ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「共同開発」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「共同開発」に関する情報が集まったページです。

医療機器ニュース:
CEシーケンサーを活用する新たな遺伝子検査システムの共同開発に向けて合意
シスメックスと日立ハイテクは、キャピラリー電気泳動シーケンサーを基盤とした新たな遺伝子検査システムの共同開発に向けて合意した。(2024/2/21)

製造業IoT:
バッテリーレス漏水センサーを用いたIoT開発キットを販売開始
アットマークテクノ、エイブリックおよびソラコムは、漏水検知IoT開発キットを共同開発した。エイブリックの無線式「バッテリーレス漏水センサー」とアットマークテクノの「Armadillo-IoTゲートウェイ A6E」をセットにしている。(2024/2/20)

材料技術:
日本触媒が海水を淡水にするFOシステムの基幹部材を米国企業と共同開発
日本触媒は、米国カリフォルニア州に本社を構えるTrevi Systemsとともに、次世代の海水淡水化/水処理システムである正浸透(FO)システムの基幹部材「浸透圧発生剤」を開発したと発表した。(2024/2/19)

工場ニュース:
ホンダ、GMの合弁会社が燃料電池システム生産開始、耐久性と耐低温性が向上
ホンダとGeneral Motorsが共同開発した燃料電池システムを、両社の合弁会社Fuel Cell System Manufacturingが生産を開始した。腐食耐性の高い材料を適用するなど耐久性を2倍に高め、耐低温性も大幅に向上している。(2024/2/19)

半導体や絶縁体などへの適用も:
UVテープを開発、2次元材料を効率よく転写
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)と九州大学および日東電工は、グラフェンなどの2次元材料を効率よく簡単に転写できる機能性テープ「UVテープ」を共同で開発した。開発した技術は半導体や絶縁体などの2次元材料にも適用できるという。(2024/2/15)

研究開発の最前線:
スピン波の伝わる方向を制御する二次元マグノニック結晶を開発
東北大学と信越化学工業は、スピン波の伝播方向を制御する構造体を共同開発した。また、二次元マグノニック結晶と呼ばれる構造体に照射したスピン波の反射率が、入射角度に依存しづらくなることを確かめた。(2024/2/15)

エイブリックなどが共同開発:
10万円の漏水検知システム開発キット 「DIY感覚」で手軽に構築
エイブリック、アットマークテクノ、ソラコムの3社は2024年2月7日、エイブリックの「バッテリレス漏水センサ」を活用した漏水検知IoT(モノのインターネット)開発キットを共同で開発したと発表した。10万円以下で、手軽に漏水検知システムを導入できることが特長だ。(2024/2/14)

施工:
戸田や西松が1000mのコンクリ圧送でも流動性を損なわない圧送助剤を開発
戸田建設、西松建設、ライオン・スペシャリティ・ケミカルズ、北斗工業は、ポンプ車によるコンクリートの長距離圧送に用いるポンプ圧送助剤を共同開発した。圧送性を確保しながら、初期強度発現性が改善する。(2024/2/14)

リサイクルニュース:
使用後にインキを脱離し、基材を再利用できる導電性シートを開発
マルアイは、リサイクル可能な導電性シートを東洋インキと共同開発した。プラスチック基材から導電インキを脱離することで、プラスチック原料として再利用できる。(2024/2/14)

施工:
300m超の超高層ビルを支える国内最大の拡底バケットを用いた拡底杭工法を開発、鹿島と東洋テクノ
鹿島建設と東洋テクノは、300メートル超の高層ビルに対応する場所打ちコンクリート拡底杭工法「Earth-LEX工法」を共同開発した。新工法は、国内最大とする拡底バケットを用い、従来使用している掘削機や資機材で、直径6100ミリの拡底杭を築造できる。(2024/2/13)

組み込み開発ニュース:
次世代スマートロボット向けの高解像度カメラソリューション
Infineon Technologies(インフィニオン)は、OMS Microelectronics、pmdtechnologiesと共同開発した、次世代スマートロボット向けの高解像度カメラソリューション「hybrid Time-of-Flight」を発表した。(2024/2/13)

顧客データ収集から広告配信までワンストップで提供:
Cookie不要のリターゲティング広告サービス インティメート・マージャーとログラフが共同開発
両者の技術を掛け合わせることで、CookieレスでもWebサイト訪問者の囲い込みや興味属性による広告配信を実現し、高品質なPDCAサイクルが実行可能になる。(2024/2/9)

