ニュース
» 2015年12月24日 20時11分 UPDATE

300の自動調理メニューを搭載、東芝から加熱水蒸気オーブンレンジの新製品“石窯ドーム”「ER-ND200」

東芝ホームテクノは加熱水蒸気オーブンレンジの新製品“石窯ドーム”「ER-ND200」を2016年1月下旬に発売する。単身世帯やDINKS層に適した庫内容量26リットルのモデルだ。

[ITmedia]

 東芝ホームテクノは12月24日、加熱水蒸気オーブンレンジの新製品として、“石窯ドーム”「ER-ND200」を発表した。オープンプライスで2016年1月下旬に発売する。市場想定価格は7万8000円前後。カラーはグランホワイトのみ。

ts_ishigama02.jpg 石窯ドーム「ER-ND200」

 湾曲したドーム構造の天井に、同じく湾曲したヒーターを埋め込んだ“石窯ドーム”シリーズの最新モデル。熱が食品側に集まり、壁面側に熱が逃げにくくなることで、食品を効率的に加熱できるのがメリットだ。新製品は単身世帯やDINKS層に適した庫内容量26リットルのコンパクトモデルながら間口の幅(39cm)にこだわり、食品の出し入れやお手入れを容易にした。また4.3インチのカラータッチ液晶を搭載して操作性も向上させている。

 自動調理メニューはクラス最多の300。「料理のカテゴリー」「食材」「メニュー番号」「50音」から選択できるほか、石窯メニュー、ノンフライといった「おすすめ」も用意した。自動メニューの内訳は、惣菜が173メニュー、パン60メニュー、スイーツ67メニュー。ノンフライメニューや時短調理のお手軽メニューも充実している。

ts_ishigama01.jpg

 本体幅は450mmで、設置時には左15mm、右に45mm以上のスペースがあればいい省スペース設計。奥行きも395mmで、背面は壁に寄せて設置できる。

関連キーワード

オーブンレンジ | 東芝 | 水蒸気 | ヒーター | 惣菜


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.