ニュース
» 2015年03月26日 21時20分 UPDATE

東芝製テレビやレコーダーと組み合わせて便利な「RZ番組ナビ」、新たにiPhoneをサポート

東芝製テレビやレコーダーと連携するセカンドスクリーンアプリ「RZ番組ナビ」iOS版が新たにiPhoneをサポート。コンパクトな画面に適したリスト形式の番組表を表示できる。

[ITmedia]

 東芝ライフスタイルは3月26日、同社製テレビやレコーダーと連携するコンパニオンアプリ「RZ番組ナビ」iOS版のバージョンアップを行い、新たにiPhoneに対応した。同日より提供を開始している。

 同社製のテレビやレコーダーと連携し、番組表や予約ランキングから録画録画などが行えるセカンドスクリーンアプリ。地上波/BS/CSの番組表を表示し、ドラマやバラエティなどの番組ジャンルごと、あるいはタレント名などのキーワードで番組を検索できる。また、東芝のテレビやレコーダーの録画予約データを集計した「予約ランキング」で人気のある番組を探すことも可能。iPhone版では、コンパクトな画面に適したリスト形式の番組表をサポートしている。

ts_rzios01.jpgts_rzios02.jpg 「RZ番組ナビ」の画面。番組表(左)とキーワード検索(右)

 さらにホームネットワーク内に同社製レコーダーやテレビ(レグザ)があれば、アプリ上で選んだ番組の視聴予約や録画予約が行える。ただし、iPad版で利用できたテレビ、レコーダーのリモコン操作や「おすすめ」機能、「TSUTAYA TV」「U-NEXT」「ひかりTV」のコンテンツ検索には対応していない。対応端末は、iOS7以上を搭載したiPhone、iPad、iPad mini、iPod touch(3月26日現在)。

 テレビの対応機種は、「レグザ」のZ10Xシリーズ、J10Xシリーズ、Z9Xシリーズ、40J9X、J10シリーズ、G9シリーズ、Z8シリーズ、Z8Xシリーズ、J8シリーズ、J7シリーズ、Z7シリーズ、X3シリーズ、XS5シリーズ、ZP3シリーズ、Z3シリーズ、ZT3シリーズ、ZG2シリーズ、Z2シリーズ、ZP2シリーズ、G5シリーズ、S7シリーズ、RB2シリーズ、HB2シリーズ、「CELLレグザ」のX2シリーズ、XE2シリーズ。

 レコーダーの対応機種は、DBR-M590、DBR-T560、DBR-T550、DBR-M490、D-M470、DBR-T460、DBR-T450、DBR-M190、DBR-M180、DBR-Z520、DBR-Z510、DBR-Z420、DBR-Z410、DBR-T360、DBR-T350、DBR-Z320、DBR-Z310、DBR-Z260、DBR-Z250、DBR-Z160、DBR-Z150、RD-BZ810、RD-BZ710、RD-BR610。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.