ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

「Dyson」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Dyson」に関する情報が集まったページです。

米Amazon、スマートホーム製品開発のためのAPIを日本でも提供
米Amazon.comは、スマートホーム製品開発のためのAPIの提供を日本でも始めた。開発環境を整備し、声で操作する製品の開発を促す。(2019/12/19)

和田憲一郎の電動化新時代!(35):
ダイソンEV撤退をケーススタディーとして考える
EVを開発すると宣言し、撤退した案件としては、投資額や雇用人員ともダイソンがこれまで最大規模であり、この撤退の真因に迫ることは、今後のEV開発に極めて重要ではないかと考えた。あくまで筆者の見立てであるが、元EV開発の経験からダイソンEV撤退をケーススタディーとして、EV開発の困難さおよび事業の難しさについて考えてみたい。(2019/12/11)

購入せずに「シェア」する時代:
「日本サブスクビジネス大賞」発表 カメラ機材借り放題、定額制美容室を抑えて1位になったのは?
「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」が発表され、ナンバー1”サブスク ”サービスが決まった。カメラ機材の借り放題サービスや定額制美容室などが上位となった。そして大賞は――?(2019/12/10)

【Amazonサイバーマンデー】買い残しはない? Echo Dot2480円、Fire 7タブレット3280円などなど、最終日の注目商品まとめ
セールは9日いっぱいまで!(2019/12/9)

【Amazonサイバーマンデー】ストロングゼロもセール中! ひとり暮らしで貯めこんでおきたい食料、飲料、サプリなど
冬眠の準備でもするか。(2019/12/8)

週末エンプラこぼれ話:
日本サブスクリプションビジネス大賞 2019 生活に密着した「モノ系」サービス中心に11社が受賞
日本サブスクリプションビジネス振興会が「日本サブスクリプションビジネス大賞2019」を開催した。(2019/12/10)

【Amazonサイバーマンデー】家電買い換えなら今! テレビ、冷蔵庫、ルンバなど家電系ピックアップ
ソニーやシャープ、パナソニックなどの家電も大量セール中。(2019/12/7)

これからの時代に必要な「デザイン経営」:
日本企業のイノベーションを支える気鋭のデザインエンジニアが語る「”BTC型人材”のつくり方」
トヨタ、メルカリ、日経新聞……。日本企業のイノベーションをデザインで支えてきた気鋭のデザインエンジニアTakramの田川欣哉氏が「”BTC型人材”のつくり方」を語る。(2019/11/20)

「かわいい」「ほしい」 フォルクスワーゲン「ビートル」を魔改造したミニバイクめっちゃかわいいと話題に
レトロフューチャーな感じでおしゃれ!(2019/11/19)

イノベーションのレシピ:
ダイソンが加湿空気清浄機の新製品を発表、微生物学や自然風データをフル活用
ダイソンは2019年11月14日、空気清浄、加湿、涼風の3機能を搭載した新製品「 Dyson Pure Humidify+Cool 加湿空気清浄機」を発表した。(2019/11/15)

除菌に力を入れた「一台三役」、ダイソンが加湿空気清浄機「Dyson Pure Humidify+Cool」発売
ダイソンが加湿空気清浄機の新製品「Dyson Pure Humidify+Cool」を発表した。年間を通じて空気清浄機として利用できる他、夏は扇風機、冬は加湿器になる。(2019/11/14)

走れば走るほど環境が良くなったり? あの「ダイソン」をモチーフにしたコンセプトバイクがめちゃくちゃイケてる
空気清浄機能もついてそう。(2019/11/5)

PR:新型RAV4やセレナがもらえるかも!? オートバックスで豪華賞品が当たる「45周年感謝祭」開催
賞品のクルマには“オートバックスおすすめ”の充実装備付き。(2019/10/31)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
なぜダイソンはEV開発を止めるのか、大量生産は誰にでもできることじゃない
面白い本だったので、皆さんもぜひ。(2019/10/24)

