ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「クールジャパン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「クールジャパン」に関する情報が集まったページです。

海外展開に挑む:
ガンダムとハローキティがそれぞれ「ハリウッド映画」作る――サンリオと創通の仕掛け人が明かす「世界制覇の勝算」
機動戦士ガンダムの版権管理などを手掛ける創通の田村烈常務取締役と、サンリオの下村陽一郎取締役がITmediaビジネスオンラインの取材に応じ、「機動戦士ガンダム」と「ハローキティ」の海外展開の展望を明かした――。(2019/6/6)

これこそクールジャパン 漫画家考案の五輪ボランティア装備が純和風でかっこいい
三度笠みたいな「かぶる傘」を使うなら、いっそ全身和装で固めたほうがよさそう。(2019/5/29)

スピン経済の歩き方:
「黒タピオカドリンク」が20年を経て、再ブームになっている背景
若い女性たちの間で、「黒タピオカドリンク」がブームになっている。黒いツブツブが沈んだドリンクを手に持ち、極太のストローでシュポシュポと吸い込む。タピオカブームは20年ほど前にも起きているのに、なぜ再び話題になっているのか。その背景にあるのは……。(2019/5/14)

吉本興業とNTTが新会社 国産プラットフォーム事業
吉本興業の持つエンターテインメント事業とNTTの情報通信事業技術に加え、出資に加わる官民ファンドの「クールジャパン機構」の海外事業支援のノウハウを連携させ、国内、アジアを中心とした海外向けのコンテンツ配信を目指す。(2019/4/22)

今日のリサーチ:
日本は「行きたい国」1位――電通「ジャパンブランド調査2019」
電通が20カ国・地域で実施した「ジャパンブランド調査」の最新版の結果から、外国人の訪日意向に関する部分をピックアップしてみました。(2019/4/19)

3つの子会社と連携:
エイベックスがインフルエンサー事業強化、新しい時代の人気者を創出
エイベックスがインフルエンサー事業強化の取り組みを発表した。(2019/3/6)

「お笑い界のオールスター」 岡村隆史、明石家さんま、西川きよし、桂文枝ら「花の駐在さん」記念写真がレジェンドだらけ
若手はうれしいだろうな……。(2019/2/25)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
発売中止の作品まで…… アニメの“円盤”は消滅するのか?
アニメのBlu-rayやDVDの売り上げが減少している。動画配信サービスの普及が要因。ただ配信終了した作品は見れなくなるため揺り戻しの可能性も。(2018/11/13)

「ブロッキング法制化」反対派不在の報告会 「中間まとまらない」座長メモも公開
(2018/10/30)

日本で働けない外国人の無念背負う:
外国人材受け入れをもっと 法の壁に風穴開けた就職支援会社社長の執念
2019年に外国人材の受け入れ条件が緩和される。火付け役は外国人の就職支援のパイオニア企業の社長。日本で働けなかった外国人の無念を背負っての活動が実った。(2018/10/17)

SNS通じ中国人の信頼獲得:
45万人が中国に数千億円の日本製品を転売 謎の在日バイヤーを追う
中国市場に数千億円もの日本製品を売り込む中国系バイヤーに迫った。日本に居ながらSNSを駆使し美容用品などを販売。日本企業が今後活用できるかが鍵。(2018/9/4)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
東京モーターショー再生への提案
東京モーターショーの地盤沈下はもはや誰の目にも明らかだ。来場者や出展者の数はどんどん減っている。一体どうすればいいのか?(2018/9/3)

スシやアニメだけがクールジャパンじゃない:
日本の料理学校で外国人が「和食」より「洋菓子」を学ぶ深い訳
料理の名門「辻調」の製菓学校で洋菓子作りを学びに留学する外国人が増えている。日本の高い技術やビジネスモデルの習得が目的だが、法規制のため卒業後日本の洋菓子店で実務経験を積めないのが課題。(2018/8/3)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(46):
東京編:YOUは何しに奥多摩へ?――山の廃校で語学教育とシステム開発と地域活性化を模索する“くらげ”たち
JELLYFISHは奥多摩の廃校を活用し、高度IT人材育成を目的とした学校を開校した。学校は同時にラボ型開発の拠点でもある。生徒たちは語学やエンジニアとして必要な思考力などを学び、同時にアルバイトとして開発経験も積む。ゆくゆくは自身のアイデアやプロダクトで地域活性化も狙う。(2018/7/23)

スピン経済の歩き方:
「クールジャパン」迷走の背景に、日本人の“弱点”アリ
官民ファンド「クールジャパン機構」が大きな損失を出している、といった報道があった。「自民党が悪い」「安倍政権が悪い」といった声があるが、こうした指摘は“正しい”のか。問題の本質はどこにあるのかというと……。(2018/7/17)

