ニュース
» 2015年09月18日 21時46分 UPDATE

31年ぶりの「300B」搭載、ラックスマンが真空管ステレオパワーアンプ「MQ-300」を発売

ラックスマンは直熱三極管「TA-300B」を搭載したステレオパワーアンプ 「MQ-300」を発表した。9月25日(金)に開幕する「2015東京インターナショナルオーディオショウ」でお披露目を行う。

[ITmedia]

 ラックスマンは9月18日、直熱三極管「TA-300B」を搭載したステレオパワーアンプ 「MQ-300」を発表した。価格は160万円(税別)。10月下旬に発売する。

ts_luxman01.jpg 「MQ-300」

 1984年に発売された真空管モノラルパワーアンプ 「MB-300」の外観デザインや基本的な回路構成をモチーフに、現代の設計や最新パーツを投入して製作したステレオパワーアンプ。回路は、「6SN7GTB」のパラレル接続2段による電圧増幅ブロックと独自のオイルコンデンサーにより結合された「300B」シングルのパワーブロックというシンプルな構成。全体を無帰還とすることで、「数値上の大出力やハイファイ性能よりも300Bの特質を生かしたナチュラルで音楽性にあふれる音調を実現した」(同社)という。出力は8ワット+8ワットとなっている。

ts_luxman02.jpg 背面端子

 入力はライン1系統。本体サイズは460(幅)×237(高さ)×340(奥行き)ミリ。重量は29キログラム。電源ケーブルが付属する。

 なお同社では、9月25日(金)から東京国際フォーラムで開催される「2015東京インターナショナルオーディオショウ」で同機のお披露目と試聴デモンストレーションを行う予定だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.