ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「惣菜」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「惣菜」に関する情報が集まったページです。

知る人ぞ知る独立系コンビニ「オレボ」の生き残り戦略
 セブン−イレブン、ファミリーマート、ローソンの3大チェーンに集約が進み、生き残り競争が激しくなっているコンビニエンスストア業界。その中で福井県の独立系コンビニ「オレンジBOX(通称オレボ)」は、早くから店内調理した総菜を収益の柱にし存在感を強めてきた。40〜50席のイートインスペースを設けるなど大手にはまねのできない戦略も打ち出し、独自の路線で前進している。(2019/11/14)

新聞や雑誌が細る一方で、新たな売れ筋は? 変貌する「駅ナカ」事情
駅の中をよく見ると、さまざまな店がある。売店や駅そば店だけでなく、コンビニや薬局など便利な店がたくさんある。その一方で、消えていった商品もたくさんあって……。(2019/11/14)

【ビジネス解読】消費税増税で際立つ国の税収増 閉じる「ワニの口」
 10月1日に消費税の税率が10%に引き上げられる中、国の税収の好調ぶりが際立っている。財務省によると、消費税増税を受けた令和元年度の税収は前年度に続き過去最高を更新する見込み。慢性的な財政赤字の大きさが少しずつ縮小してきているともみられる。ただし、税収の着実な増加は国民負担の重みが増していることの裏返しでもある。働く世代の間では社会保障のために払う費用の上積みなどもあって負担感はさらに大きくなっており、国の税収増を喜んでばかりもいられなさそうだ。(2019/11/12)

「4分間のマリーゴールド」前髪で大きく変わった菜々緒の印象 美男美女ばかりのホームドラマにやがて訪れる悲劇
横浜流星のお辞儀が美しかった。(2019/10/25)

新連載・食の流行をたどる:
「さば」はなぜ「ツナ」を超えたのか? 熱血“さば”社長と外食産業の“必然”が生んだブーム
「さば」の大ブームが起きている。食のブームを分析してみると、いくつかの共通項目がある。さばブームをけん引した熱血社長の取材から見えてきた流行の条件とは?(2019/10/24)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
ミニストップ「おにぎり100円」がもたらした“意外な変化”
ミニストップが7月に始めた「おにぎり100円」施策。主力商品のおにぎりを最大30円値下げした。開始から3カ月がたち、効果はどれほど出ているのか。また、“100円”という値決めは成功なのか。狙いや現状について聞くと、意外な変化も見えてきた。(2019/10/15)

弁当・総菜の発注量をAIが決定 西友が全国で実施へ 需要を高精度で予測しフードロス防ぐ
西友が弁当や総菜の発注業務の一部を、日立製作所のAIを用いて自動化すると発表した。10月に全国の店舗で導入を始めた。過去の発注量や廃棄量などのデータを分析し、店舗別・商品別の発注量を自動で算出する。フードロスの防止などが狙い。(2019/10/9)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
新登場の“あんぱん“はサブウェイを救う? 苦戦が続く原因から読み解く
サブウェイがあんこを挟んだサンドイッチで巻き返しを狙う。日本市場で苦戦している背景にはコンビニや外食チェーンの“野菜強化”がある。じわじわ増えているサラダボウル専門店も新たな脅威になりそうだ。(2019/10/1)

小さめ商品が増加:
令和のクリスマスパーティーは「短時間」&「少食」? イオンが2019年度クリスマス商品を発表
イオンが2019年度のクリスマス商品を発表した。最近のトレンドは「短時間化」「少食化」。世帯員数の減少や共働き世帯の増加、消費増税などでパーティーも縮小傾向になると見込み、小さめサイズのケーキやハーフサイズの惣菜などに注力。予約の強化や材料の見直しなどで食品ロスの問題にも取り組む。(2019/9/25)

セブン−イレブン、基本商品の質向上でスーパーとの価格競争を回避
 コンビニエンスストア最大手のセブン−イレブン・ジャパンは18日、秋冬商品の戦略説明会を都内で開いた。消費税率引き上げで外食機会の減少と内食(自宅での食事)増加の流れが予測される中、冷蔵総菜や麺類など基本商品の品質を向上させる。また、セブン&アイグループ共通のプライベートブランド(PB)の高価格帯を拡充する。(2019/9/18)

