ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ターンテーブル」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ターンテーブル」に関する情報が集まったページです。

ワンフェスで「展示物の3Dスキャン」が禁止に 懸念される「デジタル万引き」対策を運営に聞いた
現状の3Dスキャナーはスキャンデータをもとにコピー品を作れるほどではないとのこと。とはいえ今後の技術向上を想定した対策は大事です。(2022/7/21)

スマホに針を落とすと音楽が流れるターンテーブルも ヤマハデザイン研究所が音楽デバイス試作
ヤマハデザイン研究所は4日、スマートフォンと一緒に使うことを前提とした新コンセプトの音楽デバイス4種をWebサイトで公開した。試作機は全て実際に動作するとして映像も公開している。(2022/7/4)

ガンダムのスペースコロニーを10万分の1スケールで再現するモデラーがすごい 「冒頭のナレーションが聞こえてきそう」と反響
地球のまわりの巨大な人口都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み、育て、そして死んでいった――。(2022/3/5)

3Dスキャナーニュース:
12Mピクセルカラーカメラを2台搭載した高解像度・高精度3Dスキャナー
日本3Dプリンターは、12Mピクセルのカラーカメラ2台を搭載した、高解像度かつ高精度な3Dスキャナー「Transcan C」を発売した。最小ポイント間隔0.0375mmの高解像度で、表面の微細な凹凸まで再現できる。(2022/3/3)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
初音ミクが生きてきた16年を振り返る 究極のバーチャルシンガーはどこがすごかったのか
NHKのドキュメンタリー番組「プロフェッショナル 仕事の流儀」をネタに、初音ミクについて語りました。(2022/3/2)

ベルファスト・シティー空港のクラウド戦略【後編】
クラウド推進の空港が明かす、脱オンプレミス困難な「空港特有のシステム」とは
ベルファスト・シティー空港は各種アプリケーションのクラウドサービス移行を進める一方で、一部のシステムはオンプレミスインフラに残さざるを得ないと判断している。そのシステムとは何か。移行が難しい理由とは。(2022/1/31)

【動画】保護した子猫にクリスマスプレゼントをあげたら…… ナナメ上の楽しみ方に「斬新w」「こりゃ泣くわ」
ビシャビシャだけどかわいいからよし!(2021/12/30)

FAニュース:
システムエンジニアリング事業を強化し、ロボットシステムを販売
芝浦機械は、システムエンジニアリング事業の強化に向け、専属の営業チーム「制御機械カンパニー制御機械営業部制御システム営業課」を新設した。工場内物流向けロボットシステムを「ロジロボ」シリーズとして販売する。(2021/11/18)

FAニュース:
新たにリニア搬送システムやSCADAを展開、シュナイダーエレクトリックが強化
シュナイダーエレクトリックは、スマート工場を中心としたソリューションを強化し、国内での展開を加速する。スマート工場化が進む中、従来のIoTゲートウェイに加え、新たにネットワーク機器の展開を開始する他、組み立て製造業向けのSCADA/HMIソフトウェアなどを投入する。さらに、市場が盛り上がりを見せるリニア搬送システムへの参入や、ソフトウェア中心の新たな制御システムの仕組みなどの提案も進める。(2021/11/11)

技術者のための資料作成とプレゼン講座(4):
プレゼン資料の中に3Dモデルを取り込み“カタチ”を正しく伝える
どんなに素晴らしい内容の発表でも、それが読み手や聞き手にうまく伝わらなければ意味がない。本連載では、技術者の皆さんを対象に、相手に伝わる発表内容の構成や資料の表現方法などについて伝授する。第4回は、プレゼン資料の中で部品や製品の形状情報をどのように表現するかをテーマに解説する。(2021/10/11)

一家に1台ほしいかも! 自宅の駐車スペースを有効活用するターンテーブルがめちゃくちゃ便利そう
マイホームにこれほしい……!(2021/7/27)

