メディア

ITmedia

滝田勝紀

滝田勝紀がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

2016年も数多くの新製品が発表された白物家電市場。今年はどちらかといえば“マイナーチェンジの年”だったが、中にはキラリと光るものも。2016年のスゴイ白物家電を5つピックアップして振り返りたい。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

一般的には、白米に比べて美味しく炊くのが難しいといわれる玄米。しかし、三菱電機の最新ジャー炊飯器「本炭釜 KAMADO」は、一般社団法人 高機能玄米協会お墨付きの“玄米を美味しく炊ける”モードを搭載している。今回は、その技術にフォーカスした。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

水を「プシャ!」と噴出して、床にこびりついた汚れを、洗剤入りのパッドをこすりつけてきれいにする床ふきロボット「ブラーバ ジェット240」。開発責任者である米iRobotのCOOクリスチャン・セルダ氏に、本体の内部構造や動作の仕組み、パッドの秘密まで細かく聞いた。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

「ジメジメとした梅雨時は布団にダニが繁殖する」など、ダニ対策についての記事や情報番組などを多く目にするこの時期。しかし、われわれはダニについて意外と知らない。今回は長年ダニを研究している環境アレルゲン info and care代表の白井秀治さんにお話を伺った。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

シャープの「ヘルシオ グリーンプレッソ」は、葉物野菜で作る“青汁”にフォーカスしたスロージューサー。低速圧縮絞りのメリットを生かしつつ、絞りカスの詰まりを抑える工夫によって青汁を手軽に作れるようにした。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

ソニーといえば、オーディオ・ビジュアル製品が中心の“クロモノ家電”メーカーだが、最近はシロモノ家電的にも注目したい動きを見せている。それが「マルチファンクションライト」であり、「Life Space UX」の「LED電球スピーカー」や「グラスサウンドスピーカー」だ。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

3月にドイツのフランクフルトで開催された照明と住宅設備の展示会「Light+Building」では、最先端のLED照明を見ることができた。今回は最も大きなブースを構えていたフィリップスを例に、IoTを活用した最先端の照明の世界をのぞいてみよう。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

パナソニックには「ライスレディ」と呼ばれる女性達がいる。新しい炊飯器で全国のお米を炊き、自らの鋭い味覚で完成度を判断する専門家集団だ。炊くお米の量は、1つの新製品につき約3トン。毎日、1人がお茶碗7杯は試食するという。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

Miele(ミーレ)は昨年、オーブンなどのビルトイン調理機器をフルモデルチェンジして「Generation 6000シリーズ」を完成させた。無駄をそぎ落としたシンプルなデザインが目をひく一方、新しい提案も多く盛り込まれている。チーフ・デザイナーのイェンス・コイネケ氏に詳しい話を聞いた。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

今回の本連載はいつものインタビューから趣向を変え、花粉症歴約30年のベテラン(?)である筆者が、家電での効果的な花粉対策を伝授。ここに挙げる7つの対策をしっかりと実行すれば、家の中限定ではあるが花粉症の悩みや症状が半減するはずだ。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

ダイソンのロボット掃除機「ダイソン 360 Eye」(スリーシックスティアイ)。昨年9月の製品発表から1年あまりの期間を経て、ようやく発売されたことになるが、一体どこが変わったのか。また先行する競合製品に対する強みとは?

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

ドイツの家電ブランド「BRAUN」(ブラウン)。シェーバーや電動歯ブラシでおなじみだが、そのデザイン性の高さも有名だ。ドイツ・クロンベルグにある「ブラウンコレクション」を訪ね、「家電デザインのルーツ」と呼ばれる秘密を探った。

()

IFA 2015:

肌にやさしいスマートシェーバー、会話がはずむ未来の食卓、有名人の化粧方法を教えてくれるパウダールーム、スマート炊飯器など。白物家電メーカーのブースでは、近未来の生活が垣間見える。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

かまどで炊くごはんを目指した羽釜が高級炊飯器のトレンドになっている。2010年から「極め羽釜シリーズ」を展開している象印マホービンに対し、今年は東芝と三菱電機も相次いで採用。それぞれの担当者に特徴と目指した味を聞いた。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

昨年、発表されたバルミューダの扇風機「GreenFan Japan」。製品については、同社寺尾玄社長のインタビューととも紹介したが、今回はそのときに触れた“made in Japan”の心臓部である製造工場へ潜入。扇風機がどのように作られているのかリポートしよう。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

三菱電機が14年ぶりに扇風機の新製品を発表した。その開発設計に携わったのが、同社内でさまざまな風製品の開発に関わり、“風の中津川”の異名を持つ中津川製作所。風の本質を知り尽くす製作所が見つめ直したDC扇風機「SEASONS」のスゴいところとは?

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

扇風機や空気清浄機など空調家電を進化させてきたバルミューダ。今度は“Hello kitchen!”を合い言葉に、調理家電を手がけるという。その第1弾が5月27日に発表された「BALMUDA The Toaster」だ。そのスゴい技術について、バルミューダの寺尾玄社長に聞いた。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

パナソニックの創風機「Q」。メーカーカタログにも、“What is this?”と書かれているように、球形のユニークなフォルムに目がいく。そんな形状はどうやって産み出されたのだろうか? 同製品開発担当の吉田哲也氏に詳しい話を聞いた。

()

滝田勝紀の「白物家電スゴイ技術」:

ランダムタイプか、マッピングタイプか――最近、ロボット掃除機の動きを2つに分類する風潮もあるが、実はルンバはどちらにも該当しない。危険を素早く回避し、あくまでも掃除という目的を遂行するルンバの人工知能について、国内総代理店の技術担当者に話を聞いた。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

「Dyson Pure Cool」(ダイソン ピュア クール)は、空気清浄機が抱える課題や弱点をイノベーションで解決したという空気清浄機能付き扇風機だ。その機能とパフォーマンスについて、来日した担当エンジニアに詳しい話を聞いた。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

いよいよパナソニック初のロボット掃除機「ルーロ」が3月20日に発売された。筆者が初めて実機を見せてもらったのは昨年12月のこと。その時、“三角形”という見慣れない形だったことはもちろん、ロボット掃除機としての完成度があまりにも高かったので衝撃を受けた。

()

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:

一見、整髪料の缶にしか見えない「コトン」。ハイアールアジアが発表したユニークなモバイルアイテムは、本当に洗濯機といえる効果があるのだろうか。その仕組みと効果について詳しい話を聞いた。

()