インタビュー
» 2016年04月03日 06時00分 UPDATE

「プリパラ」はリカちゃんへのカウンター 大ヒット女児ゲームの突き抜け方 (1/4)

人気女児ゲーム「プリパラ」はなぜ人気なのか? 生みの親である大庭氏が語る。

[村上万純,ITmedia]

→・女児の「嫌い」を徹底調査 「アイカツ!」成功の裏側をキーマンが語る

→・アイカツおじさんに聞いた! 大人が女児向けゲームにハマる理由

 今、幼稚園児から20代を中心とする大人まで幅広い世代で人気を集める女児向けアーケードゲームがある。

 それが、1度見ると忘れられない個性的なキャラクターが活躍するプリパラだ。2014年7月にゲームの稼働とアニメ放送をスタートし、ゲームの累計登録者数が240万人を突破するなど好調だ。

 玩具、CD、フィギュアなどグッズ展開も多彩で、現在放映中の映画「プリパラ み〜んなのあこがれ レッツゴー プリパリ」も、大人が集まる応援上映(コール・声援OK、サイリウムOK、コスプレOKの上映会)は、都内では連日満席に近い状態が続くなど盛り上がりを見せている。

プリパリ 映画「プリパラ み〜んなのあこがれ レッツゴー プリパリ」©T-ARTS/syn Sophia/映画プリパラ製作委員会

 前作「プリティーリズム」(以下、プリリズ)から4年がたち、今プリパラがヒットした理由は何だったのか。

 プリパラの生みの親である、タカラトミーアーツ アミューズメント事業部プロデュース課アソシエイトマネージャーの大庭晋一郎氏に話を聞いた。4月から稼働する新筐体や新アイテムの情報も紹介していく。

大庭氏 タカラトミーアーツ アミューズメント事業部プロデュース課アソシエイトマネージャーの大庭晋一郎氏

「プリパラ」インタビューのハイライト

  • あえてターゲット層を下げた理由
  • 前作「プリティーリズム」は、土台であると同時に否定する対象
  • ヒットの秘密は「トモチケをパキる」こと
  • プリパラ流のキャラ立ち術
  • プリパラは「寅さんみたいなもの」
  • プリパラは「若草物語」の理論
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう