ニュース
» 2015年07月07日 14時15分 UPDATE

ヤマハ、上位機のエッセンスを取り入れた新型プリメイン「A-S1100」を発売

ヤマハがプリメインアンプの新製品「A-S1100」を発表した。既発売の「A-S3000」「A-S2100」に続く高級プリメイン第3弾。

[ITmedia]

 ヤマハは7月7日、プリメインアンプの新製品「A-S1100」を発表した。既発売の「A-S3000」「A-S2100」に続く高級プリメイン第3弾。7月下旬に20万円(税別)で発売する。

ts_as110001.jpg 「A-S1100」の「シルバー」

ts_as110003.jpg 「A-S1100」の「シルバー/ピアノブラック」

 上位機「A-S2100」と同じ定格出力90ワット+90ワットのMOS-FETフローティング&バランス・パワーアンプを搭載しながら、シングルエンド構成のコントロールアンプセクションを組みあわせ、RCA(アンバランス)接続専用設計とすることで価格を引き下げたモデルだ。パワーアンプ部を左右に振り分けてチャンネル間のクロストークを防ぐとともに端子至近のリアパネル側にプリアンプ回路を配置して信号経路を最短化した左右対称コンストラクションを採用。「ステージ間の相互干渉を最小限に抑え、卓越したS/N感とセパレーションを得た」(同社)。

 ピーク/VU切替式のレベルメーターなどを装備する基本デザインは上位機と共通。ぜいたくなフルディスクリート構成フォノイコライザーや、「A-S3000」にも採用された新日本無線製のカスタムメイドラダー抵抗型電子ボリューム素子による3連パラレル方式音量&トーンコントロール、ローインピーダンス設計など各所に上位モデルで培ったノウハウを投入している。

ts_as110002.jpg リアパネル

 音声入力は6系統(RCA×4、MAIN×1、フォノ)、音声出力は2系統(プリアウト、レックアウト)。本体サイズは435(幅)×157(高さ)×463(奥行き)ミリで、重量は23.3キログラム。本体色はシルバーで、サイドウッドをピアノフィニッシュにした「シルバー/ピアノブラック」と、CDプレイヤー「SC-S1000」との組みあわせに適したナチュラルバーチ天然木突板張りの「シルバー」を用意している。リモコンと電源コードなどが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.