ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「共同開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「共同開発」に関する情報が集まったページです。

稼働中に交流インピーダンスを測定:
パナソニック、バッテリーマネジメント技術を開発
パナソニック インダストリアルソリューションズ社は、機器に搭載したままでリチウムイオン電池の残存価値を評価できるバッテリーマネジメント技術を、立命館大学理工学部福井研究室と共同で開発した。(2019/11/18)

日産はテクノロジー部門も:
日産「デイズ」、三菱「eKワゴン」が受賞 RJCカーオブザイヤー
日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)が主催する、2020年次「RJCカーオブザイヤー」に、日産自動車と三菱自動車が共同開発した軽自動車「デイズ」(日産)と「eKワゴン」(三菱)が選ばれた。(2019/11/13)

シャープとNHK、くるくる巻き取れる有機ELディスプレイ開発 Inter BEEに出展
シャープとNHKが、30V型4Kフレキシブル有機ELディスプレイを共同開発。「Inter BEE 2019」に出展する。(2019/11/12)

AI技術者を750人から2000人に、東芝が東大と共同開発した教育プログラムで育成強化
東芝は、東京大学大学院情報理工学系研究科と共同で開発した「東芝版AI技術者教育プログラム」を同年12月から利用して、同社グループのAI技術者育成を強化する。AI技術者を2022年度までに、現在の750人から2000人に増やす。(2019/11/8)

FAニュース:
ガラス製マイクロ化学チップを安価に量産、パナソニックがレンズ生産技術を応用
パナソニックとマイクロ科学技研は、環境センシングや血液検査、製薬用装置などに用いられているガラス製のマイクロ化学チップをガラスモールド工法で量産する技術を共同開発した。従来のフォトリソグラフィーとエッチングによる工法と比べて、大量生産が可能になるとともに、約10分の1の低コスト化、約10倍の高精度化も実現できるという。(2019/11/8)

東芝が2022年までにAI人材2000人育成 東大の知見取り入れた教育プログラムで
東芝は東京大学と共同で開発した自社向けのAI技術者教育プログラムで、現在東芝グループのAI技術者を2022年度までに2000人に増やす考え。(2019/11/7)

「G-SHOCK」技術を生かした「IoTねじ」登場 締め付け強度を測定、インフラ設備の“ゆるみ”を検知
カシオ計算機と工業品メーカーのNejiLawが、締め付けの強度を取得できるIoTセンサーを備えたねじ「SmartNeji」を共同開発すると発表。「G-SHOCK」の開発で培った耐衝撃性、耐振動性を電子回路に応用。インフラ施設など、多様な構造物の強度測定に使用できるという。(2019/11/6)

組み込み採用事例:
トヨタのコンセプトカーが採用、車載用フレキシブル有機ELディスプレイ
JOLEDとデンソーが共同開発する車載用フレキシブル有機ELディスプレイが、トヨタ自動車のコンセプトカー「LQ」のメーターに搭載される。(2019/11/6)

Apple、ARヘッドセットを2020年後半に発表か? Valveと共同開発
アナリストのミン=チー・クオ氏、Bloomberg、そして今回Digitimesが「Appleが2020年にARデバイス」と予測している。(2019/11/5)

カシオが「ネイル事業」参入へ コーセーと協力 デジカメなど撤退事業の技術生かす
カシオ計算機が化粧品大手のコーセーと協力し、ネイルプリンタの共同開発に取り組む。撤退したデジタルカメラやプリンタの技術を生かし、新しい市場の開拓を目指す。(2019/10/31)

量子暗号と(k,n)しきい値秘密分散を利用:
量子暗号でサーバ室へも「顔パス」? 秘匿性の高い認証システムを開発
NICTとNECは高い秘匿性と可用性を持った顔認証システムを共同で開発した。「量子暗号」と「(k,n)しきい値秘密分散」を用いた。実証実験によって技術検証は完了したという。(2019/10/31)

スポーツ選手の電子カルテ管理にも活用へ:
不正アクセス防止へ 量子コンピュータでも破れないデータ秘匿技術が登場
NICTとNECは、顔認証などの生体認証データを「量子暗号」技術と「(k,n)閾値秘密分散」技術で伝送・保管する高秘匿・高可用なシステムを共同で開発。既に技術検証を完了し、ナショナルチームのスポーツ選手用電子カルテなどの管理で試験利用を開始した。(2019/10/30)

第14期 第11回出展技術発表会:
無人・自動観測に対応した電波式流速計、洪水のピーク時でも情報取得
政府は2017年3月に、「水中観測業務規程」を改正し、河川流量の測定に、従来の着水タイプの流速計と浮子に加え、その他の計測機器を用いることを認めた。これを受けて、国立土木研究所は、離れた場所から対象河川の流速を測れる電波式流速計を横河電子機器と共同開発した。(2019/10/28)

