ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「共同開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「共同開発」に関する情報が集まったページです。

時給5000円、KDDIが「povo」の新サービスを共同開発するユーザー募集 業務委託で
KDDIが、スマホ向け新料金プラン「povo」の新サービスをユーザーと共同開発するプロジェクトで参加者の募集を開始。契約形態は業務委託で、報酬は時給5000円。(2021/4/13)

製造ITニュース:
富士通とシーメンスが協業、3D-BOPを共同開発しグローバルで展開
富士通は2021年4月12日、製造業におけるグローバル競争力強化とデジタルトランスフォーメーション(DX)強化に向け、シーメンスデジタルインダストリーズソフトウェアと協業することを発表した。(2021/4/13)

FAニュース:
5Gで遠隔から工作機械を自動運転できる次世代工作機械の共同開発を開始
キタムラ機械とNTTドコモ北陸支社は、5Gを用いて遠隔から工作機械を自動運転する「Auto-Part-Producer 5G」の共同開発を開始した。技術検証などを経て、2023年4月には、同制御機能を搭載した次世代工作機械を商用化する。(2021/4/12)

プロジェクト:
新さっぽろ駅周辺地区開発プロジェクト、新街区の名称を公募
大和ハウス工業など6者が共同開発する「新さっぽろ駅周辺地区G・I街区開発プロジェクト」では、教育機関が立地するG街区が完工。分譲マンションや商業施設、医療施設などで構成するI街区の第1および第3工区の概要が決定した。(2021/4/12)

プロジェクト:
赤坂でオフィスビルが竣工、外観に壁面緑化を施し屋上庭園も設置
ヒューリックが日本郵政不動産と共同で開発を進めていた「(仮称)赤坂二丁目開発計画」がオフィスビル「ヒューリックHP赤坂ビル」として竣工した。同施設は既に満床稼働している。(2021/4/12)

2022年3月までに通信用SoCを試作:
ソシオネクストら、次世代ZETA通信規格を策定
ソシオネクストと英国ZiFiSenseおよび、テクサーの3社は、LPWAの1つである次世代ZETA通信規格を共同開発し、仕様の策定を完了した。ソシオネクストが新規格に対応する通信用SoCを2022年3月までに試作し、3社で実証実験を行う。(2021/4/8)

車両デザイン:
トヨタGRの第3弾は「86」、スバルとの“もっといいクルマづくり”で開発
トヨタ自動車は2021年4月5日、オンラインイベントでSUBARU(スバル)と共同開発したスポーツカー「GR 86」を世界初公開した。「86」の後継モデルであり、「GR スープラ」「GR ヤリス」に続くGRシリーズの第3弾となる。日本での販売は2021年秋を予定している。(2021/4/6)

産業動向:
三井住友建設らが高さ200m級の風力発電用タワーと架設用機械の開発に着手
三井住友建設とオランダに本社を構えるMammoetは、高さ200メートルの風力発電用タワーと専用架設機械の共同開発をスタートした。三井住友建設は、今回の開発で得られた知見と技術を生かし、欧州の風力発電事業への参入も構想している。欧州の基準に詳しい設計コンサルタントとも協働していく予定だ。(2021/4/6)

医療技術ニュース:
高精度にナノ粒子を検出、識別できる固体ナノポアデバイスを開発
大阪大学は、ウイルスサイズの物体の動きを水中で精密に制御する、固体ナノポアデバイスを共同開発した。従来法と比較して、粒子が細孔を通過する速度を1万分の1まで遅くできるため、ウイルス検査の精度を大幅に向上する。(2021/4/6)

キター!! トヨタ、「86」をフルモデルチェンジ、車名は「GR 86」に 今回もスバルと共同開発「究極のFRピュアスポーツ」追求
SUBARU「BRZ」も気になる……!!(2021/4/5)

トヨタ「GR 86」と共同開発:
スバル、新型「SUBARU BRZ」公開 2.4リッターエンジンを搭載し夏に発売
TOYOTA GAZOO Racing(TGR)とSUBARUはオンライン合同イベントを実施。共同開発したSUBARUの新型「SUBARU BRZ」(日本仕様)と、TGRの新型「GR 86」を公開した。(2021/4/5)

医療機器ニュース:
シーメンスヘルスケアが災害医療向け車両を開発、コロナ禍の発熱外来にも役立つ
シーメンスヘルスケアと医療法人の伯鳳会グループが共同開発した災害医療、発熱外来、健診、往診、巡回診療向けのアドバンストモビリティソリューション「Medical-ConneX(メディカル・コネクス)」について説明。1号機は、伯鳳会グループ傘下の東京曳舟病院に納入され、主に東京DMATと連携した災害医療向けに活用される計画だ。(2021/4/5)