ロボット開発ニュース:
子守り支援ロボットが運転中に赤ちゃんをあやすことで安心できる車内環境を提供
赤ちゃん本舗は、日産自動車と共同開発した、運転中の子守り支援ロボット「INTELLIGENT PUPPET イルヨ」を発表した。ウェイクワードに対応する動きで赤ちゃんをあやすことで、安心できる車内環境づくりを支援する。(2024/2/9)

ディズニー、「フォートナイト」のエピックの株式15億ドルを取得 新コンテンツ共同開発へ
Walt Disney Companyは「フォートナイト」のEpic Gamesの株式取得に15億ドル投じると発表した。両社はディズニーやマーベル、ピクサーなどのコンテンツやキャラクターをプレイしたり購入したりできる新たなゲームなどを共同で開発する計画だ。(2024/2/8)

次世代半導体の量産に向け:
トッパンフォトマスクとIBM、2nm向けEUVフォトマスクを共同開発へ
トッパンフォトマスクとIBMは、IBMの2nmロジック半導体プロセスノードに対応する「EUVフォトマスク」を共同開発する。契約期間は2024年2月より5年間。両社はアルバニー・ナノテク・コンプレックスの研究所(米国ニューヨーク州)と、トッパンフォトマスクの朝霞工場(埼玉県新座市)で研究開発を行う。(2024/2/8)

材料技術:
エプソンが香港の研究機関と協業、繊維再生の新技術を開発
セイコーエプソンは、香港に本社を構える香港繊維アパレル研究開発センターと、共同開発に関する契約を2024年1月18日に締結したと発表した。(2024/2/7)

脱炭素:
大規模水電解システムを千代田化工とトヨタが共同開発
千代田化工建設とトヨタ自動車は大規模水電解システムの共同開発と戦略的パートナーシップの構築に合意した。(2024/2/6)

FAニュース:
自然冷媒で−70℃/9kWの冷却能力を持つ半導体エッチング用チラー
前川製作所は、伸和コントロールズと共同開発した、自然冷媒で−70℃/9kWの冷却能力を持つ半導体製造プロセスエッチング用チラー「Oberon」を発表した。半導体のエッチング工程に最適な超低温環境を提供する。(2024/2/5)

製造現場向けAI技術:
半導体製造工場の労災防止AIを共同開発、24時間リアルタイム監視で安全確保
HACARUSは、東京エレクトロンと共同開発中の半導体製造工場向け労災防止AIについて発表した。これまで人では難しかった24時間リアルタイム監視体制が構築可能になり、より安全な職場環境づくりに貢献する。(2024/2/2)

セキュリティソリューション:
KyndrylとCisco、SSE(Security Services Edge)ソリューションを共同開発
KyndrylとCiscoは共同開発したSSE(Security Services Edge)ソリューションを発表した。SSEアーキテクチャのコンサルティングと実装からソリューション移行、管理までを包括的に提供する。(2024/2/1)

スマホ不要の生体認証で買い物可能な時代へ
“安全と利便性”を両立した「生体認証」活用で東武鉄道と日立がめざす未来とは
東武鉄道と日立製作所は生体認証を活用することで、消費者の利便性向上や社会課題の解決をめざす。両社が共同開発したデジタルアイデンティティーの共通プラットフォームについて、求められた技術要件や課題、今後の展望と併せて紹介する。(2024/2/1)

ユーグレナが人気ラーメン店と共同開発 「宇宙に最も近いラーメン」とは 一部で限定販売
利用している藻類は栄養を豊富に含み、宇宙のような閉鎖的な空間でも光や水で容易に栽培できる可能性が期待される。(2024/1/30)

ミスド、ゴディバコラボ第2弾発売 ハート形のドーナツ2種を用意
ミスタードーナツは、チョコレートブランド「ゴディバ」と共同開発した「misdo meets GODIVA プレミアムハートコレクション」を、1月31日から期間限定で販売する。(2024/1/30)

「パルワールド」運営元とKLabが協業 スマホ向け“ハイブリッドカジュアルゲーム”を共同開発へ
ゲーム事業などを手掛けるKLabは、3Dオープンワールドゲーム「Palworld」(パルワールド)を開発したポケットペアと協業すると発表した。(2024/1/26)

2027年に生産開始予定:
Intelが台湾UMCと提携、新たな12nmプロセスプラットフォームを共同開発
Intelが台湾のファウンドリー大手UMCと、モバイルや通信インフラ、ネットワーキングなどの高成長市場に対応する、新しい12nmプロセスプラットフォーム開発で協業する。2027年の生産開始を予定する。(2024/1/26)