今日のリサーチ:
データで知る、今更聞けない「VTuber」――ユーザーローカル調査
最近よく聞く「VTuber」。あなたは何だかご存じですか?(2018/6/6)

「本物のフィギュアが欲しい」海外のオタクの声受け:
オタクグッズ、海を越えて「おつかい」します
海外のオタクがほしいアニメやゲームのグッズをリクエストし、日本のユーザーが買ってきて取引するサイトが登場した。日本のオタクグッズは海外で買えず偽物も流通していることが背景にある。(2018/5/14)

今日のリサーチ(「調査のチカラ」より):
ジャパンブランドは圧倒的に「高性能」だが「人気がある」イメージでは中韓との差はわずか――電通調査
電通が20カ国・地域で「ジャパンブランド調査2018」を実施しました。日本や日本産品の海外でのイメージはどう変わってきているのでしょうか。(2018/5/1)

海賊版サイト問題に政府「早急に対策を講じていきたい」 サイトブロッキングも検討中
19日の記者会見で菅義偉内閣官房長官が語りました。(2018/3/20)

政府、漫画海賊版サイト「早急に対策」 ブロッキングも検討
政府は漫画海賊版サイトに対し、サイトブロッキングを含め早急に対策を講じる方針。菅官房長官が3月19日の記者会見で述べた。(2018/3/19)

バーチャルYouTuber「キズナアイ」、訪日観光大使に
日本政府観光局がバーチャルYouTuber「キズナアイ」を観光大使に起用し、プロモーションサイトを開設。バーチャルYouTuberが観光大使となるのは「世界初」としている。(2018/3/12)

1000万部級のヒットも:
新たに開けた「小説×世界」のマーケット 講談社の挑戦
出版社が注目している海外市場。講談社文芸第三出版部で編集長を務める河北壮平さんは「ここ数年で大きな変化が起こっています」と語る。「日本の小説×世界市場」でいま何が起こっているのか?(2018/2/26)

USJ開催「美少女戦士セーラームーン」のアトラクションが発表に 大迫力の「4-Dシアター」オリジナルストーリー
来年3月16日からスタートです!(2017/12/21)

ユニバーサル・クールジャパン2018に「セーラームーン」「ファイナルファンタジー」参戦が決定
世界観をリアルに体験できるイベント。「名探偵コナン」「モンスターハンター」はさらに進化する。(2017/9/13)

DISH//リーダーが「好きだよ」:
音楽ライブの直通バスでVR体験 歌手から「愛の告白」も
WILLERとKDDIが、ライブ会場への直行バス内でVRコンテンツを視聴できるサービス「ライブバス VR」を始める。バンドメンバーと近くで会話しているかのような体験ができる点が特徴だ。まずは2018年元旦に開催される「DISH//」の武道館ライブに向かう車内で、メンバーからの“告白”などを体験できるVR映像を配信する。(2017/8/31)

親日度や訪日意向を調査:
電通が「ジャパンブランド調査2017」を実施 日本への好意度はタイ、フィリピン、ベトナムが同率1位
電通は、2017年2〜3月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2017」の結果を発表した。(2017/5/18)

カギは「スピード感」「ライセンス意識」:
「君の名は。」飛騨市に学ぶアニメツーリズム
大ヒット映画を活用したインバウンド事業は、どのような効果があるのか。成功するアニメツーリズムとはどんなものなのだろうか。「君の名は。」の聖地として観光客を国内外から集めた岐阜県飛騨市の例から学ぶ。(2017/3/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
不振だった「USJ」が急成長できた理由
ハリウッド映画のテーマパークとして、2001年に誕生した「USJ」。14年には過去最高の来場者数1200万人を突破し、15年には東京ディズニーシーを抜いて1390万人を記録した。それまで不振だったUSJはなぜV字回復できたのか。(2017/3/14)

海外のたいやき人気は「Kanon」の影響!? NHK「所さん! 大変ですよ」で「不思議すぎるクールジャパン」
たいやきや中古軽トラ、畳など日本で当たり前のものがなぜか海外で人気を集めている実態に迫る内容です。(2017/3/8)

ハーフは美人ばかりじゃない! ハーフにはハーフの悩みがある
役所で、就職で、飲み会で……、ハーフの悩みは尽きません。(2017/2/12)

「ユニバーサル・クールジャパン2017」体験レポート エヴァやモンハンのリアルアトラクションに修造絶叫!
日本初の“クール”を松岡修造さんがもっとアツく!(2017/1/12)

キャズム理論が進化している:
理論で分かる きゃりーがブレイクした理由
派手なファッションに身を包み、喜怒哀楽はあまり見せない。アイドルであるにもかかわらず、ときに変顔をする。そんな「きゃりーぱみゅぱみゅ」が、なぜ人気があるのだろう? と疑問を感じている人も多いのでは。彼女がブレイクした理由を、キャズム理論で分析したところ……。(2016/12/2)