理研RQC-富士通連携センターを開設:
理研と富士通、超伝導量子コンピュータ実用化へ
理化学研究所(理研)と富士通は、「理研RQC-富士通連携センター」を開設した。1000量子ビット級「超伝導量子コンピュータ」の実用化に向けて、基盤技術を共同で開発していく。(2021/4/5)

医療機器ニュース:
汗で発電する高出力のウェアラブル乳酸バイオ燃料電池アレイを開発
東京理科大学は、和紙を基板材料とする薄膜型ウェアラブル乳酸バイオ燃料電池アレイを共同開発した。汗中の乳酸で発電し、高出力が得られることから、汗中物質の濃度をモニタリングするウェアラブルデバイスの実用化に貢献する。(2021/4/1)

米新興企業とLockheed Martin:
衛星と組み合わせる“ハイブリッド5G”、開発に着手
米国の航空宇宙大手Lockheed Martinと米国バージニア州北部に拠点を置く通信プロバイダーであるOmnispaceは、世界を網羅する衛星ベースの5G(第5世代移動通信)ネットワークの共同開発に向けて検討を進めている。(2021/3/31)

最適な客室価格をリアルタイムで算出 NECがホテル向けダイナミックプライシングサービスを提供開始
NECは、ダイナミックプラスと共同開発したホテル業界向けダイナミックプライシングサービスの提供を開始する。時期や天候、予約状況、周辺イベント、競合の価格などに応じた最適な客室価格をリアルタイムで設定できる。(2021/3/30)

カップヌードルの残ったスープを固めるパウダー!? 日清食品と小林製薬が共同開発、使い方を紹介するパロディー動画も公開
「なくてもええけど」を形にする、日清食品。(2021/3/29)

「カップヌードル」の残り汁を固めるパウダー、日清が小林製薬と共同開発
日清食品が「カップヌードル」の残ったスープの捨て場所に困った時に役立つ「残ったスープ固めるパウダー」を発表した。公式オンラインストアで1食ごとにパウダー1包をプレゼント。(2021/3/29)

ロボット:
東急建設らが建設廃棄物を自動で選別するロボットを開発、既存施設にも導入可能
東急建設と石坂産業は、建設副産物の中間処理プラントで、建設廃棄物の自動選別を行う「廃棄物選別ロボット」を共同開発した。廃棄物選別ロボットは、既存の中間処理プラントの手選別ラインにも設置でき、現在は石坂産業のプラントで試験導入している。今後、実際のラインで得られたデータをもとに改良を重ね、2021年春には廃棄物選別ロボット2台の体制で実用化を目指す。(2021/3/29)

5G対応の「OnePlus 9/9 Pro」登場 Hasselbladカメラ搭載で699ユーロから
OnePlusがフラグシップ端末「OnePlus 9」と「OnePlus 9 Pro」を発表した。いずれも5G対応でカメラは老舗メーカーHasselbladとの共同開発。欧州などで同日予約受け付けを開始し、価格は699ユーロから。(2021/3/24)

VRニュース:
バーチャル空間で事故車の損害調査を実施、コロナ禍での研修をVRで実現可能に
Synamonは、三井住友海上火災保険が実施している「事故車損害調査 基礎研修」にVR(仮想現実)技術を提供し、「VR事故車損害調査研修」を共同開発した。バーチャル空間に事故車の損害調査が行える環境を構築することで、全国どこからでも研修への参加が可能になるという。(2021/3/24)

ピクミンと“歩く”新作アプリ年内配信へ 任天堂とNianticが共同開発 「ピクミンGOではないです」
任天堂と米Nianticは3月23日、人気ゲームキャラクター「ピクミン」を使った新作モバイルアプリの共同開発を発表した。2021年後半に全世界に向けて配信する。(2021/3/23)

ピクミンGO!? 任天堂とNianticが新作アプリを発表 2021年後半にリリース
NianticのAR技術と任天堂のキャラクターを組み合わせたアプリを共同開発するパートナーシップ契約を締結。(2021/3/23)

「ARピクミン」2021年後半リリースへ 任天堂がNianticと共同開発、テーマは「歩くことを楽しくする」
「ピクミンGO」じゃん!!!(2021/3/23)

EV用電源システムにフォーカス:
Nexperia、GaNパワー半導体でUAESと協力関係結ぶ
Nexperiaは、聯合汽車電子有限公司(UAES)と、窒化ガリウム(GaN)パワー半導体に関して包括的協力関係を結んだ。GaN技術を用いた電気自動車(EV)用電源システム向けのソリューションを共同で開発していく。(2021/3/23)

