ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「東京ドーム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

斉藤朱夏、ソロデビュー決定! アカペラ披露のMVに「無限に見れる」「グッときた……」の声も
8月14日にデビューミニアルバムをリリース。(2019/6/12)

SNSで人気のまっぷーちん&ちくわが初参戦 「ねこ休み展」夏の本祭 東京ドームシティで開催
過去最大規模の開催となります。(2019/6/10)

JALの牙城だった「憧れのリゾート地」:
「ANAの巨大旅客機投入」でハワイに若者を呼び込めるか
ANAが一度に520人を運べる大型機「エアバスA380」を5月24日からハワイ路線に就航させるため、日本人観光客が増えることが予想される――。(2019/5/23)

白木智幸のITフィットネス:
“タッチ対応PC”が議論を深めるキーアイテムに? 会議に参加する全員を主役にするコツ
PCメーカーやIT企業で製品開発やプロダクトマネジャーを務めてきた白木智幸が、最新のテクノロジーやITを楽しみながら、よりよい働き方・ライフスタイルにつながるエッセンスを紹介する連載。(2019/5/3)

土屋アンナが「ONE PIECE」ボア・ハンコックに 完璧な“見下しすぎのポーズ”に「4人産んだボディとは思えん」の声
さすが人気モデル。(2019/4/21)

国内データセンターの延べ床面積、全部足すと東京ドーム47個分に クラウド需要で拡張続く見込み
IDC Japanが、IT/通信事業者が国内に所有するデータセンターの延べ床面積の合計値を発表。2018年末時点で、各社の延べ床面積の合計値は約219.2万平方メートルだった。東京ドームの面積は約4.7万平方メートルなので、約47個分に相当する。(2019/4/17)

日米通算4367安打:
経営にも通じる、イチローの会見の内容とは
シアトル・マリナーズのイチロー選手が3月21日、現役引退を発表した。日本で9年、アメリカで19年。日米通算4367安打という記録や、日本人野手の大リーグ挑戦のパイオニアとしての貢献は計り知れない。(アタックス研究員・坂本洋介)(2019/4/17)

「待ってた」「最高以外の言葉が見つからない」 元「Love-tune」萩谷慧悟、ブログ開設でファン歓喜
続々とブログやSNSを開設する元メンバーたち。(2019/4/11)

GarageBandオンザラン:
GarageBandのエビ中テレビドラマが始まった 「神ちゅーんず 〜鳴らせ!DTM女子〜」
iPhoneでGarageBandを操る女の子が主人公のテレビドラマがスタートした。これは見なきゃ!(2019/4/9)

青汁のキューサイ、ドローンで原料のケール畑を管理――収穫量の予測や病害虫の早期発見へ、NTTドコモと連携
青汁で知られるキューサイは、NTTドコモと共同で、ドローンを活用した“スマート農業”に乗り出す。ドローンで上空からケール畑を撮影し、画像データを解析して、生育状態の把握や収穫量の予測、病害虫の検知を行う。人手不足の解消やケール畑の管理効率化を図る。(2019/4/5)

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:
「100年に1人の逸材」が変える「100年に1度のAI革命」
AIを活用したいが、上層部の理解を得られず難しい――そんな組織の壁を突破するにはどうすればいい? 大きな変革を得てV字回復を遂げたプロレス業界に学んでみよう。(2019/3/29)

ニッチロー、イチロー引退も“生涯イチ宣言” 「一生をかけてモノマネをしていきたい」
最低50歳まではやってほしいな。(2019/3/23)

選手生活→性生活、ファン→パン イチロー引退中継、AbemaTVのAI字幕が誤認識を連発 運営「試験的なため精度まだ実現できていない」
イチロー選手の現役引退会見をAmebaTVがライブ配信したところ、リアルタイム字幕AI「AIポン」の誤訳が話題に【追記あり】(2019/3/22)

DAZN、ついに巨人と提携 読売グループ口説き落とした舞台裏と“懸念”
「DAZN」に対し、球界の盟主・巨人がついに主催試合の配信を認めた。親会社の読売新聞グループ本社を抱き込んだ、至れり尽くせりの提携案で口説き落とされた格好だ。巨人戦のテレビ中継を武器に日本に君臨してきたメディアグループが、スポーツ中継の“黒船”とも呼ばれる海外の競合他社と呉越同舟に。(2019/3/20)

平成が生んだ小さな巨人、獣神サンダー・ライガーが引退決意 2020.1.4の東京ドームがラストマッチ
体の痛みを考えるようになったとのこと。(2019/3/7)

完全に仕上がってる! “ラブライバー”田村淳、ラジオ番組でAqoursと初対面し自分を見失う
番組ではライブチケット最速先行に落選した報告も。(2019/2/16)

