ニュース
» 2015年10月06日 17時10分 UPDATE

大風量と低騒音化を実現:日立、深夜に使える低騒音のプラスナノイオンドライヤー「ヘアクリエ プラス+」

日立のドライヤー「ヘアクリエ プラス+」が登場。新開発の騒音低減(SEAN)システムを搭載し、約63dBの低騒音を実現した。価格は1万6000円(税別)前後。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 日立コンシューマ・マーケティングは10月6日、新型ナノイオンドライヤー「ヘアクリエ プラス+」(HD-NS800)を発表した。価格はオープンプライス。市場想定価格は1万6000円前後(税別)。本体カラーはピンクトパーズのみ。

hm_hi01.jpg ナノイオンドライヤー「ヘアクリエ プラス+」(HD-NS800)

 同製品は、日立マクセルとの共同開発品。新開発の騒音低減(SEAN)システムを搭載する。1.6立方メートル/分の大風量(ノズルなしのTURBO使用時)と約63dBという低騒音を実現したのが特徴で、効率的な風の流れをつくる内部ファンネル形状とグラスファイバー製の風切り音低減ファンを採用した。同社は「音が気になるシーンでも使いやすくなった」としている。

hm_hi02.jpg
hm_hi03.jpg 音のイメージ

 新たに「スカルプモード」を搭載した。約60度のやさしい温風で乾かすことで、「髪と頭皮のダメージを抑えながら早く乾かせる」という。

 最大消費電力は1200ワット。サイズは249(幅)×93(奥行き)×238(高さ)ミリ、重量は約590グラム(ノズル含まず)。電源ケーブルの長さは約1.6メートル。セットノズルが付属する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.