「DIY工具のぬいぐるみ」が意味わからんけどカワイイからヨシ! ふわふわの「C型クランプ」に心を挟まれる
作業台に板とか固定するアレ。(2021/6/18)

CAEニュース:
スケール感の異なるモデルが混在してもシステム全体で安定したメッシュ生成/電磁界解析を実現
アンシス・ジャパンはオンライン記者説明会を開催し、高周波3次元電磁界解析ソフトウェア「Ansys HFSS」の最新バージョン「Ansys HFSS 2021 R1」に搭載された新技術「Ansys HFSS Mesh Fusion」の詳細について説明した。(2021/2/22)

旅した気分になれるかも……! HIS、鉄道ファン向けオンライン乗り鉄体験ツアー「リモ鉄」開始
鉄分濃いめな「現地ライブ」もあります。(2021/1/15)

昭和の人気アイテムがカプセルトイに 「うたうパンダ」「おきあがりポロンちゃん」とか懐かしすぎる
じぶんちになくとも、親戚やら友だちやら誰かしらの家で見た思い出。(2021/1/11)

タイムアウト東京のオススメ:
500円のターンテーブル? Technicsの製品が手のひらサイズに
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/12/15)

タイムアウト東京のオススメ:
奥渋谷でナチュールワインと音を感じる、スタジオ ミュールがオープン
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/11/24)

FAニュース:
ハイブリッド式竪型射出成形機に型締力2942kNの大型タイプ、約30%低床化
日精樹脂工業は、ハイブリッド式竪型射出成形機「TWX-RIII」型に、型締力2942kNの大型クラス「TWX300RIII36V」を追加した。新複合式型締機構の採用により、従来機比で約30%低床化しており、金型取り付けなどの作業性が大幅に向上している。(2020/11/16)

モバクソ畑でつかまえて:
「D4DJ」ついに本格スタート ブシモの“社運コンテンツ”は大きすぎる期待に応えられるか
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回はブシモの話題作「D4DJ Groovy Mix」について。リリース前からすさまじい力の入りようで話題になっていますが、ゲームとしては果たして……?(2020/11/3)

「自虐のかいがありました」 さくらまや、苦境ぶっちゃけた「紅蓮華」替え歌大反響で急きょTwitter開設 寄せられた温かいメッセージに母も涙
「(ローンを)払っていけるのは自分自身だけ、それだけさ」(2020/10/28)

エハラマサヒロ、“ちっちゃな恋人”とのラブラブショット 貫禄のテレビ出演をベタ褒め「人生4回目ぐらいなんちゃう」
美羽ちゃん大物になりそう。(2020/10/28)

FAニュース:
1台で高圧洗浄と乾燥ができるCNCタレット形高圧洗浄、乾燥マシン発売
スギノマシンは、高圧水バリ取り洗浄機「JCC」シリーズの新機種となるCNCタレット形高圧洗浄、乾燥マシン「JCC 303 TT」を発売した。1台で高圧水による部品の洗浄、バリ取りとエアブローが同時にできる。(2020/9/9)

'80年代オーディオブームを支えた名機たちがカプセルトイに 「ONKYO オーディオ ミニチュアコレクション」
ケンエレファントは、オンキヨーのオーディオ機器をミニチュア化したカプセルトイを8月18日に発売する。世界初の倍速ダビングに対応したダブルカセットデッキ「TA-W880」など全5種。1回500円(税込)。(2020/7/27)

デザインの力:
「研究開発型」町工場が徹底的にこだわり抜いて開発したアナログプレーヤー
精密旋削加工を武器に、これまで培ってきたモノづくりの技術とノウハウ結集し、ピュアオーディオ向けアナログレコードプレーヤー「AP-0」を新規開発した由紀精密。その誕生の背景には、「研究開発型」町工場を標榜する同社ならではの強みと、ある1人の従業員の熱い思いがあった。(2020/7/16)