「秋元さんギャルなん?」 指原莉乃、卒業シングル「ジワるDAYS」にジワジワくるツッコミを放つ
秋元康ギャル説。(2019/2/13)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ドル箱の巨人キャンプを手放したくない、宮崎県の苦悩
2月1日、プロ野球の春季キャンプがスタートした。何だかんだ言っても、注目を集めているのが巨人である。報道陣の数も群を抜いて多いわけだが、そのキャンプ地、宮崎でまた大きな施設が完成した。裏では、行政の苦悩がうかがえて……。(2019/2/7)

活躍の舞台は世界:
日本でのK-POP躍進の軌跡 長年支え続けてきた功労者に聞いた
"K-POP"が世界を魅了している。だが、日本で歩んできた道のりは決して平坦なものではなかった。K-POPを長年支え続けてきた功労者の1人であるユニバーサル ミュージック合同会社執行役員、中村卓さんに話を聞いた。(2019/1/30)

野球を見ながらあの味が楽しめる 串カツ田中、東京ドームに初のテイクアウト専門店オープン
限定フードメニューも。(2019/1/21)

世相を反映:
声優のアイドル化 アニメが現実とシンクロ、理想のヒロイン求めて……
オレンジ、水色、ピンクなど無数のペンライトと歓声が飛び交い、むせかえるような熱気に包まれた。ステージには、レースにフリル、花飾りの衣装もまぶしい9人の女の子たち。歌って跳びはね、熱い視線を一身に集める。(2019/1/21)

有吉弘行、グループ卒業の指原莉乃に愛あるイジり 「引退かぁ。もう会えなくなると思うと少し寂しいなぁ」
ファン「有吉さんの愛情やね」。(2018/12/16)

オタクが「ゆるキャン△」の影響でソロ冬キャンしたレポ漫画
自分のことを各務原なでしこだと思い込んでキャンプすると楽しいです。(2018/12/16)

「平成のギリギリまでアイドルを全力で楽しみます!」 HKT48指原莉乃が卒業を発表、ファンからは悲しみの声
さしこ……!(2018/12/15)

米中通商協議を巡る懸念が後退:
日経平均は続伸、米株高が支え 日経平均は200円超す上昇
東京株式市場で日経平均は続伸した。米中通商協議を巡る懸念が後退したとの見方から前日の米国株が上昇。この流れを引き継ぎ日本株は上昇スタートとなり、先物主導で上げ幅を拡大した。(2018/12/13)

火事の跡地でおびえる猫を救助 動物たちを救い続ける男性の活動に称賛の声が上がる
怖がらないで、もう大丈夫。(2018/12/9)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
広島でヒーローだった丸は、巨人でも活躍できるのか
広島東洋カープの丸佳浩外野手がFAで巨人へ移籍した。2年連続MVPに輝いたスター選手は、巨人でも活躍できるのか。気になるのは……。(2018/12/7)

IoTセキュリティの現実的な仕組みと課題(4):
完全な答えのないIoTセキュリティの世界、最後はやはり……
工場や重要インフラで利用されつつある「インダストリアルIoT(IIoT)」の世界に着目し、IoTセキュリティの現実的な仕組みと課題について解説する本連載。第4回(最終回)では、リスクの考え方の理解を深めると同時に、IoTセキュリティを検討する上で必要な心構えについて解説する。(2018/11/29)

メルカリの本・CD・ゲーム専用アプリ「メルカリ カウル」、一本化のため終了 取引数は前年比170%と成長
「エンタメ・ホビー」カテゴリに特化したメルカリの姉妹アプリ。(2018/11/2)

楽しい大好きスタートアップ代表が見たロボット業界:
俺の相棒はロボット? 関西国際空港で自動清掃ロボット大戦がはじまる
ロボット派遣・就職・教育サービスを手掛け、これまでロボットと共に5千人以上を接客した経験を持つ田中智崇氏が、関西国際空港で本格運用が始まった最新型自動清掃ロボットをレポートする。(2018/10/30)

再開発:
大和ハウス初の4事業複合プロジェクト、船橋のAGC跡地で始動
大和ハウス工業は、千葉県船橋市のAGCテクノグラス工場跡地で、大規模複合開発を進めている。プロジェクトでは、東京ドーム1.2個分の事業面積5万7456m2(平方メートル)の敷地に、商業施設、分譲マンション、戸建て住宅などを順次、複合的に整備し、2021年の完成を目指す。(2018/10/30)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
ボクシングの村田諒太は、“作られた世界王者”だったのか
プロボクシングの村田諒太選手がWBA世界ミドル級王座から陥落した。ダウンこそしなかったとはいえ、1200発を超えるパンチを被弾し、顔面を大きく腫らすことに。村田は再びリングにあがるのか、それとも……。(2018/10/25)

CES2019:
PR:2019年の技術トレンドを語るならCESを見よ、要点を押さえるために必要なもの
最新テクノロジーの祭典であるCES。2019年の技術トレンドを捉えるのにCESほど最適な展示会は存在しない。しかし、CES会場は広く、膨大な技術群が出展される中で実際に見て回れる展示には限りがある。そんなCES出張者を支援するために、JTBではCES会場に入る前に見どころや訪問すべきブースを紹介する2つのセミナーを用意する。(2018/10/22)