市場に新たな選択肢をもたらす:
PR:SBCの新星「ROCK」の、“ラズパイの代替”にとどまらない真価とは
シングルボードコンピュータ(SBC)に新たな選択肢が登場した。イギリスのOKdoがradxaと共同開発した「ROCK」だ。Rockchip製の成熟したチップを搭載し、SSDモデルも用意されているROCKは、欧州では既に多くのユーザーを獲得している。日本の販売代理店であるアールエスコンポーネンツにROCKの特徴を聞いた。(2024/1/26)

CTOが語る日米共同プロダクト開発の舞台裏(2):
日米共同開発チームの会議が「進まない」「かみ合わない」、本当の理由は?
日本主導で大規模サービスの日米共同開発を進めるCTOが現在進行形で語る体験談。連載の第2回は、当初から直面した、日米メンバーでの会議が進まない、話がかみ合わないという課題について説明する。(2024/1/29)

島津製作所がクラフトビール共同開発 分析機器で香りや味を調整
島津が飲料を共同開発するのは初めて。島津製の分析機器を使い、酵母が持つ香りや味の特長を引き出しており、スパイシーな香りとかんきつ系のようなフルーティーな味わいのビールに仕上げている。(2024/1/24)

プリンテッドエレクトロニクス用:
厚膜導電性インクを開発、大電流や大面積にも対応
住友金属鉱山と物質・材料研究機構(NIMS)および、NIMS発ベンチャー企業のプリウェイズ、エヌ・イー ケムキャットは、プリンテッドエレクトロニクス用の「厚膜導電性インク」を共同開発した。一般的な導電性インクに比べ、安価で酸化しにくく、大電流や大面積の仕様にも対応できる。(2024/1/18)

木村屋とNEC共同開発の「恋AIパン」 初めてのデートから失恋までの“味”
パン製造・販売の木村屋総本店とNECは17日、人工知能(AI)を使って恋愛感情を味で表現した蒸しパン「恋AI(れんあい)パン」5種類を共同開発し、2月1日から順次販売すると発表した。初めてのデートから失恋まで、さまざまな恋愛シーンの味を楽しめるようにした。(2024/1/17)

新建材:
戸田建設と西松建設がCO2排出量ゼロ以下のコンクリ共同開発に着手
戸田建設と西松建設は、炭酸カルシウムを材料に用いたCO2排出量がゼロとなる環境配慮型コンクリートの実用化を2024年度内に目指している。(2024/1/16)

車載ソフトウェア:
自動車に特化した大規模言語モデルを共同開発、車載プラットフォームで機能
Cerence(セレンス)は、自動車向けの大規模言語モデル「CaLLM」を、NVIDIAと共同開発した。CaLLMはCerenceの次世代車載コンピューティングプラットフォームの一部として機能する。(2024/1/11)

ミスド、ゴディバと共同開発した「プレミアムショコラコレクション」発売 第2弾も予定
ミスタードーナツは、チョコレートブランド「ゴディバ」と共同開発した「misdo meets GODIVA プレミアムショコラコレクション」を、1月11日から期間限定で発売する。(2024/1/11)

製造業IoT:
大型プレス機械の遠隔保守、監視システムを開発 アフターケアを迅速化
インテックは、IoTを活用した自動車用大型プレス機械の遠隔保守、監視システムを、エイチアンドエフと共同開発した。制御データを自動的に記録してクラウドへアップし、機器トラブル時には速やかな遠隔保守を実施する。(2024/1/9)

「柿の種 チョコタネ×塩アーモンド」期間限定で登場! 亀田製菓が明治と共同開発
1月末までの期間限定商品になります。(2024/1/6)

ミスタードーナツ×ゴディバ 「プレミアムショコラコレクション」全4種がエレガンスすぎる
1月11日から期間限定、初の共同開発。(2024/1/5)

材料技術:
多孔質ステンレス鋼基板と電解質ナノ粒子を用いた固体酸化物形燃料電池を開発
産業技術総合研究所は、金属を支持体とした固体酸化物形燃料電池を、ポーライトと共同開発した。もろくて割れやすいセラミックスが支持体の固体酸化物形燃料電池に比べ、強靭化している。(2023/12/28)

産業用ロボット:
多品種の容器に対応する総菜ふた閉めロボット、安川電機とキユーピーが共同開発
キユーピーは、多品種の容器に対応可能な「総菜用ふた閉めロボット」を安川電機と共同開発した。60品種以上のふた容器に対応し、熟練作業者と同等の毎時1300パックの作業スピード、動作の正確性と確実性を再現する。(2023/12/26)