PayPay残高がたまる「PayPayモール」オープン 約600ストアが順次出店
ヤフーは、10月17日にオンラインショッピングモール「PayPayモール」をオープン。さまざまなキャンペーンを通じて「PayPay残高」がたまり、ダイソンや@cosme shoppingなど厳選された約600ストアが順次出店する。(2019/10/17)

「PayPayモール」オープン ZOZOなど「厳選600社」が出店、最大16%相当の還元
ヤフーがECサイト「PayPayモール」のWeb版をオープン。同社の基準を満たした約600店舗が順次出店する。近く買収完了予定のZOZOが運営する「ZOZOTOWN」も加わる予定だ。(2019/10/17)

ヤフーが「PayPayモール」オープン 最大16%還元、ZOZOTOWNが初出店へ
ストアを厳選しているのが売りの1つ。(2019/10/17)

躍進する高級車ブランド「LEXUS」:
レクサスインターナショナルの澤プレジデントが語る「ブランドにひもづいたデザイン」戦略
人から愛されるブランドをどのように作るか。高級車「LEXUS」を成功させたレクサスインターナショナルの澤 良宏プレジデント(トヨタ執行役員)に話を聞いた。(2019/10/17)

ヘルメットをかぶらないと外れない 子供を守る自転車のロックがジェームズ・ダイソンアワード国内最優秀賞を受賞
ジェームズダイソン財団が、「James Dyson Award」の国内受賞作を発表した。国内最優秀賞は、子供がヘルメットをかぶらないと外れない自転車のロックシステム「PROLO」。(2019/9/19)

ダイソン、日本の住環境を考えたコードレスクリーナーを発売
ダイソンがコードレスクリーナー「Dyson V8 Slim」を発売。日本の住環境に合わせ、従来モデル「Dyson V8 Fluffy」に比べて40%軽量でコンパクトなクリーナーヘッドを開発した。(2019/8/21)

ダイソン、コードレス掃除機用バッテリーパックの火災事故全てが純正品ではないものだったと注意喚起
純正品を使いましょう。(2019/8/11)

AmazonやLyft、Dysonなど1700社が採用:
アナリティクスSaaSのLooker、「エンジニアフレンドリー」で日本市場開拓を本格化
AmazonやLyft、Dysonをはじめ、グローバルで約1700社の顧客を持つというアナリティクスプラットフォームSaaS企業のLookerが2019年7月9日、日本国内での事業本格化に伴い東京都内でプライベートイベントを開催、これに合わせて事業を説明した。同社は2018年9月に日本法人を設立しているが、国内顧客はメルカリやリクルートグループ、ブレインパッドなど、約20社に上るという。(2019/7/12)

今日のリサーチ:
サブスクリプションサービス利用のきっかけ、最多は「初月無料」――ソフトブレーン・フィールド調査
ソフトブレーン・フィールドは、サブスクリプションサービスの認知および利用実態に関する調査結果を発表しました。(2019/7/12)

「好きな人の前 VS 友人の前」タピオカ飲むときの顔が全く別人に モデル・ヴィエンナさんの“ギャップ顔芸”が神業
「“よそ行き”と“素”」や「“理想”と“現実”」の落差っ!(2019/6/26)

ダイソン、ジェット戦闘機をヒントに開発したパーソナル空気清浄ファン
ダイソンが「パーソナル」をうたう初の空気清浄機能付きファン「Dyson Pure Cool Me」を発売。狙った場所に風を届かせる新技術は、垂直離着陸機の「ハリアージャンプジェット」がヒントになった。(2019/4/17)

日本向けの軽量モデルも ダイソン、インテリジェントなコードレスクリーナーを発売
ダイソンがコードレススティッククリーナーの新製品2機種を発売。吸引力を上げ、液晶ディスプレイを搭載した「Dyson V11」と、日本向けに設計した軽量モデル「Dyson V7 Slim」をラインアップ。(2019/3/20)