最速10分で:
手抜き?手作り? 「罪悪感なく簡単に」 イオンが増税にらみミールキット拡充
イオンが水も油も食材もいらないミールキット商品を拡充。長期保存が可能で買い置きができる「フローズン」メニューを6品新発売する。3分30秒のレンジ加熱と、さっと炒めるだけで簡単に調理ができる。背景には消費増税や、共働き世帯の増加などがある。(2019/9/18)

味を損なわない工夫も:
ファミマが普通の「ソース焼きそば」を“健康強化枠”に 開発の狙いとは?
ファミマが2019年度下期に強化する商品群を発表。一見すると普通のソース焼きそばが「健康」カテゴリーに。どういった点で「健康」に気を使っているのか。(2019/9/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「やよい軒」「ほっともっと」運営会社のプレナス 大戸屋・コンビニとの“死闘”の行方
プレナスは「ほっともっと」や「やよい軒」を運営している。ほっともっとは苦戦しており、新業態の強化を急ぐ。一方、ごはんのおかわり自由が強みのやよい軒は店舗数を増やしているが……。(2019/9/10)

小売・流通アナリストの視点:
消費増税後、「スーパー業界の勝ち組像」はどう変化する?
実施まで1カ月を切った消費増税――。過去の増税時にスーパー業界では何が起こったのかを振り返りつつ、今後も生き残るためのポイントを探った。(2019/9/3)

ローソン、Uber Eatsで日用品も配達 国内コンビニ初 都内で実証実験
日用品を扱うのは国内のUber Eatsでは初めて。(2019/8/27)

うぉぉ「相鉄ランチパック」が出るよぉぉ! 「相鉄・JR直通線」開業もうすぐ、ネイビーブルーの記念コラボ商品が続々
開業100日前、2019年8月22日から続々開始。お見逃しなく〜。(2019/8/22)

おつまみと朝食強化:
居酒屋とカフェには脅威 増税を追い風にローソンが仕掛ける商品戦略
ローソンが惣菜商品の新作を発表。おつまみと朝食に注力。前回増税時は3%ほど売り上げが減少したというが、増税を追い風にできるか。(2019/8/22)

スマホ注文「モバイルオーダー」が増えている
10月1日の消費税率引き上げまで2カ月を切った。飲食店では税率が10%に上がる「イートイン」に対して、8%に据え置かれる軽減税率対象の「テークアウト」需要の増加が見込めることから、効率化を図る集客策として「モバイルオーダー」の導入が増えている。(2019/8/13)

成城石井のシンガポールフード&デザート新作が超充実! 5品を実食レポート
シンガポールフェアを8月31日まで開催。(2019/8/2)

フリーランス女医が本音で斬る:
東京医大・入試女子差別問題の陰にちらつく「ゆるふわ女医」とは
衝撃を与えた東京医大などの女子差別入試。しかし医師の世界では一筋縄ではいかない背景があった。フリーランスの女医が本音で斬る。(2019/7/24)

お弁当は、駅で:
充実する駅ナカ、業者それぞれのあり方は?
駅ナカの弁当販売が充実している。さまざまな駅でさまざまな業者が弁当を販売しているわけだが、特に充実しているのが「東京駅」だ。ちょっと紹介すると……。(2019/7/11)

水曜インタビュー劇場(実験公演):
丸亀製麺が始めた「30分飲み放題」 何が見えてきたのか
讃岐うどん専門店の「丸亀製麺」で、うどんを食べたことがある人も多いのでは。「丸亀製麺=うどん」といったイメージが強いが、数年ほど前から“うどん以外のモノ”にチカラを入れている。お酒とお弁当を提供したところ、売れ行きはまずまずだそうで……。(2019/7/3)

野菜も魚も:
「1個から缶詰つくります」 京のベンチャーが食品ロス対策
京都のベンチャー企業が発案した、1個からでも加工できる缶詰が注目を集めている。手軽に特産品を商品として売り出すことのできる新たな地域活性化策の一環のほか、食べられないまま捨てられる食品ロス対策にも効果が期待される。(2019/7/2)

「アゲリシャス〜!」でおなじみのゼスプリCMはなぜ面白い? キウイブラザーズ誕生秘話をプランナーに聞いた
売り場に置いてあるキウイブラザーズのぬいぐるみ欲しい(切実)。(2019/6/25)

