インタビュー
» 2016年08月17日 06時00分 UPDATE

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:スティック掃除機の“当たり年”に飛び出した注目製品――パナソニック「イット」の秘密 (1/3)

スティック掃除機の“iT革命”は、三洋電機の技術がベースだった? そして“銃”にもみえるデザインに込められた思いとは。 パナソニック“iT”(イット)の商品企画とデザイン担当者に詳しい話を聞いた。

[滝田勝紀,ITmedia]

 今年は各メーカーが発表するコードレススティック掃除機が軒並み“当たり”で、発表会などに参加するたびに各メーカーの底力を思い知らされている。その中で最も興味をひかれたのが、本体を半回転させることでノズルを“I字型”に切り替え、家具と壁のすき間を掃除できるパナソニックの“iT”(イット)だった。

パナソニックの“iT”「MC-BU500J」。カラーは「シルバーブラック」「レッドブラック」「ブロンズブラウン」の3色。価格はオープンだが、店頭では8万円台半ばで販売されている

 パナソニックは、スティック掃除機の分野では国内メーカーの中でも最後発であり、前モデル「MC-BU110J」はデザインはエレガントながらノズルがやや大きく、取り回しが悪かったため個人的にはあまり評価していなかった。しかし、それからおよそ1年半、デザインと使い勝手の両面で驚くほどブラッシュアップされた“iT”「MC-BU500J」が誕生した。今回は、同社商品企画部の北口和美氏と、デザイン担当の山本侑樹氏に開発の経緯やデザインのポイントなどについて聞いた。

商品企画を担当した北口和美氏
デザイン担当の山本侑樹氏。銃みたいでカッコいいとネットで話題になった“iT”を手がけた

三洋電機の技術を継承した“iT”

 コードレススティック掃除機“iT”の名前の由来は、本体に対してノズルを“I字型”にも“T字型”にも片手で切り替えられること。まるで一筆書きのように部屋中を掃除できることを実現した「くるっとパワーノズル」が最大のポイントだと北口氏は話す。

T字型(左)とI字型(右)

 これを実現するため、技術開発のベースに利用したのが、三洋電機のキャニスター式掃除機“airsis”(エアシス)に採用されていた「逆立ちパワーノズル」だった。

「コードレススティック掃除機は、手に取ってサッと使えることが絶対であり、命です。でも、付属のアタッチメントなどを使うと、それだけで動作を止めることになります。これをなんとかしたかった」(北口氏)

2007年に発売された三洋電機“airsis”(エアシス)「SC-XD1」の「逆立ちパワーノズル」。I字型にしてすき間を掃除できるほか、ブラシにウェットシートを装着して“ふき掃除”も可能な多機能機だった
airsis”(エアシス)は後にパナソニックブランドでも販売された

 パナソニックにはキャニスター式掃除機に使われる「親子ノズル」があったが、足でポンっと取り外すことができても、やはり動きを止めてしまうことは変わらない。そこで三洋電機が持っていた技術をブラッシュアップする方向で開発することに決めたという。「“隅やすき間を逆立ちで一発!”というのが、元々のキャッチフレーズだったということも決め手になったかもしれません。ただ、それをよりスマートにするために、今回、設計やデザインがかなり頑張ってくれました」(北口氏)

 デザイナーの山本氏によると、コードレススティック掃除機“iT”をデザインする最初の段階から、ノズルの付け替えはなしで、床もすき間も掃除できるものにするというのは決定事項だったという。

「ただ、三洋電機の『逆立ちパワーノズル』を使った掃除機は、ハンドルが左右両方に付いていました。見た目には分かりやすく、確かに両手を使えば回転はさせやすかったのですが、持っている手を持ち替えることで、どうしても流れが止まってしまいます。つまり、このままでは“一筆書き”のコンセプトを実現できません」(山本氏)

「SC-XD1」(2007年発売)の取扱説明書には、2つのハンドルを使ってノズルを半回転させるように書かれている

 まるで一筆書きのように掃除をもっと気軽にできるようにしたい。しかも部屋に“出しっ放し”にしたくなるよう、スリムでシンプルにデザインすることが不可欠だったと山本氏は話す。「ハンドルのボリュームを抑えつつ、使いやすくするために、ハンドルを“L”字型にデザインしました。ハンドルのデザインが1つの大きなポイントで、片手でノズルを切り替えるために、モーターやバッテリーの配置も考慮し、スムーズに回せることも考慮しています」(山本氏)

 ノズルを片手で“T字型”から“I字型”へと変えることができて、かつ“I字型”ですき間を掃除するときも、無理なく、使いやすさは維持しなければならない。そのために重要なのがハンドルの角度だったという。

L字型にデザインしたハンドル部。あえて30度の角度をつけている

「ハンドルは垂直ではなく、あえて30度の角度をつけました。これにより回転させ、“I字型”にした後でも手首に大きな負担なく、掃除をし続けることができます。もちろんこれがパーフェクトとはいえませんが、すき間を掃除する時間や面積は、通常の床面と比べて少ないですから、現段階ではこれが最良だと自負しています」

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう