ニュース
» 2016年04月25日 17時20分 UPDATE

ソニー、DSD再生と4K/HDR対応を進めたAVアンプ2機種を発売

ソニーからAVアンプ2機種が登場! DSD 5.6MHzまでのネイティブ再生に対応したほか、4K/HDRコンテンツ再生に備えてHDMI入出力を強化している。

[フォレスト・ヒーロー,ITmedia]

 ソニーは4月25日、AVアンプの新製品として「STR-DN1070」および「STR-DH770」を発表した。HDMI入力の4K/HDR対応を進めたミドルレンジ&エントリー機。価格は「STR-DN1070」が7万2000円(いずれも税別)で6月18日に発売予定。「STR-DH770」は4万円で5月21日発売だ。

hm_so02.jpg AVアンプ「STR-DN1070」。本体カラーはブラックのみ
hm_so01.jpg 前面
hm_so07.jpg 背面

 「STR-DN1070」は、「SDR-DN1060」の後継となる7.1ch対応機。DACチップを変更し、最大192kHz/24bitのPCM音源およびDSD 5.6MHzまでのネイティブ再生を可能にしたほか、ソニー製AVアンプの特徴といえるハイレゾ音源のマルチチャンネル対応も進化。DSDは最大5.1ch、WAVは7.1ch、FLACは5.1chまでサポートする。アンプ部の最大出力は165W(6Ω時)。

hm_so04.jpg 新規に開発した独自の表面実装抵抗「ファインサウンドレジスター」を採用。電極に純銅を採用したオーディオ用部材だ

 「ワイヤレスサラウンド機能」も新しい。これは、対応するBlueoothスピーカー2台(別売)をサラウンド再生時のリアスピーカーとして利用できるというもの。新しい同社製アプリ「SongPal Link」との連携で可能になった。もちろん従来からのマルチルーム再生機能もサポートしている。

 このほか、フロントスピーカーだけでも臨場感豊かなサラウンド音場を再現する「S-Force PROフロントサラウンド」、LDACもサポートしたBluetoothによるワイヤレス再生にも対応している。

hm_so03.jpg S-Force PROフロントサラウンドのイメージ

 HDMI入力は6系統、出力は2系統を装備。すべてのHDMI入出力が4K/60p伝送と最新の著作権保護技術であるHDCP 2.2に準拠する。その他の映像出力はコンポジット×1、映像入力はコンポジット×2。音声出力はサブウーファー×2、ヘッドフォン×1、音声入力は光デジタル×1、同軸デジタル×1、アナログ音声×4、USB×1となっている。

 本体サイズは430(幅)×329.4(奥行き)×172(高さ)ミリ。重量は約10.4キログラム。

「STR-DH770」

 「STR-DH770」は、普及価格帯の7.1ch対応機だ。上位モデル「STR-DN1070」と同様、HDCP 2.2準拠、4K/60p(4:4:4)パススルーなど、Ultra HD Blu-ray時代に求められるスペックを満たした。HDMI入力は4系統、出力は1系統。また「S-Force PROフロントサラウンド」も搭載しているが、ワイヤレスサラウンド機能などは対応していない。

hm_so06.jpg 「STR-DH770」
hm_so08.jpg 背面

 

 本体サイズは430(幅)×329.4(奥行き)×156(高さ)ミリ。重量は約7.8キログラム。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう