ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「惣菜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「惣菜」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

スマートリテール:
機能絞り込みで欠品検知に特化したAIカメラ、フクシマガリレイが改良品を展示
フクシマガリレイは食品小売業界の「スーパーマーケット・トレードショー」で、Retail AIなどと共同で開発を進める設備を展示した。ショーケース上部に取り付けて欠品検知を行うAIカメラや、セルフレジ機能を搭載したスマートショッピングカートに独自の改良を加えている。(2021/2/22)

水曜インタビュー劇場(アツアツ公演):
飲食店の多くは苦戦しているのに、なぜキッチンカーは“右肩上がり”なのか
新型コロナの感染拡大を受けて、飲食店が苦戦している。2020年の倒産件数は過去最高となったわけだが、その一方でキッチンカーが増えていることをご存じだろうか。キッチンカーと空きスペースをマッチングしているSHOP STOPに登録している店はぐんぐん伸びていて、その背景に何があるのかというと……。(2021/2/3)

ワタミの宅食、明治の宅配と提携 両者の商品を相互に宅配
ワタミは2月1日、宅配サービスで明治との提携を発表した。「ワタミの宅食」は明治が販売する乳製品を、「明治の宅配」は一部の特約店を通じて「ワタミの宅食」が販売する弁当や総菜を宅配する。(2021/2/2)

コロナ禍で疲弊:
飲食店にとって一番の問題は? 大手が行き詰まると
新型コロナウイルスの感染拡大で再び緊急事態宣言が発令されるなか、外食産業は規模の大小を問わず危機的状況に置かれている。業界団体である日本フードサービス協会の赤塚保正会長に、取り組みを聞いた。(2021/1/21)

売上高1兆円を目指す:
香港1号店は「3日で桃10トン」 “日本産”を売りまくる海外版ドンキの正体
ドン・キホーテを運営するPPIHは海外事業を強化。アジアや北米の店舗数を増やしている。日本産の農畜水産物の輸出を促進する会員制組織も設立し、勢いが止まらない。(2021/1/21)

不正アクセスでペイメントアプリ改ざん 「柿安オンラインショップ」カード情報集出、不正利用も
ECサイト「柿安オンラインショップ」が不正アクセスを受けて顧客のクレジットカード情報が流出し、一部の顧客のカード情報が不正利用された可能性。第三者によってシステムの脆弱性が突かれ、ペイメントアプリを改ざんされたためという。(2021/1/20)

直営の居酒屋83店を休業:
2021年の飲食業は倒産ラッシュ ワタミ渡邉美樹会長が示す「売り上げが2019年比55%」でも生き残れる経営
外食チェーンのワタミは緊急事態宣言を受け、1都3県で営業している直営店全100店のうち83店舗を休業している。渡邉美樹会長兼グループCEOは「このままでは飲食業界は崩壊すると危惧している」と記者発表で述べた。その上で「2021年は19年比で売り上げの55%に目標を設定し直した。黒字になるようにしていきたい」と意気込む。(2021/1/15)

同一労働同一賃金、実務上の対応ポイント(3)定年再雇用で、賃金はどこまで減額可能か?
同一労働同一賃金の中心となる「パートタイム・有期雇用労働法」では、定年再雇用者も、改善の対象になります。しかしながら、これまでの裁判例からも、契約社員やパート・アルバイトとは異なった判断がなされている部分があります。(2021/1/15)

偏見助長:
ファミマ「お母さん食堂」が大論争! 「私作る人、僕食べる人」と同じ構造
コンビニ大手ファミリーマートの総菜ブランド「お母さん食堂」をめぐり、高校生3人が名称変更を求める署名活動を行った。女性に対する偏見を助長するという主張だが、ネット上では賛否両論だ。(2021/1/12)

快速・海里「海里特製 庄内弁」(2000円)〜トワイライトを愉しみながらいただく庄内の味
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! 快速・海里の「海里特製 庄内弁」(2000円)です。(2021/1/10)

緊急事態宣言を受け:
ワタミが医療従事者を食で支援 冷凍総菜を「最大1万食」無料で提供
ワタミは1月8日、緊急事態宣言が出された地域の医療従事者を対象に、最大1万食を無料で提供すると発表した。(2021/1/8)

スピン経済の歩き方:
鉄道、宅配、コンビニ、病院が、次々とブラック化するワケ
鉄道、コンビニ、病院、宅配――。日本のインフラは整備されていて、利用者にとってはとても便利だ。しかし、である。現場に目を向けると、ブラック化している職場も少なくない。その背景に、何があるのかというと……。(2020/12/30)

コンビニとレストランが合体! ローカルチェーン「すしべん」はなぜ石川県にしかないのか
鮮度を重視した結果の石川ローカル。(2020/12/30)

小売・流通アナリストの視点:
ウォルマートの「西友切り」は遅すぎた? それなのに今、楽天が西友とタッグを組むワケ
ウォルマートが保有する西友株式の85%を手放す。売却する株式のうち20%は、新会社を通じて楽天が取得するという。長らく伸び悩む西友だが、あえて今、楽天がタッグを組む理由とは?(2020/12/24)

