ACSLの機体販売も
NTT西日本が、ドローンによるインフラ点検サービスを行う新会社「ジャパン・インフラ・ウェイマーク」を2019年4月1日に設立する。同社は、「ジャパン・ドローン2019」に出展し、新サービスの概要を紹介した。(2019/3/18)

出資受付中の超小型PC「GPD MicroPC」、メモリ6GBに増量 価格は10〜15ドルアップ
6型の小型PC「GPD MicroPC」のメモリが、4GBから6GBに増量する。(2019/3/11)

組み込み開発ニュース:
ケイデンスがGHSに1億5000万ドル出資、組み込み分野で協業
Cadence Design Systems(ケイデンス)とGreen Hills Software(GHS)は、組み込みシステムの安全性向上のための協業を開始する。ハードウェア、ソフトウェア両面をカバーする統合ソリューションを提供することで、新たなビジネス拡大を目指す。(2019/3/11)

4K対応のモバイル液晶ディスプレイがCAMPFIREに登場
中国のUnickが、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」において15.6型モバイルディスプレイ「TAIHE Gemini」の出資受け付けを開始。Kickstarterに続くもので、目標金額は550万円、募集期間は4月30日までだ。(2019/3/2)

モビリティサービス:
トヨタとソフトバンクがオンデマンド移動サービスの実証、まずは丸の内と豊田から
ソフトバンクとトヨタ自動車の共同出資会社MONET Technologies(以下、MONET)は2019年2月18日、オンデマンドモビリティサービスの提供に向けて、日本の17の自治体と連携を開始すると発表した。(2019/2/19)

米アマゾン、EVメーカーに出資 自動車分野の取り組み強化
リビアンは2020年後半にEVを発売する計画で、アマゾンの出資は計画実現を後押しするとみられる。(2019/2/18)

「スマホ中心」がキーワード:
金融事業に本腰のKDDI、スマホ決済のキャリアフリー化・カブコム出資など発表
KDDIがオンライン金融ビジネスを強化する取り組み「スマートマネー構想」を発表。「au WALLETアプリ」の用途を広げ、預金、送金、決済、ローン、投資、保険の契約などにも対応する。実現に向け、決済サービスのキャリアフリー化と、カブドットコム証券への出資などを行う。(2019/2/12)

ソフトバンク、Vision Fundで自動運転の米Nuroに9億4000万ドル出資
ソフトバンクが「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」で自動運転の米新興企業Nuroに約1000億円出資する。Nuroは、Google系列のWaymo出身エンジニアが立ち上げ、オリジナルの無人配達車を開発した。昨年12月にはアリゾナ州で配達サービスを開始している。(2019/2/12)

NHK、CDN事業者に出資「急いで検討」 新年度からTVer参加へ
NHKの上田良一会長は7日の定例会見で、CDN事業者への出資について、「NHKとしては民放との二元体制を維持しながら、検討していることのひとつ」との認識を改めて示した。(2019/2/8)

製造マネジメントニュース:
頭金なし満期後の買い取りなしで自家用車、「プリウス」が月額5万円から
トヨタ自動車は2019年2月5日、自動車をサブスクリプション方式で利用できる個人向けサービスを提供する新会社「KINTO」を設立したと発表した。出資比率はトヨタの完全子会社であるトヨタファイナンシャルサービスが66.6%、住友商事グループの住友三井オートサービスが33.4%となる。(2019/2/6)

新たな会員組織を創設:
日本航空と野村総合研究所、共同出資会社「JALデジタルエクスペリエンス」を設立
日本航空と野村総合研究所が共同出資会社を設立した。(2019/2/4)

自動運転技術:
トヨタ主導でグローバルな高精度地図、オープンAPIで更新から利用までワンストップ
トヨタ自動車、デンソー、アイシン精機の共同出資会社であるToyota Research Institute Advanced Development(TRI-AD)は、自動運転車向け高精度地図の普及を促進するため、「自動地図生成プラットフォーム(AMP)」を開発する。(2019/2/1)

自動運転技術:
ソフト開発は「ツールとインフラが9割」、トヨタの先行開発会社が重視すること
トヨタ自動車、デンソー、アイシン精機の共同出資会社であるToyota Research Institute Advanced Development(TRI-AD)は2019年1月30日、東京都内で事業説明会を開いた。(2019/1/31)

太陽光:
京都・兵庫・福井の7カ所に太陽光発電所を開設、700世帯分の電力を発電
京セラやオムロン子会社などが出資する丹後太陽光発電合同会社が、京都・福井・兵庫の7カ所に太陽光発電所を開設。年間700世帯分の電力を発電する。(2019/1/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。