ニュース
» 2015年10月17日 14時47分 UPDATE

オーディオ&ホームシアター展2015:ティアック、CD付きのハイレゾコンポやUSB出力を持つアナログターンテーブルなどを参考展示

「オーディオ&ホームシアター展」では未発表の新製品も多く見ることができる。ティアックブースでは、今年も3つの未発表製品が並んでいた。

[ITmedia]

 10月16日、恒例の「オーディオ&ホームシアター展」が東京・お台場の「TIME24」ビルで開幕した。同展示会は新製品の試聴に重点を置いたイベントだが、メーカーにとっては開発中の製品を披露してエンドユーザーの反応を探る良い機会にもなっている。ティアックブースでは、今年も3つの未発表製品が並んでいた。

ts_teac_ototen08.jpg ティアックブース。新製品のネットワークプレイヤー「NT-503」の試聴も行っている

 「HR-X101」は、「Referenceシリーズ」のエントリーモデルにあたる「HR-S101」をベースに、CDドライブとFMチューナーを追加したモデルだ。デザインテイストは変わらないが、本体が縦に延びて親しみやすい印象になった。付属のスピーカーもハイレゾ対応に進化。「HR-S101」のスピーカーに比べると若干ながら奥行きが長くなっている。

ts_teac_ototen01.jpg 「HR-X101」

 そのほかの仕様は「HR-S101」と共通。背面にUSBと光デジタルの入力端子を備え、内蔵DACで最大192kHz/24bitのハイレゾ再生が可能だ。

ts_teac_ototen03.jpg 背面にUSBと光デジタルの入力端子

 「TN-500」は、フォノアンプとA/Dコンバーターを内蔵したユニークなアナログターンテーブル。USB端子から最大192kHz/24bit出力が可能で、手持ちのハイレゾ対応システムに容易に組み込めるほか、アナログレコードをハイレゾ音源にして保存するといった楽しみ方もできそうだ。

ts_teac_ototen02.jpg 「TN-500」人工大理石で作られたボディーはかなり重い(台ではない。念のため)

ts_teac_ototen04.jpg 背面のUSB端子、光/同軸デジタル端子からデジタル出力が可能。出力は192kHz、96kHz、48kHzから選択できる−−

 もう1つの大きな特徴は、その筐体(きょうたい)だ。人工大理石で作られたボディーは重く、男性でも片手で持ち上げるのは難しいレベル。さらにターンテーブルも厚いアクリル製となっており、いかにも安定して回転してくれそうだ。

ts_teac_ototen05.jpg 「PD-301」は、300シリーズのCDプレイヤー

 「PD-301」は、「Referenceシリーズ」のミドルレンジにあたる300シリーズのニューフェース。CDプレイヤーにFMチューナーを加えた製品となる。出力は同軸/光デジタルとアナログコンポジット。なお、3製品とも発売時期や価格は未定となっている。

ts_teac_ototen06.jpg 「PD-301」の背面。同軸と光のデジタル出力を備える

ts_teac_ototen07.jpg ベイヤーダイナミックのヘッドフォンも並んでいる

 「オーディオ&ホームシアター展2015」の開催期間は、10月18日(日)まで。会場は新交通ゆりかもめ「テレコムセンター」駅から徒歩2分の「TIME24」ビルだ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.