危険予知:
気象情報から労働災害を予知する新システム、安藤ハザマとライフビジネスウェザー
安藤ハザマとライフビジネスウェザーは、気象情報から起こりうる労働災害を推測し、電子看板やメールで注意喚起情報を配信する危険予知システムを共同開発した。データに裏付けられた客観的な情報から労働災害の発生可能性を予知することで、広く具体的な視点からの労働災害対策が可能となる。(2019/10/25)

現場管理:
飛島建設とロゼッタ、建設業界向け多機能ハンズフリーシステムの開発に着手
飛島建設とロゼッタグループは、建設業界向けの多機能ハンズフリーシステム「T-4PO」の製品化に向けて共同開発に着手した。より多くの外国人とのコミュニケーションの実現と、安全性の向上を図る。(2019/10/23)

海外のスマホ決済アプリを日本で使えるように ソフトバンク、日本IBMなどがブロックチェーン活用で共同開発へ
ソフトバンクと日本IBM、TBCASoftが、訪日観光客が自国で使っている決済アプリを日本で使えるようにする決済システムを共同開発していると発表した。(2019/10/23)

レジに並ばずに買い物できる 富士通がスーパー実店舗にスマートPOSアプリ導入へ
富士通は、来店客がスーパーマーケットのレジに並ばずスマホだけで買い物ができるスマートPOSアプリ「USMH公式モバイルアプリ」とその基盤システムを共同開発。11月からスーパーマーケットのカスミへ順次展開していく。(2019/10/21)

新工法:
フジタと日本ヒューム、施工精度と作業効率を高める「FN継手」を開発
フジタと日本ヒュームは、RCセグメントの組み立て施工精度を高め、作業効率を向上させるワンパス型セグメント継手「FN継手」を共同開発した。実証実験後、実施工に適用した結果、従来のワンパス型セグメント継手よりも施工時に生じる変形が少なく、高い真円度・施工精度を維持できることを確認した。(2019/10/21)

GIS:
サイバー空間でレジリエントな地域・都市のデザインを支援「X-GIS」開発
東北大学と日本工営が、サイバー空間でレジリエントな地域・都市デザインを支援するX-GIS(eXtended GIS)の共同開発を進めている。数値シミュレーションとGIS(地理空間情報システム)を活用しながら、さまざまな災害リスクの評価や情報分析を統一された環境の中で実施し、レジリエンス向上のためのシステム構築を目指す。(2019/10/21)

FAニュース:
中小企業向けAI外観検査サービス、先行ユーザーの募集と共同実証を開始
Ridge-iとリコーは、共同開発したAI外観検査サービスの本格展開に向け、共同実証に参加する先行ユーザーの募集を開始した。全国の中小企業の生産性向上を支援する。(2019/10/18)

リコー、THETAで撮影した宇宙の360度映像を公開
リコーは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同開発した小型全天球カメラで撮影した宇宙空間の360度写真と映像を公開した。(2019/10/17)

Virgin GalacticがUnder Armourと共同開発した宇宙服を披露
Virgin Galacticが宇宙服開発でUnder Armourと提携したと発表した。2020年に開始予定の民間宇宙旅行向け。創業者のリチャード・ブランソン氏が宇宙服を着て披露した。(2019/10/17)

後工程装置の価値を高めるソフトを開発:
パナと日本IBMが半導体製造装置分野で協業
パナソニックと日本IBMが、半導体製造装置分野で協業する。パナソニックが製造、販売するプラズマダイサーなどの半導体後工程製造装置の価値を高めるソフトウェアなどをパナソニックと日本IBMで共同開発し、パナソニックが製造装置ともに提供する。(2019/10/16)

CEATEC 2019:
“IoTファーストクラスシート”登場 乗客の眠りを検知しCAに報告 機内食で起こされず快適な旅
パラマウントベッドとジャムコが、IoTの技術を活用して、乗客の睡眠状況を計測できる航空機用シートを共同開発していると明らかにした。機内食を提供する場合などに、CAが乗客を誤って起こしてしまうことを防ぐ。パラマウントベッドが6月に発売した“IoTベッド”の技術を応用している。(2019/10/14)

Facebook、世界メンタルヘルスデーに「心を癒やす」スタンプとフィルターを公開
Facebookが10月10日の国際メンタルヘルスデーにちなみ、WHOと共同で開発したという「Let's Talk」スタンプとストリー用フィルターを無料公開した。ユーザーが使うたびにメンタルヘルス団体にFacebookが寄付する。(2019/10/11)