「かっこよすぎて5度見」 中川大志、『鬼滅の刃』鬼舞辻無惨風コスのほとばしる色気に平伏必至
“悪のカリスマ感”すらある。(2020/12/23)

「かわいいかのジャッジを脳が放棄」 シソンヌじろう、『鬼滅の刃』禰豆子風コスがファンを大いに混乱させてしまう
顔の圧が妙に強い禰豆子。(2020/12/22)

からあげ専門店「からやま」がお客様感謝祭を実施 からあげ定食が500円で食べられるぞ!
テイクアウトのからあげも特別価格に。(2020/12/9)

JIMTOF2020:
量子アニーリング提唱者の西森氏が語る量子コンピューティングの現在
2020年11月16〜27日にオンラインで開催された「第30回 日本国際工作機械見本市(JIMTOF 2020 Online)」において、主催者セミナーとして東京工業大学 科学技術創成研究院 特任教授の西森秀稔氏が登壇。「量子コンピュータ研究開発の現状と展望」をテーマに講演を行った。本稿ではその内容を紹介する。(2020/12/7)

ロボット配膳「焼肉の和民」、“非接触”セルフレジのくら寿司 コロナ禍の飲食店、勝機はIT&ロボット活用にあり
「和民」ブランドから「焼肉の和民」へ全面転換したワタミ。配膳ロボットなどを活用してコロナ禍の難局を乗り越えようとしている。今回はワタミを始めとする各社への取材を通じ、テクノロジーとビジネスアイデアで飲食業がどう時代を生き抜いていこうとしているのかを紹介したい。(2020/12/1)

【Amazonブラックフライデー】お米、おむつ、コーヒーなどの日用品まとめ 買いだめしておくなら今!
日持ちのする食品はセール時にまとめ買いしておくとお得です。(2020/11/29)

【Amazonブラックフライデー】着る毛布、湯たんぽ、めぐりズムなどの「あったかアイテム」まとめ
最近急に寒くなってきたので。(2020/11/29)

【Amazonブラックフライデー】使い捨て&洗えるマスクを買い置きするチャンス 衛生用品のセールまとめ
衛生用品特集。(2020/11/29)

【Amazonブラックフライデー】初日にもっとも売れたのは2700円OFFの「Fire TV Stick 4K」 各種Anker製品も上位に
「Fire TV Stick」は1個あると便利ですよ。(2020/11/28)

【Amazonブラックフライデー】ゲーミングモニター、ゲーミングチェアなど「ゲーミング」製品も大量セール中
ゲーミングチェア欲しい。(2020/11/27)

【Amazonブラックフライデー】Nintendo SwitchやPS4もセールに登場 クリスマス前にSwitch入手のチャンス!
PS4もソフト2本セットで2万8800円とかなりお得に。(2020/11/27)

【Amazonブラックフライデー】ビール、ワイン、日本酒などお得な“お酒”セールピックアップ
お酒は腐らないので買いだめのチャンス!(2020/11/27)

【Amazonブラックフライデー】あると便利な生活家電&小型家電 ロボット掃除機・電子ケトル・ヘアアイロンなど
冷たい水が寒くなってきたら、沸かして飲むとよし。(2020/11/27)

【Amazonブラックフライデー】多機能オーディオでおうち生活を楽しく マイク付きイヤフォンや防水スピーカーなど
ネックスピーカーが気になる。(2020/11/27)

【Amazonブラックフライデー】ロジクールのトラックボールが買いどき! 在宅勤務お役立ちアイテム特集
Wi-Fiが入りづらいときは中継器があるといいですよ。(2020/11/27)

【Amazonブラックフライデー】Apple Watchが42%オフ AppleとBeatsのセールまとめ
Apple Watchは3万円以上の値引きです。(2020/11/27)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
本格料理に進出? 働き方の変化で“食の新需要”獲得へ、湖池屋の「ニューノーマルおやつ」戦略
菓子メーカーの湖池屋は、コロナ禍における食生活の変化を踏まえて、新戦略「ニューノーマルおやつ」を打ち出す。2021年春、ハッシュドポテトやハンバーグといった“料理”と組み合わせた菓子の新商品を発売。新市場への進出を狙う。(2020/11/27)

【Amazonブラックフライデー】Fireタブレットが最大6000円OFF Amazonデバイスのセールまとめ
Alexa対応のスマートホーム家電もまとめています。(2020/11/27)

【Amazonブラックフライデー】Oculus Rift S、メガドライブミニWがセールに登場! PS4・Switchのソフト、ゲーム用品まとめ
ゲームセールまとめ。(2020/11/27)

PR:家業を継いだ老舗の魚屋で「バックオフィスDX」? 「出水田鮮魚」の挑戦
(2020/11/27)