製品分解で探るアジアの新トレンド(36):
勝負は決まった? 魅力ある「お掃除ロボット」市場での半導体情勢
現状、お掃除ロボットに強い半導体メーカーはどこか? 今回は、さまざまなお掃除ロボットを分解、調査して浮き彫りになってきた事実をレポートする。(2019/3/1)

新しいダイソンのロボット掃除機は何が変わった?
ダイソンが発売したロボット掃除機の新製品「Dyson 360 Heurist」。デザインや機能は従来機のそれを踏襲しているが、中身はほぼ一新。クラウド連携も個人情報保護の観点から仕様を変更していた。(2019/2/28)

ダイソン、部屋の間取りを記憶するロボット掃除機「Dyson 360 Heurist」
ダイソンはロボット掃除機の新製品「Dyson 360 Heurist」を発売する。処理能力やメモリ容量を拡大し、室内のマップを保存、活用するロボット掃除機。(2019/2/27)

「お金」と「仕事」の本当の話をしよう:
退職時にこそ猛烈に仕事をすべき2つの理由
転職市場が活性化しており、何度か退職を経験した人も多いだろう。退職時にこそ猛烈に仕事に取り組むべきだと筆者は主張する。どういうことかというと……。(2019/2/27)

終了:【Amazonタイムセール祭り】GoPro HERO6がセールに登場! セール2日目の注目商品をピックアップ
他にもゲーミングモニターやコードレス掃除機など多数セール対象に。(2019/2/2)

ダイソン、ヘアドライヤーの商品名を変更 マイナスイオンをアピール
ダイソンがヘアドライヤーの商品名を変更する。一部の限定商品を除き、「Dyaon Supersonicヘアードライヤー」(旧称)を「Dyson Supersonic Ionicヘアードライヤー」に変える。(2018/12/21)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ビジネスの成功を握るのは、価格戦略だ!
マーケティング理論と行動経済学が、価格戦略の武器になる。(2018/11/22)

「ビル風」を資源に変える都市型風力タービン、JDA国際最優秀賞を受賞
英国ランカスター大学の研究グループが開発した都市型風力タービン「O-WIND TURBINE」が、「JAMES DYSON AWARD2018」の国際最優秀賞を受賞した。強くて厄介な「ビル風」を資源に変えるアイデアだ。(2018/11/19)

顧客を知り、顧客に寄り添う:
KDDIまとめてオフィスが3000万円のムダ打ちから学んだB2Bマーケティングの正攻法
全国の中小企業向け支援サービスを展開するKDDIまとめてオフィスは、過去のマーケティング施策で3000万円を投下して大失敗した経験から、何を学んだのか。(2018/11/13)

髪が勝手に巻き付く“くるくるドライヤー”、ダイソンが発売 
ダイソンがヘアドライヤーの新製品「エアラップ」を発売。コアンダ効果を応用し、手を動かさなくても髪が勝手にカーラーに巻き付くという。(2018/10/23)

大型アップデート間近か ソニーのスマートリモコン「HUIS」導入記
ソニーの「HUIS」は、モノクロ電子ペーパーを採用したスタイリッシュなスマートリモコン。2016年の発売後もソフトウェアのアップデートを繰り返し、徐々に洗練されている。現在の機能を紹介していこう。(2018/9/26)

電気自動車:
ダイソンが16km超のテストコース建設、2000人が働ける大規模な拠点に
ダイソンは2018年8月30日(現地時間)、電気自動車(EV)の開発に向けて、2億ポンド(約297億円)を投じてテストコースなどを整備すると発表した。(2018/9/25)

生体リズムを崩さないLED照明「ライトサイクル」、ダイソンが発売
ダイソンは、新しい家庭用LED照明「Dyson Lightcycle」(ダイソン ライトサイクル)を発売する。「その場所、その時間の自然光」に合わせて色温度と明るさを常時自動調節。人のサーカディアンリズムに影響しない明かりを目指した。(2018/9/14)

