連載
» 2016年03月27日 06時00分 UPDATE

ワイシャツとカッターシャツ、違いはあるの?

[ITmedia]

 「地方によってなぜ呼び名が違うの?」「関東と関西、違う呼び名でも中身は一緒?」そんな日本の言葉を1日1つずつ紹介していく「意外と知らない日本の雑学」

 仕事に行くとき、スーツを着るビジネスマンも多いと思います。背広の下に着るシャツですが、関東と関西では異なる呼び方をします。

ms_G22.jpg

 背広の下に着るシャツ、関東は「ワイシャツ」、関西では「カッターシャツ」と呼び方が違います。

 ワイシャツはもともと「ホワイトシャツ」が、英語の発音上「ホワイト」ではなく「ワイ」という聴こえ方をしたため、日本でワイシャツと呼ばれるようになりました。カッターシャツは大阪を本社とするスポーツブランドのミズノが発売した「カッターシャツ」が広まり浸透していったと言われています。

 社会人が背広の下に着るものは「ワイシャツ」、学生が学生服の下に着るものは「カッターシャツ」と呼び分けたり、カッターシャツは「ワイシャツの中でも襟とカフスの取り外しができないもの」と独自の呼び名分けを行う地域もありましたが、現在はしっかり区別している人は少ないようです。

nihon_zatugaku_img.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう

アクセストップ10

2017年06月22日 更新
  1. 今もっともコスパの高い4K液晶テレビかもしれない――バズーカ搭載、地デジもきれいな“レグザ”「BZ710X」 (2017年06月22日)
  2. ピコ太郎さんナゾソングの正体はこれだった! 「レイトン教授」世界10カ国でリアルナゾ解き企画を開催 (2017年06月20日)
  3. ポケモンGOアプリがアップデート、レイドバトルの準備が進む 手持ちのポケモンがデカくなるバグも (2017年06月21日)
  4. 「toio」をきっかけにソニーも変わる? 体感型おもちゃが示す本当の価値 (2017年06月21日)
  5. 大人の女性にうれしいスマートウォッチ! 小さく軽くなったソニーの「ウェナリスト」――スワロフスキーをあしらったモデルも (2017年06月21日)
  6. ポケモンGOにレイドバトル実装、協力して強大なボスポケモンを倒せ! ジムにも新要素、「わざマシン」など新アイテムも続々 (2017年06月20日)
  7. ヘッドフォンみたいな扇風機「ヘッドホンなクーラー」、サンコーから (2017年06月20日)
  8. 人についてくる赤外線ヘリコプター「フォロミーヘリカル」 (2017年06月20日)
  9. AI技術がテレビの画質を上げる! 東芝レグザの「AI機械学習HDR復元」とは (2017年06月19日)
  10. 転んでも自分で起き上がるカメラ付きホームロボット「アボットライリー」 (2017年06月21日)