「日本合衆国」かく興盛せり
人間とエレメカを生々しく共生させる手法はまさにサイバーパンク後のスタンダード! SF通の諸兄をうならせる正統派歴史改変SFな1冊を紹介。(2016/11/30)

ASEANでのEC支援事業を拡大:
イー・エージェンシー、ASEANを本拠とするI-COMM AVENUグループと資本・業務提携
イー・エージェンシーは、I-COMM AVENUグループと資本・業務提携を行った。中国・シンガポール・インドネシアにつづき、マレーシア・タイのネットワークを強化する。(2016/11/28)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタ・ダイハツのスモールカー戦略が始まった
今年8月1日にトヨタ自動車がダイハツを完全子会社化してから、初の小型車の発表があった。世界ナンバーワン小型車メーカーへの道を進む上で、重要かつ失敗の許されない第一歩と言えるかもしれない。(2016/11/14)

スピン経済の歩き方:
ご当地フィギュア「諏訪姫」シリーズが、20万体超のヒットとなった理由
長野県諏訪市公認のご当地萌えキャラ「諏訪姫」が売れている。デビューから4年が経っているのに、いまだに人気があって、フィギュアの販売個数は20万個を突破。全国的にみると、ご当地萌えキャラは苦戦しているのに、なぜ諏訪姫は多くの人から愛されているのか。(2016/11/8)

「アニメ聖地」ファン投票1位はあの作品 アニメツーリズム協会の中間発表
国内外から「アニメ聖地」を募る投票の中間発表では、最新作から名作まで幅広い作品が選ばれている。(2016/10/31)

富野監督も“巡礼”呼び掛け 「アニメ聖地」全国88カ所を選定、集客に活用「アニメツーリズム協会」設立
アニメの舞台になった「アニメ聖地」全国88カ所を選んで観光客の呼び込みにつなげる「アニメツーリズム協会」が設立された。(2016/9/16)

“美しすぎるロシア人コスプレイヤーのメイドカフェ”が新宿にオープン ちょっとボルシチ食べてくる
メイドは全員オタクのロシア人女性、メニューは手作りのロシア料理。(2016/9/15)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
インドネシアで日本の電子コミックは普及するのか
電子書籍の販売サイト「eBookJapan」を運営しているイーブックイニシアティブジャパンが、インドネシアでも展開している。人口増などで経済発展が見込まれるインドネシアで、日本の漫画は受け入れられるのか。同社の担当者に、勝算などを聞いた。(2016/9/5)

USJに「シン・ゴジラ」上陸 圧倒的存在感と対峙するアトラクション登場
2017年1月13日より開催される「ユニバーサル・クールジャパン2017」の第1弾企画。(2016/8/2)

全社横断プロジェクト「チーム・クールジャパン」が調査:
最も「親日」になった国は? 電通が「ジャパンブランド調査2016」を実施
電通は、2016年4〜5月に20カ国・地域を対象に実施した「ジャパンブランド調査2016」の結果を発表した。(2016/7/26)

エロはアートだ! “秘宝”だらけの展覧会「都築響一 presents エロトピア・ジャパン展」に潜入してきた
「無駄な方向に努力をしていくのが日本のエロクリエイティブ」(都築さん)(2016/6/13)

寿司に野菜に楽器……リアルすぎる「おもしろ消しゴム」ってなんだ?
集めたい。(2016/5/16)

紳士のPCタイムにどうぞ 極柔で等身大な「DEAD OR ALIVE Xtreme3」マウスパッド登場
これがクールジャパンか……。(2016/4/23)

「1度着てみたかった」という人向け“部屋着用セーラー服”が登場 今度はちゃんと女性用です
50代用に「スケバン型」まで取りそろえる守備範囲の広さ。(2016/4/19)

海上自衛隊が護衛艦「かが」のロゴマークを募集 艦これは関係ないからな! ないからな!!
レディ・ガガも関係ないからな!(2016/3/8)

スピン経済の歩き方:
安売りをしない「大人ランドセル」が、海外セレブを虜にする理由
海外で「大人用のランドセル」が注目されていることをご存じだろうか。ハリウッド女優が肩にかけて歩く姿が話題になり、人気に火がついた……という報道もあるが、本当にそうなのか。調べていくと、ある日本メーカーの存在が大きいことが分かった。(2016/3/8)

ついに顔文字だけの川柳も参戦 第11回「あなたが選ぶオタク川柳大賞」投票開始
「(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`) (´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`) (´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)(´・ω・`)」(2016/2/8)

ドラえもんやラオウになりきれる「クールジャパン」フェイスパック登場
ドロンジョ様や「ちびまる子ちゃん」の永沢君もあるよ。(2015/12/7)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。