スピン経済の歩き方:
「コメダローソン」が誕生する日は、本当にやって来るのか
「コメダ珈琲店」などを運営するコメダホールディングスが三菱商事と資本・業務提携することを発表した。提携の目的はコメダが進める海外出店で、三菱商事のネットワークを活用していくためだというが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。それは……。(2019/6/18)

電子レンジも「断捨離」の波 単機能モデル人気、「高機能は使いづらい」顧客向けに安く
高機能の「オーブンレンジ」の開発競争が続く中、電子レンジ市場では、むしろ温めや解凍に機能を絞って価格を下げた「単機能レンジ」の需要が伸びている。価格が1万円を切る製品もあり、高機能製品をかえって使いづらいと考える顧客層に人気があるという。(2019/6/13)

開発は過熱:
高機能はいらない? 電子レンジも「断捨離」の波
IoT技術などを駆使した高機能の「オーブンレンジ」の開発競争が続く中、電子レンジ市場では、むしろ温めや解凍に機能を絞って価格を下げた「単機能レンジ」の需要が伸びている。需要動向に合わせ、大手メーカーではオーブンでなくレンジ機能を強化する動きも出てきた。(2019/6/12)

社長が参加する会議にも潜入:
コンビニの商品開発ってどうやるの? 担当者が語ったリアルな現場
コンビニでは日々たくさんの新商品が発売されている。商品開発担当者は、日々、どのようなことをしているのか。ナチュラルローソンとローソンで開発してきた担当者に話を聞いた。(2019/6/5)

建設会社がコッペパン販売!? 理由は「クルマの自動運転化」
コッペパン専門店「コッペ亭」が他店と一線を画すのは、運営するのが建設会社という点だ。なぜ、畑違いの新規事業に挑むのか−。その理由は「クルマの自動運転の実現が近づいているから」だ。(2019/6/4)

スーパー「ライフ」株価が大幅高 Amazon「Prime Now」で生鮮食品など配送
Prime Nowに食品スーパーが出店するのは初めて。(2019/5/30)

アマゾン、スーパー「ライフ」から生鮮食品を配送 Prime Nowの品ぞろえ強化
即時配送サービス「Amazon Prime Now」で、スーパーマーケット「ライフ」の生鮮食品や総菜を注文できるように。年内に都内の一部地域で始まる予定。(2019/5/30)

本気で社員を幸せにする会社:
「好きな日に働き、嫌いな仕事はやらなくていい」――“自由すぎるエビ工場”が破綻しない理由
「好きな日に連絡なしで出勤・欠勤できる」「嫌いな作業はやらなくてよい」――工場のパート従業員にそんなユニークなルールを導入したところ、働く人の熟練度や連携が向上し、仕事の効率や品質が向上、採用や教育のコスト低減も実現したというパプアニューギニア海産。その秘訣とは?(2019/5/27)

安くてウマい「ミニスーパー」都心でじわり拡大
ミニスーパーは用地と人員が小規模で済み、機動的な出店が可能というメリットがある。総合スーパー業態の大型店の苦境が続くなか、各社は都心部で活路を開こうともがく。(2019/5/24)

解決策はあるのか:
コンビニ悩ます「後ろから取る客」の存在 値引きだけでは限界が
新しい商品を買うために棚の後ろから取るお客がいる。悪気はないのだが、食品ロスを生む原因の1つになっている。ローソンの新しい食品ロス対策は成果を出せるだろうか。(2019/5/17)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
大阪が誇る「スーパー玉出」 毎日「1円セール」をしてももうけが出る仕組みに迫る
大阪市内最強のローカル食品スーパーといえる「スーパー玉出」。インパクトの強い看板やパチンコ店のような内装が特徴だ。名物の「1円セール」でもしっかりもうけるビジネスモデルに迫る。(2019/5/14)

“千切りキャベツ50グラム”をつかむロボットアーム、強化学習で実現 東大松尾研とロボコム
決められた量の千切りキャベツをつかめるロボットアームを、東大松尾研とロボコムが共同開発した。人間が手作業で行っている弁当や総菜の生産ラインなどの自動化を目指す。(2019/4/26)