自動運転技術:
自動車メーカーらで完全自動運転車のコンピュータアーキテクチャを共同開発
自動車メーカーと大手サプライヤー、半導体メーカーらは2019年10月8日、「Autonomous Vehicle Computing Consortium(AVCC)」を立ち上げ、完全自動運転車の実現に向けて協力すると発表した。自動運転に必要な共通のコンピュータアーキテクチャを開発し、安全性が高く低価格な自動運転車を普及させることを目指す。(2019/10/11)

3DEXPERIENCE FORUM Japan 2019:
EVプロトタイプの共同開発を支える「3DEXPERIENCEプラットフォーム」
ダッソー・システムズの年次イベント「3DEXPERIENCE FORUM Japan 2019」の基調講演において、GLM 代表取締役のジュリアン・カー氏が登壇。「持続可能な未来の電気自動車」と題し、同社の取り組みを紹介するとともに、コラボレーティブなイノベーションの推進について、その考えを述べた。(2019/10/11)

東京メトロの全駅社員がiPhone携帯へ ドコモの多言語翻訳アプリ「はなして翻訳」も搭載
東京メトロは、10月15日から全駅社員へ向けてiPhone約1500台を導入。NTTドコモと共同開発した多言語翻訳アプリ「はなして翻訳」も搭載するほか、迅速な情報共有を行う。(2019/10/10)

組み込み採用事例:
920MHz帯無線を使用した遠隔照明制御ユニットを共同開発、大規模イベントで活用
パナソニックとShiftall、ポケモンは、サブギガ帯無線を使用した遠隔照明制御ユニットを共同開発した。通信電波が干渉しにくく、障害物を回避してより遠くまで到達するというサブギガ帯の回折性を生かし、大規模イベントなどで活用できる。(2019/10/9)

製造ITニュース:
小型IoT機器向けメッセージ認証技術がISO/IECの軽量暗号国際標準に採択
日立製作所とベルギーのKatholieke Universiteit Leuvenが共同開発した小型IoT機器向けメッセージ認証技術「Chaskey」が、軽量暗号国際標準規格ISO/IEC 29192-6として採択されたと発表した。(2019/10/9)

IoTセキュリティ:
軽量かつ強固なIoT向け軽量暗号、NTTらが開発しISO標準に採択
NTTは2019年10月4日、同社とルーベンカトリック大学(ベルギー)、デンマーク工科大学(デンマーク)と共同で開発したIoT(モノのインターネット)向け軽量暗号技術「LightMAC」がISO標準に採択されたと発表した。(2019/10/7)

ビル窓を活用しサービス範囲拡充:
ドコモ、ガラスアンテナによるLTEサービス開始
NTTドコモとAGCは、共同開発したガラスアンテナを東京都内のビル窓に設置し、4G(第4世代移動通信)LTE携帯電話向けサービスを始めた。(2019/10/7)

新たな「Surface Pro」登場 Intelベースの「7」とArmベースの「X」
Microsoftが新たな「Surface Pro」を発表。従来通りにIntelプロセッサを搭載する「Surface Pro 7」に加え、Qualcommと共同開発した独自のArmベースプロセッサを搭載する「Surface Pro X」も登場する。(2019/10/3)

AI画像認識で豚の体重を推定 養豚農家をサポートする携帯端末登場
NTTテクノクロスと伊藤忠飼料が、AI画像認識で豚の体重を推定する端末を共同開発した。(2019/10/3)

質の高いコンテンツへ広告配信:
フリークアウトと在京民放5社、広告マーケットプレース「TVer PMP」を共同開発
民放公式テレビポータルサイト「TVer」などの動画配信サービスのプレミアム広告在庫によるインストリーム広告マーケットプレース。(2019/9/30)

製造マネジメントニュース:
スバルがトヨタの関連会社に、AWD車や次期86/BRZを共同開発
トヨタ自動車とSUBARU(スバル)は2019年9月27日、長期的提携関係の発展と強化に向けて、新たな業務資本提携に合意したと発表した。(2019/9/30)

低電力かつ高精度で人や車を検知:
ルネサス、米社と物体認識ソリューションを開発
ルネサス エレクトロニクスとStradVision(ストラドビジョン)は、ADAS(先進運転支援システム)に向けた車載スマートカメラ用ディープラーニングによる物体認識ソリューションを共同で開発し、2020年初めより供給を始める。(2019/9/30)

Xiaomi、本体をぐるっと包む占有率180%ディスプレイ+1億画素カメラの「Mi Mix Alpha」
Xiaomiがコストを度外視したコンセプトスマートフォン「Mi Mix Alpha」を発表した。ディスプレイは背面まで繋がる占有率180%。カメラはSamsungと共同開発した1億800万画素のメイン、ソニーの1200万画素の超広角を搭載し、価格は約30万円。(2019/9/25)