60年以上かけて築き上げた「遺産」:
オホーツク“夢の庭”と生きる77歳「花の神様」から教えられたこと
「日本一変わっている花園 陽殖園」――。オホーツク海に近い、人口2600人ほどの北海道滝上(たきのうえ)町に60年以上かけて「奇跡の庭」を作り上げたのは77歳になる高橋武市さんだ。小さな町に全国から観光客が訪れる理由、武市さんの仕事観を聞いた。(2018/10/19)

本城慎之介、軽井沢風越学園創設への道【後編】:
元楽天副社長が作る幼小中“混在校”の武器
2002年に楽天の副社長を退任して以降、幾多の迷いを経て、本城慎之介氏が最終的に辿り着いた理想の学校。いったい、それはどんな学校なのか? その革新性や武器は何なのだろうか?(2018/10/15)

ゴミか? 芸術か? 奇妙な芸術が続々登場する「バッドアート美術館展」開催
「無視するにはひどすぎる」な作品の数々。(2018/10/8)

“安室効果”で音楽ビデオ生産急増 8月は去年の5倍
8月のレコード生産実績で、DVDやBlu-ray Discを含む「音楽ビデオ」が大きく伸びた。安室奈美恵さんのライブ映像作品がけん引した。(2018/9/26)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
試合後の会見を拒否した、巨人・高橋由伸監督の「過ち」
巨人の高橋由伸監督が、試合終了後の会見を拒否した。この行動に対して、多くのメディアは優しく報じているが、本当にそれでいいのだろうか。指揮官の会見拒否には意味がなければいけないのに、高橋監督は何を考えているのかよく分からなくて……。(2018/9/21)

「東京ドーム○個分」が分かりづら過ぎるので、新しい例えを考えたい
何が「○個分」ならイメージしやすいのか。(2018/9/9)

架空の県「佐山県」をマイクラ上で創造する壮大なやりこみ 現在千代田区以上の広域が完成、なおも拡大中
ただ広いだけでなく、1つ1つの建物がていねいに作り込まれています。(2018/9/1)

第三者機関で世界初となる“膜材料分野”の試験で4項目を取得、太陽工業
東京ドームや埼玉スタジアム2002の膜屋根を手掛けたことで知られる大型テントメーカーの太陽工業は、同社の技術研究所が膜材料の試験項目「コーティング層の密着強さ」で日本適合性認定協会(JAB)から国際規格の認定を受けたことを明らかにした。(2018/8/28)

“日本が知らない”海外のIT:
中国は「VR大国」になるか 東京ドーム約28個分、巨大テーマパークの正体
中国に東京ドーム約28個分の巨大VRテーマパークが登場。中国はVR市場でも「大国」となるのか。(2018/7/25)

「あかりーた おめでとう」 ももクロ、早見あかりの婚約をそれぞれ祝福 “デコまゆ”写真にファン胸震わせる
モノノフはももクロの幸せを第一に考えている感じが伝わる。(2018/7/24)

元ももクロ早見あかりが結婚へ ももクロの粋な祝福に「素敵なグループ」とモノノフ歓喜
「新婚生活もお仕事もお互い頑張ろうね。あっ私たちには新婚生活なかった」とノリツッコミ。(2018/7/23)

なぜ人類は性欲にあふれた「クソLINE」を送ってしまうのか?
キーワードは「23時」。(2018/7/21)

大真面目なトンデモ研究てんこ盛り  世界初のイグ・ノーベル賞公式展覧会が開催
驚いて、笑って、そして考えよう。(2018/7/13)

シリーズ「モノづくりの現場から」(日立製作所 大みか事業所):
「試作できない工場」が取り組んだ全体最適化、日立大みかの目指すスマート工場の姿
スマート工場の目標を端的に言えば、「新手法を取り入れた生産性向上」である。このテーマに2000年代前半から取り組む日立 大みか事業所のシステム設計担当者が発した「現在が変わって、初めて意味がある」という言葉の真意を探る。(2018/7/9)

「米国に次ぐ世界2番目」「東京ドーム数個分」――「Core i7-8086K」で大きく盛り上がった日本
「Intel創立50周年」と「8086プロセッサ40周年」を記念して登場した「Core i7-8086K Limited Edition」。その発表時、意外な盛り上がりを見せたのは日本だという。(2018/6/26)

仮想通貨「エイコイン(AKoin)」:
米人気歌手エイコン、仮想通貨都市建設の構想を語る 目指すはリアル「ワカンダ」
米R&B人気歌手のエイコンは6月18日、ブロックチェーン(分散型取引台帳)と仮想通貨はアフリカの救世主になるとして、自身が立ち上げを企画する仮想通貨「エイコイン(AKoin)」と仮想通貨都市建設の構想について語った。(2018/6/21)

「現実の方がむごい」 “ヤバいマンガ枠”扱いされる“知るかバカうどん×クジラックス”の白熱対談
おお神よ! なぜこの二人を引き合わせてしまったのか!(2018/6/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。