第3子出産した小倉優子、久々のバラエティー出演を笑顔で報告 「無理せず」と温かい声集まる
ファンからは喜びの声や労りの声や寄せられています。(2020/11/25)

普段料理をしない夫に、2晩の夕飯作りを任せるとどうなる? 西友の「料理を手間抜きに。」キャンペーンにじんわり
「料理」という家事は“調理”だけじゃない。(2020/11/18)

消費者調査:
コロナ禍で消費異変、衣類・アクセサリー激減、レンタルDVDに追い風も
コロナ禍で消費者の実態が激変。自宅にいる時間が増え外食頻度は減少。他にも意外な商品・サービスで変化が。(2020/11/16)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
まるで「関ヶ原の戦い」 “覇王”ウエルシアや“九州の雄”コスモスの猛攻にマツキヨ・ココカラ連合は……
ドラッグストア各社の競争が激化している。コロナ禍やインバウンド需要消失で苦戦するチェーンも出てきた。一方で、スーパーや同業を買収して勢力を拡大する動きも。(2020/11/11)

サービスロボット:
次の挑戦は物流領域、Telexistenceが見据える遠隔操作ロボットの可能性
遠隔操作ロボット「Model-T」を開発したロボットベンチャーTelexistence。同社は現在、ローソンやファミリーマートなど小売業界への遠隔操作技術の展開を積極的に進めている。遠隔操作ロボットにはどのような可能性があるのだろうか。また、Telexistenceは今後どのような事業展開を構想しているのか。同社の担当者に尋ねた。(2020/11/2)

王手飛車取り:
島忠へのTOB どちらに転んでもニトリにはメリットしかない理由
ニトリが島忠の買収に名乗りを上げた。筆者は仮に買収できないとしても、ニトリにとっては大きなメリットがあると指摘する。その姿は、かつてのドン・キホーテと重なるという。(2020/10/31)

ジョージア料理「シュクメルリ」がファミマに登場 大使館も認めた新商品を実際に食べてみた
うおおおお。鶏肉めっちゃ入ってるーーーー。(2020/10/28)

女性客に好評だった:
ファミマ、クックパッドの商品を受け取る宅配ボックスを70店舗に設置 相乗効果見込む
ファミリーマートはクックパッドが展開する生鮮食品EC「クックパッドマート」の商品を受け取る宅配ボックスを東京都と神奈川県の70店舗に設置する。先行導入した店舗で、女性客を中心に好評だった。(2020/10/28)

独自の経営哲学:
従業員に“報いる”経営で31期連続増収増益 埼玉の「ヤオコー」がコロナ禍でも成長する理由
郊外の食品スーパーはコロナ禍でも順調。その中でも埼玉が地盤のヤオコーは31期連続増収増益で、コロナ禍でも絶好調。強さの秘密は従業員に“報いる”経営スタイルにあった。(2020/10/28)

スピン経済の歩き方:
セブンの「ステルス値上げ」を疑う人が、後を絶たない理由
消費者が知らない間に、こっそりと量を減らして価格は据え置き――。セブン-イレブンが「ステルス値上げ」をしているのではないかと叩かれている。なぜ、このように疑われているのか。筆者の窪田氏は、このように分析していて……。(2020/10/27)

店舗はトレーラーハウス:
マンション住民専用、24時間営業の無人スーパー 顔認証技術とセルフレジでNECが実現
NECソリューションイノベータは10月31日、長崎市のマンションに居住者向けの無人スーパー「FACE MART」を開店する。顔認証技術を利用した入退館システムとセルフレジを備えており、年中無休で24時間営業する。(2020/10/23)

NEC、顔認証で入退館できる無人店舗 マンション居住者専用で開店
NECソリューションベータが、顔認証技術を活用した無人店舗「FACE MART」を長崎市の分譲マンション敷地内に開店すると発表した。マンション居住者のみにサービスを提供する。(2020/10/23)

Amazon.co.jpに「ライフ」のストアが開設 Webサイトとアプリから食品やプライベートブランド商品などが注文可能に
プライム会員向けサービスです。(2020/10/22)

「時産家電」市場を狙う:
販売台数は前年比3倍! シャープの水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」開発者に聞く――共働き家庭の必需品に
シャープが2015年に発売した水なし自動調理鍋「ヘルシオ ホットクック」がヒットを続けている。派手な宣伝戦略を取っていないにもかかわらず、2020年の4〜6月の販売台数は前年比3倍まで急増した。開発者に舞台裏を聞いた。(2020/10/20)

小倉優子、“無理せず総菜に頼った”に共感続々 「毎日お総菜でもいいんだよ」「私もよく利用します」
7月に三男を出産していた小倉さん。(2020/10/15)

コンビニおにぎりの“ふっくら食感”生み出す機械メーカーの再現力
みんな一度は食べたことがあるであろうコンビニのおにぎりを生み出したのは、福井県の食品用機械メーカー「コバード」だった。自動化よりも手作りの再現に力を入れてきた同社は、受賞歴多数で、勲章も受章している。(2020/10/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。