NTTドコモと共同開発:
A2B技術で快適車内コミュニケーション、ADI
アナログ・デバイセズ(ADI)は、第2回名古屋カーエレクトロニクス技術展(ポートメッセなごや/2019年9月18〜20日)で、同社の提唱する車載オーディオバス「A2B」技術や車載カメラバス「C2B」技術などに関する展示を実施。NTTドコモなどと共同で開発した快適な車内コミュニケーションが体験できるデモカーも用意していた。(2019/9/25)

新建材:
王子HD、清水建設と紙素材を活用した「KAMIWAZA」を共同開発
王子ホールディングスは、土木現場の仮設資材に紙素材を活用したソリューション「KAMIWAZA」を清水建設と共同開発したと発表した。作業員の負担を軽減し、仮設施工の生産性の向上などが期待できる。(2019/9/24)

Facebook、Ray-BanメーカーとARメガネ「Orion」共同開発中──CNBC報道
ザッカーバーグCEOが2016年のF8で披露したARメガネ構想で、FacebookがRay-Banブランドを持つLuxotticaと提携しているとCNBCが報じた。2023〜2025年発売をめざしている。(2019/9/18)

製造マネジメントニュース:
工作機械業界共通のデジタル基盤構築へ、ファナック、富士通、NTT Comが共同開発
ファナック、富士通、NTTコミュニケーションズの3社は2019年9月12日、工作機械業界の社内業務の効率化やサービスの高度化を実現するデジタル基盤として「デジタルユーティリティクラウド」を3社で共同開発することを発表した。(2019/9/17)

eスポーツプレイヤーと共同開発した“頭のスポーツドリンク”「e3」 イメージキャラクターにときど選手
ときど選手のファンは公式サイトとWebCM動画、必見です。(2019/9/13)

ウェアラブルニュース:
ウェアラブル電子制御冷暖房装置搭載のジャケットを開発
クラレとWINヒューマン・レコーダーは、ウェアラブル電子制御冷暖房装置を搭載したジャケットを共同開発した。環境温度に対して約−5〜−15℃の冷却機能を持ち、体だけを効率的に冷やしたり暖めたりできる。(2019/9/13)

人工知能ニュース:
防虫管理は守りから攻めへ、「世界初」のAIを採用した捕虫器が誕生
アース環境サービスとLuci、ゴウハウスの3社は2019年9月12日、昆虫の混入事故を防止するAI(人工知能)捕虫器「RIG1.0」を共同開発したと発表した。昆虫を誘引する光源としてLEDを採用したことや、捕獲昆虫の判定やカウントで「おそらく世界初のAIシステムを構築した」(ゴウハウス CEOの佐藤哲也氏)ことが特徴だ。(2019/9/13)

コーエーテクモ、AI搭載スマホゲーム「三国志ヒーローズ」今秋配信 HEROZと共同開発
コーエーテクモゲームスとHEROZが、AI搭載バトルボードゲーム「三国志ヒーローズ」を共同開発した。スマートフォン向けアプリとして2019年秋に配信する。(2019/9/12)

車載ソフトウェア:
新型「レガシィ」の統合コックピット、デンソーとブラックベリーが共同開発
デンソーとブラックベリー(BlackBerry)は2019年9月11日、複数のHMI(Human Machine Interface)を連携させる統合コックピットシステム「Harmony Core」を共同開発したと発表した。同年秋から米国で発売されるSUBARU新型レガシィ、アウトバック(米国仕様)に搭載される。(2019/9/12)

不動産テックカンファレンス2019:
不動産大手2社が語るスタートアップとの“共創”方法、三井不動産と東急住宅リース
東急住宅リースと三井不動産は、不動産マッチアプリや業務支援系ソフトなどの不動産テックを開発するITベンダーとの業務連携や共同開発などの共創を推進している。今後さらに、その勢いを加速していく方針だ。(2019/9/11)

カラオケで次に歌う曲、AIがオススメ ドコモと第一興商が共同開発 「DAM」新機種に搭載
NTTドコモと第一興商が、カラオケの利用者が次に歌いたい楽曲と歌手をAIで予測し、「デンモク」上でレコメンドする機能を共同開発したと発表した。客が楽曲を選ぶ時間を短縮する狙い。10月1日発売予定の「DAM」新機種に搭載する。(2019/9/5)

ロボット開発ニュース:
トヨタとPFN、サービスロボットを共同で研究開発へ
トヨタ自動車とPreferred Networksは、トヨタの生活支援ロボット「Human Support Robot」をベースに、サービスロボットを共同で研究開発する。この共同開発により、世界に先駆けたサービスロボットの実用化を目指す。(2019/9/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。