黄金色のドライヤーはジェームズ・ダイソン氏の挑戦状?
ダイソンは、フィレンツェ産の金箔を用い、1台1台手作業で作る黄金色のヘアドライヤーを発売する。デザインしたのはジェームズ・ダイソン氏。同社のエンジニアたちが直面した課題とは?(2018/9/14)

カラフルでお菓子みたいな“食べる水” 認知症患者のために英学生が開発
認知症患者の水分摂取を支援することが目的。(2018/9/1)

従来の欠点を克服:
「この吸引力に勝てますか」 掃除機市場でパナソニックの巻き返しが始まった
国内掃除機市場全体は縮小傾向にあるが、ロボット掃除機やコードレススティック掃除機は出荷台数を伸ばしているのをご存じだろうか。そうした中、満を持して新商品を発売し、攻勢をかけようとするのがパナソニックだ。(2018/7/20)

シリコンバレー式「時短育児術」:
自宅をスマートホーム化したら育児はどれだけ楽になる? 実際に1年暮らしてみた
子育てに関する負担をITで解消する「Baby Tech」。シリコンバレー在住の女性筆者が、“母目線”でぐっときたテクノロジーを紹介する連載をお届け。今回は自宅の「スマートホーム化」が育児に役立つポイントを紹介。(2018/7/1)

AWS Public Sector Summit 2018(1):
米中央情報局(CIA)と証券取引委員会(SEC)が語った、業務の根幹でクラウドを使う理由
米SECとCIA、いずれにとっても、パブリッククラウドは活動の中核を支える存在となっている。両組織の責任者がAWS Public Sector Summit 2018で、「なぜオンプレミスではだめなのか」を語った。(2018/6/29)

ダイソンが蛇口と一体化したハンドドライヤーの新製品 騒音39%カット
ダイソンがハンドドライヤーの新製品「Dyson Airblade Wash+Dry」を発表した。蛇口と一体化させ、シンク内で手洗いと乾燥を完結できる「Dyson Airblade Tap」の改良版。運転音を最大39%低減している。(2018/6/27)

11万rpmモーターをハンドル内に:
髪を傷めず頭皮を乾かす、ダイソンドライヤーの技
ダイソンは2018年5月28日、同社製ヘアドライヤー「Supersonic」の新色“ブラック/ニッケル”と、美容師・ヘアスタイリスト向けの“プロモデル”の発売を発表した。Supersonicでは、同社が得意とする「デジタルモーター」の技術力をアピールした。(2018/5/29)

ダイソンのドライヤーに美容師向けの「プロモデル」登場 アタッチメントやフィルターを改良
ダイソンがヘアドライヤー「Dyson Supersonic」のプロ向けモデルを発表。スタイリングの際の動きを研究し、プロがストレスなく使えるよう付属のアタッチメントやフィルターなどを改良したという。一般向けには新色の「ブラック/ニッケル」を6月20日に発売。(2018/5/28)

「冬に扇風機を動かすと寒い問題」を解決したダイソンの空気清浄ファン 空気を浄化する様子も“見える化”
ダイソンが空気清浄機能付き扇風機「Dyson Pure Cool」の新製品を発売。「冬に扇風機を動かすと寒い」というユーザーの声を受け、風の吹き出し口を切り替える機能を設けた。(2018/4/12)

コード付き掃除機はもう開発しない:
“コードからの解放”――ダイソン、60分動くコードレス掃除機「V10」発売
ダイソンが、新型コードレス掃除機「Dyson Cyclone V10」を発表。小型・軽量かつ高性能のモーターを採用し、操作性と吸引力を高めた点が特徴。バッテリーの持続時間も60分に伸びた。(2018/3/20)

「もうコード付き掃除機は作らない」 ダイソン、60分駆動するコードレススティッククリーナーを発表
ダイソンがスティック型掃除機の新製品「Dyson Cyclone V10コードレスクリーナー」を発表した。最長60分のバッテリー駆動時間を実現。「もうコード付きの掃除機を開発する必要はなくなった」という。(2018/3/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。