ヒプマイ初のゲーム「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-」プレイレビュー ヒプマイ楽曲を遊べる本格音ゲー、今後の楽曲追加に期待
メインストーリーは豪華フルボイス!(2020/3/31)

モバクソ畑でつかまえて:
ヒプマイ弱者が「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-」を遊んだらヒプマイ沼にハマりかけた話
モバクソゲーサークル「それいゆ」発起人、怪しい隣人さんによるスマホゲームコラム。今回はあの「ヒプノシスマイク」のリズムゲーム「ヒプノシスマイク -Alternative Rap Battle-」を遊んでいます。(2020/3/29)

アナログレコードを立たせて再生するプレーヤー お部屋のインテリアに
垂直に近い85度の角度にレコード盤をセットし、そのまま回転、再生するレコードプレーヤーが登場。中国のオーディオ専業メーカー、Jasmine Audioが開発した。(2020/3/10)

セキュリティカメラなどを想定:
深層学習で赤外線画像をカラー化、色再現性を改善
産業技術総合研究所(産総研)は、深層学習を活用して、赤外線画像を優れた色再現性でリアルタイムにカラー化する技術を開発した。視認性の高いセキュリティカメラなどへの応用を見込む。(2020/2/12)

「農道・林道の○○」をなめんな〜w 東京オートサロンでキラ目立ち「鬼改造ごっきげん軽トラ」まとめ
ミクさんカスタムから、あの「バモスホンダ(!!)」まで、わくわくカスタムな軽トラいろいろ。(2020/1/14)

新工法:
鹿島建設が新床版更新システムを開発、床版の撤去から架設までの工程を従来比で3分の1に短縮
鹿島建設は、道路橋床版更新工事の作業効率を高める取り組みを加速している。(2020/1/10)

「これが使用率100パーセントか」「猫型のキーボードカバー」 わが物顔でPCの上に乗って動かない猫がかわいい
ある意味、使用率100パーセント。(2019/12/10)

IIFES2019:
調整作業工数を75%削減する近接スイッチ、アズビルが「従来の概念を覆す」
アズビルは、「IIFES2019」において、新開発の2出力近接スイッチ「アジャスタブル近接スイッチ H3C」を参考展示した。マシニングセンターなどの工具交換時におけるクランプ位置検出の作業工数を75%削減できるという。(2019/12/2)

東京モーターショー2019:
ミツバが中空成形品の新工法を提案、金型がターンテーブルで回る!?
ミツバは、「第46回東京モーターショー2019」において、樹脂製の中空成形品の革新的な生産性向上を実現する新工法「1ロータリー一体式120°旋回成形システム」の技術を紹介した。(2019/10/28)

CEATEC 2019:
Azure Sphere対応のIoTアダプターが登場、接点入力で既存設備にも導入しやすく
アットマークテクノは、「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)の日本マイクロソフトブースに出展し、Azure Sphere対応のIoT(モノのインターネット)アダプター「Cactusphere(カクタスフィア)」をデモ展示した。(2019/10/16)

車載電子部品:
自動車の5G評価は車両デザインと並行で、パナソニックが「国内最大級」の電波暗室
パナソニック オートモーティブ社は2019年9月19日、横浜市で記者説明会を開き、自動車での5G(第5世代移動通信)採用に向けて横浜市の拠点に大型電波暗室を構築したと発表した。(2019/9/20)

コネクテッドカーの車体丸ごと、通信性能を測定 パナソニックが国内最大級の電波暗室を構築
パナソニックが自動運転車やコネクテッドカーの通信性能を測定できる大型の電波暗室を構築した。(2019/9/19)

レコードみたいにオレオを置くと音楽が流れる 「オレオ ミュージックボックス」が予約受付開始
かわいくて、オレオが食べられない(食べるけど)。(2019/9/4)

FAニュース:
高速パレットチェンジャー搭載の工作機械コンパクトマシニングセンタ
ブラザー工業は、高速パレットチェンジャーを搭載した工作機械コンパクトマシニングセンタ「SPEEDIO」の新製品「R450X2」「R650X2」を発売する。リフトアップしない高速パレット交換ができ、密閉構造によって高い信頼性を持つ。(2019/6/14)

