ニュース
» 2016年01月08日 20時29分 UPDATE

チューナー数で選べるビエラのシンプルモデル「D320/D300」

パナソニックから液晶テレビ“VIERA”(ビエラ)のシンプルモデル2シリーズが登場。録画機能を搭載しており、裏番組録画対応モデルも用意した。

[ITmedia]

 パナソニックは1月8日、液晶テレビ“VIERA”(ビエラ)の新製品として、シンプルモデルに位置付けられる「D320/D300」シリーズを発表した。いずれも1月22日に発売する。価格はオープンプライス。

ts_simpleviera02.jpg D320シリーズ

 D320は、32V型と24V型の2サイズ。D300は24V型、32V型に加え、43V型と49V型もラインアップしており、「シンプルでも大画面テレビがほしい」というニーズに応える。また両シリーズとも32V型以上にはIPS液晶パネルを搭載。32V型以下は1366×768ピクセルのWXGAだが、43V型以上はフルHDとなっている。

ts_simpleviera01.jpg D300シリーズ

 両シリーズの主な違いは、デジタルチューナーの数だ。D320はダブルチューナーのため、USB接続の外付けHDD(別売)を用意すれば、視聴中の裏番組録画が可能。一方のD300シリーズは留守録となる。

 いずれも無線LANを内蔵し、DLNA機能の「お部屋ジャンプリンク」をサポート。別の部屋ににあるディーガやビエラ(サーバ機能搭載モデル)の録画番組をネットワーク経由で再生することができる。

 HDMI入力はは2系統。うち1系統はARC(オーディオリターンチャンネル)に対応している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.