インタビュー
» 2016年03月08日 06時00分 UPDATE

女子はこう楽しんでいた:なぜ「おそ松さん」はTwitterで祭になる? 月曜深夜にトレンド入り連発のワケ (1/5)

ぴったり6人集まった「おそ松女子座談会」。今回は、おそ松さんにハマった理由などを聞きました。

[ちぷたそ,ITmedia]
座談会 6人の「おそ松女子座談会」

 人気アニメ「おそ松さん」にハマった6人の女子がその魅力を語り尽くした「おそ松女子座談会」。

 お酒を飲みながら3時間にもわたった座談会では、6つ子の見分け方や、おそ松さんにハマった理由、ファンの実態などさまざまな話題について語り合いました。

参加者 座談会参加者。6人中3人が各キャラクターを意識した“松パーカー”を着用。高城さんはカラ松のトレードマーク・サングラスも持参してくれました

「おそ松女子座談会」参加者(推し松順)

  • 名前(推し松/自身のオタク属性/Twiiter ID)
  • なおさん(松野家箱押し/腐女子・声優オタク/@70mtt2
  • 高城歩さん(次男・カラ松推し/自意識ライジング腐女子(本人談)・コスプレイヤー/@maccha_iri
  • 翼さん(三男・チョロ松推し/腐女子・コスプレイヤー/@hayakawaDQ
  • qeeree(きーりー)さん(四男・一松推し/軽度のアニメ好き・重度の音楽好き/@qeeree
  • いずみさん(五男・十四松推し/腐女子)
  • ちぷたそ【筆者】(六男・トド松推し/オタク/サブカルクソ野郎/@chip_potekko

 前回は、参加者イチオシの“推し松”紹介や、6つ子の見分け方、同じ顔でなぜ人気格差が生じるのか? といった疑問に答えました。今回は、「なぜここまでおそ松さんにハマってしまったのか?」という自己分析から、おそ松さんが放送されるたびにTwitterで祭になる理由や、おそ松さんファンがしばしばネットでたたかれる理由など、多岐にわたる内容を議論しました。

おそ松女子座談会(全3回予定)の概要

第1回(関連記事

  • 推し松と自己紹介
  • 私はこうして6つ子を見分けた
  • 同じ顔で人気格差が生じる理由
  • おそ松さんは関係性萌え

第2回(本記事)

  • 私がおそ松沼にハマったワケ
  • おそ松さんがTwitterで祭りになる理由
  • おそ松さんはスピードラーニング
  • 二次創作が供給過多
  • 旬ジャンルの闇

第3回(予定)

  • 「いろんな沼からこんにちは」おそ松クラスタの実態
  • 松パーカで池袋がカラーギャング状態
  • おそ松クラスタは鳩(ハト)
  • ファンの語彙力を奪う公式の破壊力
  • おそ松さんは概念

 「私はハマらないと思っていた」「むしろ、最初はマイナス印象からのスタートだった」と口をそろえて語る彼女たちは、どういった経緯でおそ松さんにハマっていったのか。また、ファンがおそ松さんをどうやって楽しんでいるかの一連のサイクルも、私ちぷたそが図解で解説しています。何このサイクル怖い! と思わずに、ぜひ1度お試しを。

おそ松さん 「おそ松さん」©赤塚不二夫/おそ松さん製作委員会(公式サイトより)
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.