野菜から日用品まで、気象データとPOSデータで「本日の売上傾向」予測――日本気象協会が小売向けにサービス開始
日本気象協会は、小売事業向けの商品需要予測サービス「売りドキ!予報」を開始。気象データとPOSデータをAIで解析し、7分野で最大550カテゴリーの商品について気象条件に伴う売上傾向を予測する。関東エリアでサービスを開始し、夏には全国に展開する。(2019/4/24)

auの「三太郎の日」、5月はローソンの商品をプレゼント au PAYでの特典も
KDDIが、4月22日に「三太郎の日」の特典について発表した。5月はauスマートパスプレミアム会員へ、ローソンの「手巻おにぎり シーチキンマヨネーズ」「Lチキ(旨塩・旨辛)」「鶏から 他カップ惣菜」がもらえる特典を提供する。6月もauスマートパスプレミアム会員へのプレゼントを予定。(2019/4/22)

チーズ味の新作:
ファミマがフラッペのCMに香取慎吾を起用 惣菜や焼き鳥に続く貢献ができるか
ファミリーマートはフラッペシリーズの新商品を発売する。イメージキャラクターに香取慎吾さんを起用する。惣菜や焼き鳥に続いて売り上げ増に貢献できるか。(2019/4/18)

インスタやってないけどインスタ映え狙った「休日朝食の作り方」動画 独特のセンスに「好き」「笑った」の声
インスタ映えする朝食を観たはずなのにコンビニに行きたくなるのはなぜだろう。(2019/4/14)

丸亀製麺の30分飲み放題はホントに「すべてのせんべろを過去にした」のか? 聞いて飲んでわかったヒットの秘訣
30分でイクところまでイケる。(2019/4/16)

増産決定:
売り切れ続出! “沖縄限定”98円天ぷら、ファミマで完売状態
沖縄ファミリーマートは2日から、県内の5店舗限定で、人気総菜店「上間弁当天ぷら店」を運営する上間フードアンドライフの天ぷらを、試験的に販売している。揚げたての天ぷらが手軽に味わえると人気で……。(2019/4/8)

使うと得するコンビニアプリ セブン/ファミマ/ローソンの大手3社を比較
日常的に利用するコンビニエンスストアだが、公式アプリの存在をご存じだろうか。コンビニの場所や新商品やお得なクーポンなど、便利な情報をいち早く入手できる。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのアプリを紹介する。(2019/3/17)

冷めたピザを親の仇より憎むあなたに 最後まで熱々で食べられる神のプレートが登場
冷めた食べ物。それは人類の発展に貢献してきた「火」に対する冒涜である。(2019/2/26)

発売エリアは順次拡大:
「新しい地図」とファミマがコラボ イベントで配るチーズケーキを商品化
人気グループ「新しい地図」とファミマがコラボする。初めてのファン向けイベントで配布するチーズケーキを商品化した。発売エリアは順次拡大していく。(2019/2/18)

住人気分で飲む
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/1/22)

ムーミン日記:
「うちに突然ムーミンがやって来た」から3カ月。ムーミンのいる暮らしって、どうですか?
ムーミン、うちにも来てほしい。(2019/1/20)

驚きの結果:
恵方巻の廃棄率は? イオンの担当者に聞いてみた
コンビニやスーパーで恵方巻商戦が本格化している。イオンリテールでは恵方巻の販売量が右肩上がりで増えている。近年、食品ロスの観点から批判されている恵方巻の廃棄率はどのくらいなのだろうか。(2019/1/7)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
日清と激突? セブンの冷凍カップチャーハンが起こした“革命”と“カップご飯戦争”
セブン‐イレブンがカップに入った冷凍チャーハンと冷凍ピラフを発売して大きな反響を呼んでいる。同商品を生んだ背景にある冷凍チャーハンメーカー“3強”の存在と、日清が先行している“カップご飯”について考察してみよう。(2018/12/18)

店頭では「なし崩し」で据え置きも……:
消費増税、コンビニや酒屋のちょい飲みに混乱? 軽減税率でイートイン狂騒曲
2019年10月に導入される軽減税率が波紋を呼んでいる。コンビニやスーパーのイートインの扱いが焦点。酒販店の角打ちコーナーも外食扱いで混乱を懸念。(2018/12/14)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。