ニュース
» 2015年07月16日 22時00分 UPDATE

広告付きで無料“見逃し”配信――在京民放5社が「TVer」を10月に立ち上げ

在京民放5社が公式キャッチアップサービスを10月に開始する。ドラマやバラエティなどを放送終了から次回放送まで広告付きで無料配信。ユーザーはPCやスマートフォン、タブレット(予定)で視聴できる。

[ITmedia]

 在京民放5社(日本テレビ放送網、テレビ朝日、TBSテレビ、テレビ東京、フジテレビジョン)は7月16日、“民放公式テレビポータル”をうたう「TVer」(ティーバー)を10月にスタートすると発表した。同日よりティーザーサイトを公開している。

ts_tver01.jpg 「TVer」ティーザーサイト

 テレビ番組を広告付きで無料配信する公式キャッチアップサービス。ユーザーはPCやスマートフォン、タブレット(予定)で視聴できる。配信コンテンツは、各社が放送中のドラマやバラエティーから10番組/週程度で調整中。配信期間は、放送終了後から次回放送までの基本1週間程度を予定している。

ts_tver02.jpg PCやスマートフォン、タブレット(予定)で視聴できる

 なお、サービス名称の「TVer」については、「ユーザーの誰もが場所や時間の制約から解放され、もっと自由に、もっと自分に合わせてテレビ番組を楽しめる。そんな新しいスタイルでテレビを視聴する人(=TVer)が世の中にどんどん増え、テレビをこれまで以上に楽しんでいただきたいという願いを込めてつけた」としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.