FAニュース:
低床化で操作性が向上した、ハイブリッド式竪型射出成形機
日精樹脂工業は、型締力220トンのハイブリッド式竪型射出成形機「TWX220R III 25V」の受注を開始した。新複合式型締機構を搭載し、機械全体の低床化を可能にした。(2019/5/15)

デザインの力:
単なるモノづくりの枠に収まらないデジタル職人たちが生み出すプロダクトの数々
デジタルアルティザンは2019年4月11日、新拠点である「DiGITAL ARTISAN STUDIO」のオープンハウスイベントを開催。大型3Dプリンタや全身3Dスキャナーによる体験展示、デジタル技術を活用したアート作品、クライアントワークの成果物などの一部を公開した。(2019/4/12)

テクニクスのDJ向けアナログターンテーブルが11年ぶり復活 「SL-1200MK7」を5月発売
パナソニックがテクニクスブランドのアナログターンテーブル新製品「SL-1200MK7」を発表した。純粋なDJ向けターンテーブルは2007年に発売された「SL-1200MK6」以来11年ぶり。(2019/3/14)

小学生が12時間かけて作ったイプシロンロケットがすごい 格納庫から発射台が現れるワンダバ感よ
これを12時間で作ったというのか……!(2019/3/8)

JDI、アナログレコードみたいなインテリア家電を開発 映像、音、香りをコントロール
JDIがアナログレコードプレーヤーをモチーフとしたインテリア家電を開発中。円形ディスプレイとスピーカー、アロマディフューザーを一体化し、室内のムードをコントロールするという。(2019/3/5)

立ちどまるよふりむくよ:
「昭和レコードスピーカー」を39年前の元ネタと比べてみた(動画あり)
タカラトミーアーツ「昭和レコードスピーカー」と、その元ネタである39年前に発売されたアナログレコードプレーヤーを比較レビューしてみた。(2019/2/25)

ギフトショー春2019:
「砂嵐」「回転数」「キュルキュル」――ミニチュア家電「ザ・昭和シリーズ」を体験してきた
家具調テレビ、ポータブルレコードプレーヤー、ラジカセ。おもちゃだけどちゃんと使えて懐かしい。(2019/2/13)

懐かしい昭和の家電風ミニチュアガジェット登場 たたくと直るテレビに録音できるラジカセも
たたくと直るテレビからキュルキュルいうラジカセまで。(2019/2/5)

CES 2019:
テクニクスのDJターンテーブル新型「SL-1200MK7」夏に製品化 「幅広いユーザー」向け「SL-1500C」も
パナソニックは「CES 2019」で、テクニクスブランドの新製品として、DJ用アナログターンテーブル「SL-1200MK7」を夏に製品化し、欧米や日本で発売すると発表した。レコード愛好家など「幅広いユーザー」をターゲットにしたターンテーブル「SL-1500C」も夏に発売する。(2019/1/8)

ITはみ出しコラム:
Amazonが「音声アシスタント対応の電子レンジ」で生活家電に参入するワケ
米Amazon.comが大量の新製品を発表しました。日本でもスマートスピーカー「Amazon Echo」の新モデルが売られますが、印象深いのは初のオリジナル家電として、Alexa対応の電子レンジ「AmazonBasics Microwave」を発表したことです。(2018/9/23)

Amazon、オリジナル電子レンジ「AmazonBasics Microwave」を11月に60ドルで発売へ
AmazonがAlexaで操作できる電子レンジ「AmazonBasics Microwave」を発表した。米国で11月に発売する。価格は59.99ドル(約6800円)。(2018/9/21)

寝心地がいいニャン ターンテーブルの上に寝転ぶ猫ちゃんに飼い主さん困った
邪魔しないでよ〜。(2018/8/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。