ニュース
» 2015年03月17日 23時43分 UPDATE

PM0.1を99.95%除去! 空気清浄機能付きファン「ダイソン ピュア クール」登場

ダイソンは3月17日、空気中のPM0.1を99.95%除去するという空気清浄機能付きファン「Dyson Pure Cool」(ダイソン ピュア クール)を発表した(動画追加)。

[ITmedia]

 ダイソンは3月17日、空気中のPM0.1(粒径0.1マイクロメートルの超微小粒子状物質)を99.95%除去するという空気清浄機能付きファン「Dyson Pure Cool」(ダイソン ピュア クール)を発表した。「ホワイト/シルバー」と「アイアン/サテンブルー」の2色を4月28日に発売する。価格はオープンプライスで、参考価格は6万4800円(税別)。

ts_purecool09.jpg 「Dyson Pure Cool」(ダイソン ピュア クール)

 同日行われた製品発表会ではまず、英Dysonの微生物学者、Toby Saville(トビー・サヴィル)氏が登壇。「人は1日に1万リットルもの空気を取り入れているが、空気には超微細粒子状物質(PM)が含まれる。ほとんど眼には見えないが、健康に害を及ぼすことがある」と指摘する。さらに粒子が細かくなると危険が増し、「PM10より大きなものは鼻の繊毛や粘液が捕らえるが、PM2.5やPM0.1は肺の気嚢(きのう)、ひいては血流に入り込む。もっとも影響を受けるのは老人と子どもだ」という。

ts_purecool03.jpg 最近は中国の大気汚染で話題のPM2.5が向かって右のサイズとすると、PM0.1は左側

 対策として空気清浄機がよく使われるが、サヴィル氏によると完璧ではないという。「空気清浄機の中には、高速で空気をフィルターに送り込むためにフィルターを通過してしまい、部屋に微粒子を再放出していまうものも存在する。まとめると、既存の空気清浄機は“ただ置かれている”だけだ」(同氏)。

「360°グラスHEPAフィルター」のヒミツ

 「ダイソン ピュア クール」は、扇風機、ファンヒーター、加湿器に続く、Air Multiplier(エア マルチプライアー)技術の応用製品だ。タワーファンの「AM07」に近いサイズとデザインで、スタンド部分はパンチングメタルのような無数の穴があいている(実際は樹脂製)。ここから空気を取り込み、ループの内側に設けられたスリットから勢いよく空気を放出すると、翼型傾斜に沿って流れながら周囲の空気を誘引(巻き込む)、風量を増す。このため、「ダイソン ピュア クール」は扇風機やサーキュレーターとしても利用できる。

ts_purecool04.jpg 「ダイソン ピュア クール」のカットモデル


 そして最も重要なのが技術が、「360°グラスHEPAフィルター」と呼ばれる円筒形のフィルターだ。フィルター1つあたり1.1平方メートルのマイクロファイバーを使用し、254層折りのプリーツ状に加工したもので、密度の高さが最大の特徴。フィルターの開発に携わった英Dysonのシニアデザインエンジニア、Pla Papierkowska(オラ・パピエルコゥスカ)氏は、一般的なフィルターと新フィルターの100倍拡大図を見せながら、「花粉やバクテリア、そしてPM0.1レベルの超微細粒子状物質まで捕らえる」と胸を張った。さらに日本国内で販売されている空気清浄機10機種(売上金額上位10機種)とPM0.1放出率を比較した実験結果を示し、「多いものでは24%以上も放出されてしまっている」と指摘した。

ts_purecool06.jpg オラ・パピエルコゥスカ氏が持っているのは「360°グラスHEPAフィルター」のカットモデル。内側には顆粒状の活性炭を使った防臭用フィルターを一層設けている

ts_purecool05.jpg 「360°グラスHEPAフィルター」の概要

ts_purecool02.jpg 日本国内で販売されている空気清浄機10機種(売上金額上位10機種)とPM0.1放出率を比較した実験結果。一番左が「ダイソン ピュア クール」

 「360°グラスHEPAフィルター」は使い捨てタイプだが、1日12時間動かしても1年間は使用できるという。交換は「30秒でできる」(パピエルコゥスカ氏)というほど簡単。本体からループ部を外し、円筒形のフィルターを上に引き抜くだけだ。なお、フィルターは樹脂製の外装と一体化しており、交換後は「自治体によって異なるが、可燃ゴミか不燃ゴミとして普通に捨てられる」(同社)という。なお、交換用フィルターの価格は6000円(税別)となっている。

ts_purecool07.jpgts_purecool08.jpg 空気の洗浄スピードをデモンストレーション中。8畳間であれば約25分、26畳なら1時間で空気を洗浄できる

 このほか、扇風機と同様の“首振り機能”やスリープタイマー(15分から9時間の間で設定可能)を装備。風量は10段階の調整が可能で、いずれも付属のリモコンで操作する。本体サイズは196(幅)×196(奥行き)×1018(高さ)ミリ。重量は3.58キログラム。

ts_purecool10.jpg 付属のリモコン。磁石でループ部に吸着する


ts_purecool01.jpg

関連キーワード

Dyson | 空気清浄機 | PM2.5 | 扇風機 | 白物家電 | 大気汚染


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.