製造ITニュース:
スーパーコンピュータ「富岳」が完成
富士通と理化学研究所が共同で開発、整備を進めてきたスーパーコンピュータ「富岳」が完成した。学術、産業分野向けに広く提供するため、理化学研究所と高度情報科学技術研究機構は富岳の共用を開始した。(2021/3/23)

KDDI、新料金「povo」のオプションをユーザーと共同開発 業務委託契約を検討、専用施設も用意
KDDIが、スマホ向け新料金プラン「povo」のオプションを、ユーザーと共同開発する「povo lab」を5月に始める。東京・虎ノ門の事業拠点に専用施設もオープン。ユーザーの意見をサービス開発につなげる狙い。(2021/3/22)

デザインの力:
1300年以上伝わる建築技法「継手」を再現したネックレス型金属製ジュエリー
キャステムと匠弘堂は、「継手」を再現した金属製「継手ジュエリー」を共同開発した。身に着けることで、1300年以上伝わる伝統的な建築技法で用いられてきた継手の仕組みを体験し、理解を深められる。(2021/3/22)

CXL活用の新メモリ開発に注力:
Micronが「3D XPoint」開発から撤退へ、工場も売却
Micron Technology(以下、Micron)は2021年3月16日(米国時間)、同社がIntelと共同開発した不揮発メモリ「3D XPoint」の開発から撤退し、CXL(Compute Express Link)を用いる新しいメモリ製品への開発へとリソースを移行すると発表した。(2021/3/19)

第25回「震災対策技術展」横浜:
レベル2地震動の揺れを最大60%抑える「ダイス・ロッド式摩擦ダンパー」
青木あすなろ建設は、首都高速道路と共同で開発した制震デバイス「ダイス・ロッド式摩擦ダンパー」が、2021年2月5日に国土交通省 新技術情報提供システム(NETIS)に登録されたことを発表した。(2021/3/19)

VRニュース:
SteamVR用フルトラッキングシステムの量産モデルを共同開発
Shiftallは、VRプラットフォーム「SteamVR」用フルトラッキングシステム「Haritora」の個人開発者izm氏と共同で、後継機となる量産モデル「HaritoraX」を開発する。(2021/3/17)

3Dプリンタニュース:
3DプリンタでR32型スカイラインGT-R用の補修部品を復刻生産
SOLIZEと日本HPは、日産自動車の生産終了となったヘリテージ車両の補修部品の共同開発とオンデマンドによる製造を開始する。3Dプリンティング技術「HP Multi Jet Fusionプラットフォーム」を用いて、R32型スカイラインGT-Rのハーネス用プロテクター(樹脂部品)を3Dプリンタで生産可能にした。(2021/3/17)

宇宙開発:
古河電工が小型衛星向け電気推進機の電源を開発へ、JAXAと共創開始
古河電工とJAXAは、小型衛星向け次世代電気推進機(ホールスラスター)の軽量化、低コスト化に役立つ電源の共同開発を開始すると発表。古河電工は、2025年度の軌道上実証や2026年度以降の事業化を目指す。JAXAは、将来のJAXAミッションを支える次世代ホールスラスターへの適用可能性を探る。(2021/3/16)

「パワー半導体」高性能化・小型化の技術 電動車の航続距離アップに期待
関西学院大と豊田通商が、ハイブリッド車や電気自動車など電動車への需要拡大が見込まれる「パワー半導体」材料の炭化ケイ素基板の品質と生産性を高める技術を共同開発した。実用化できれば、電動車の航続距離アップが期待できる。(2021/3/12)

近赤外域で高効率の発振を可能に:
三井化学とKOALA、OSLD向け有機色素を共同で開発
三井化学は、KOALA Techと有機半導体レーザーデバイス向け有機色素の共同研究を始める。生体認証などの用途でスマートフォンやウェアラブル機器への実装を目指す。(2021/3/12)

リアルタイム翻訳機能付きVRオフィス、ロゼッタらが開発へ 会話を自動で多言語変換
ロゼッタとSynamonが、VRで再現したバーチャル会議室にリアルタイム音声翻訳機能を組み込んだシステムを共同開発する。VR空間で話した日本語・英語・中国語が相互翻訳される。(2021/3/10)

製造マネジメントニュース:
村田製作所とACCESS、企業DX支援ソリューション開発で協業
村田製作所とACCESSは、さまざまな業界でのDXを支援するソリューション開発および市場展開に関して協業し、製造業向けのスマートものづくり支援ツール「JIGlet」を共同開発した。(2021/3/10)

ソニーのEV「VISION-S」、国内初の一般公開
ソニーは開発を進めているEV「VISION-S」試作車両を3月28日から国内で初めて一般公開する。VISION-Sは、ソニーがオーストリアの自働車開発企業と共同開発したもの。2020年のCES 2020で発表した。(2021/3/9)

