ニュース
» 2015年06月18日 13時49分 UPDATE

思い出を円盤に!!:ティアック、カセットやレコードをCD化するレコーダー「CD-RW890MKII」を発売

ティアックは、CDレコーダー「CD-RW890MKII」を7月上旬に発売する。価格はオープンで、同社直販サイト「ONKYO DIRET」の価格は3万5000円(税別)。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 ティアックは2015年6月17日、CDレコーダー「CD-RW890MKII」を発表した。価格はオープンプライスで、同社直販サイト「ONKYO DIRECT」での価格は3万5000円(税別)。7月上旬に発売予定。本体カラーはシルバーのみ。

hm_te01.jpghm_te02.jpg CDレコーダー「CD-RW890MKII」の前面(写真=左)、背面(写真=右)。前面に音量調節付きヘッドフォン端子がある

 同製品は、シンクロ録音や多彩なオートトラック機能を搭載したCDレコーダーで、シンプルかつ使いやすいのが特徴だ。アナログ音声入力(RCA)と光デジタル音声入力(角形)端子を1基ずつ備え、手持ちのカセットデッキやレコードプレーヤー(別途、要フォノイコライザー)などを接続してCD-RやCD-RWメディアにダビングできる。

 録音可能ディスクは、音楽用CD-R(CD-R-DA)および音楽用CD-RW(CD-RW-DA)で、再生対応ディスクは12センチおよび8センチのCD-DA/CD-R-DA/CD-RW-DA。録音ファイル形式は、CD-DA(44.1kHz/16bit)となっている。

 機能面では、無音部分を検知してトラック番号を自動的に割り当てるオートトラック機能や、事前に設定した時間ごとにトラック番号を割り当てるタイムトラック機能、オートサンプリングレートコンバーター機能を備える。

 周波数特性は20〜2万Hz(再生時±1.5デシベル、録音時±2.0デシベル)。S/N比は再生時・デジタル録再時が90デシベル以上、アナログ録再時が80デシベル以上。全高周波ひずみ率は0.05%以下。

 本体サイズは436(幅)×285(奥行き)×104(高さ)ミリ、重量は約4.5キロ。テンキー付きリモコン (RC-1275)、リモコン用単三形乾電池×2、RCAオーディオケーブル×2、取扱説明書 (保証書付)、簡単録音ガイドなどが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.