連載
» 2016年03月30日 06時00分 UPDATE

蚊に「刺された?」「かまれた?」混在している理由

[ITmedia]

 「地方によってなぜ呼び名が違うの?」「関東と関西、違う呼び名でも中身は一緒?」そんな日本の言葉を1日1つずつ紹介していく「意外と知らない日本の雑学」

 蚊に血を吸われたら、かゆくてつらいですよね。そんな蚊に血を吸われたときの言い方が、関東と関西で違うのをご存じでしょうか。

ms_G19.jpg

 関東では「蚊に刺された」、関西では「蚊にかまれた」と表現します。しかし、全国的に最も多く使用されているのは「蚊に食われた」で、こちらは東北地方や東日本を中心として全国に広まっています。

 関東や関西にフォーカスを当てると約3割〜5割は「食われた」と表現しており、「かまれた」は近畿地方と四国中心、関東地方では残り半数程度が「刺された」と表現するとのこと。あなたの地域ではどの表現を用いていますか?

nihon_zatugaku_img.jpg

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.