ドローン:
SLAMが使えないトンネル暗所でも自律飛行 戸田建設とSpiralが障害物回避飛行に成功
戸田建設とSpiralは、山岳トンネル工事の安全性と生産性を向上させるべく、両社が共同開発した非SLAM型自律飛行ドローンによる障害物回避飛行を検証した。今後も現場実証を繰り返し、2025年度の本格運用を目指す。(2023/12/21)

NTTと東電がデータセンターで新会社 千葉・印西市に開設へ 生成AI需要見込む
NTTと東京電力ホールディングス(HD)が、、データセンターの共同開発に同意したと発表した。(2023/12/19)

材料技術:
UBEとトヨタが共同開発したナイロン6樹脂が新型クラウンの燃料電池車で採用
UBEは、トヨタ自動車と共同開発した、燃料電池車用の高圧水素タンクライナー向けポリアミド(ナイロン)6樹脂「UBE NYLON 1218IU」が、トヨタ自動車が発売した新型クラウンの燃料電池車に採用されたと発表した。(2023/12/19)

ニトリ・エディオンが共同開発の家電を3種発売 どんな機能?
ニトリとエディオンが共同開発した家電「電気ドリップケトル」「温度調整式電気ケトル」「スチームオーブントースター」を発売した。どんな特徴があるのか。(2023/12/16)

日本IBMとNTTデータがAI活用で協業 保険業界に“デジタル従業員”提供
日本アイ・ビー・エムとNTTデータが、保険業界に向け、従業員の生産性を向上するAIを共同開発する。NTTデータが持つ保険業界向けのノウハウと、IBMのAI技術「IBM watsonx Orchestrate」を活用し、“デジタル従業員”ソリューションを提供するとしている。(2023/12/14)

EUVリソグラフィ向け:
DNP、3nm相当のフォトマスク製造プロセスを開発
大日本印刷(DNP)は、3nm相当のEUV(極端紫外線)リソグラフィ向けフォトマスク製造プロセスを開発した。DNPは今後も、imecとの共同開発などを通じて、2nm以降のプロセス開発などに取り組んでいく。(2023/12/13)

2023国際ロボット展:
“脱力”でロボットは剛柔自在? 人機一体が共同開発技術を一堂に
人機一体は、「2023国際ロボット展」において、建設現場などでの重作業や危険作業を遠隔操縦のロボットによって代替する「人機プラットフォーム」で開発中の技術やシステムを披露した。(2023/12/8)

マネーフォワード、大規模言語モデル「houou」公開 理研との共同研究 日本語の指示データ2900件を追加学習に利用
マネーフォワードは、理化学研究所(理研)と共同開発した大規模言語モデル(LLM)を公開した。出力精度を上げるため、日本語の指示データ(インストラクションデータ)2903件を追加学習に活用したのが特徴。(2023/12/6)

協働ロボット:
現場従業員と協調する木製筐体の自律移動ロボ、ChatGPT活用の保守運用も構築へ
a-roboは、木製筐体の自律移動ロボット「Boomee」を日東ユメックスと共同開発した。工場内を自律的に移動し、1台で複数の工程を担うBoomeeと、現場従業員とが協力して、生産性の向上と労働環境の改善を目指す。(2023/12/6)

リサイクルニュース:
マイクロプラスチック回収装置で革新技術を対象とした認証を取得
三浦工業は、商船三井と共同で開発したマイクロプラスチック回収装置「HQ」が、日本海事協会のInnovation Endorsement認証を取得したと発表した。従来装置に比べ、年間で約70倍の海水を処理できる。(2023/12/6)

モナ・リザが走る! 1枚の絵とモーションデータだけでぬるぬる動き出す「Magic Animate」が話題に
画像、テキストと矢継ぎ早に新技術が開発されてきた生成AIだが、その動きが動画分野にも波及しつつある。中国Alibaba発の「Animate Anyone」が話題になったばかりだが、今度はTikTokを運営する中国ByteDanceとシンガポール国立大学が共同で開発した「Magic Animate」が登場した。(2023/12/5)

AI:
同志社大とコマツ、壁紙AI識別アプリ「かべぴた」開発 スマホ1台で壁紙のメーカーや型番を特定
同志社大学とコマツは、産学連携で共同開発した壁紙AI識別アプリ「かべぴた」をリリースする。かべぴたは、内装の新築工事やリフォームの際に、壁紙の微細なテクスチャの差異を判定する画像識別AIモデルで、メーカーや型番を特定する。(2023/12/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。