材料技術:
パナソニックとアサヒビールが共同開発するタンブラーがより環境に優しく
パナソニックとアサヒビールは、高濃度セルロースファイバー成形材料を原材料とする飲料容器「森のタンブラー」をリニューアルし、成形材料に含まれるセルロースファイバー(CeF)の使用比率を従来の55%から70%に引き上げ、プラスチック使用量を削減すると発表した。(2021/3/9)

蓄電・発電機器:
太陽光の自家消費量を「ポイント化」、伊藤忠が新型蓄電池を発表
伊藤忠商事(以下、伊藤忠)がNFブロッサムテクノロジーズと共同開発した家庭用蓄電システム「Smart Star」シリーズの新製品、「Smart Star 3」を同年5月から販売すると発表した。(2021/3/8)

4K/8K映像の伝送などに最適:
PALTEK、高性能FPGAコンピュータを発売
PALTEKは、高性能FPGAコンピュータ「HPFC」をベクトロジーと共同で開発し、販売を始める。4K/8K映像の伝送やリモート制御、医療画像診断、ロボット制御などの用途に向ける。(2021/3/8)

医療技術ニュース:
細胞代謝物を高速、高精度で解析する技術を共同開発
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、神戸大学、島津製作所と共同で、186種類の細胞代謝物を一斉分析する「代謝物抽出トータルシステム」と、有望なスマートセル候補細胞を高速で見つけ出す「ハイスループット評価システム」を開発した。(2021/3/8)

製造ITニュース:
AIで製造業での技能伝承を支援する、ナレッジシェアシステムの販売開始
FRONTEOは、AGCと共同開発したAIナレッジシェアシステム「匠KIBIT」を発売した。熟練技術者のノウハウが組織知として蓄積されており、製造業での技能伝承を支援する。蓄積した知識をシェアすることで、組織の文化形成にも活用できる。(2021/3/5)

FAニュース:
SiCウエハーの欠陥を無害化するプロセスを開発、SiCデバイスのコスト低減へ
関西学院大学は、高効率のSiCデバイスの製造に必要なSiCウエハーの欠陥を無害化するプロセス技術「Dynamic AGE-ing」を豊田通商と共同開発し、6インチSiCウエハーでの性能検証を完了したと発表した。(2021/3/3)

組み込み開発ニュース:
青色LEDと新型太陽電池を用いた光無線給電技術を共同開発
東京都市大学と東京工業大学は、可視光の青色成分を効率的に電気に変換するペロブスカイト型太陽電池と青色LEDを用いた光無線給電技術を共同開発した。スマートフォンや電気自動車が移動しながら充電できるシステムの構築と実用化が期待される。(2021/3/1)

スマートリテール:
機能絞り込みで欠品検知に特化したAIカメラ、フクシマガリレイが改良品を展示
フクシマガリレイは食品小売業界の「スーパーマーケット・トレードショー」で、Retail AIなどと共同で開発を進める設備を展示した。ショーケース上部に取り付けて欠品検知を行うAIカメラや、セルフレジ機能を搭載したスマートショッピングカートに独自の改良を加えている。(2021/2/22)

アドビとDNP、コンテンツ制作支援サービスを共同開発へ 素材管理、配信、広告の効果測定など
アドビと大日本印刷が、マーケティング用コンテンツの制作を支援するサービスを共同開発すると発表した。(2021/2/19)

人工知能ニュース:
結果を改善するためのアクションを提示できる「説明可能なAI」を開発
富士通研究所は、AIが判断理由を示す「説明可能なAI」において、人が望む結果を得るために必要な手段を提示できる技術を北海道大学と共同開発した。AIの適用が、判断だけでなく、人の意思行動を支援する用途にも広がることが期待される。(2021/2/18)

買い物でたまったポイントで株式投資できるサービス JCBとマネックス証券が共同開発
JCBとマネックス証券が、クレジットカードで買い物をした人に株式投資用のポイントを付与するサービスを共同開発する。ポイントは買い物をした店舗の運営企業の株式取得に利用できる。(2021/2/17)

ロボット開発ニュース:
パナソニック初のコミュニケーションロボットは弱い!? クラファン目標は即日達成
パナソニックが同社として初となる一般消費者向けコミュニケーションロボット「NICOBO(ニコボ)」について説明。“弱いロボット”をコンセプトに、豊橋技術科学大学 教授の岡田美智男氏と共同開発を進めたNICOBOは「高性能・高機能ではないものの、心が温かくなる同居人のような存在」(同社)だという。(2021/2/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。