ニュース
» 2016年09月21日 23時20分 UPDATE

バランス駆動対応モデルも:バイオリン製作と同じコンセプト――ハイブリッド構造のウッドハウジングを採用したヘッドフォン、GRADO「GS2000e」登場

ナイコムは、GRADO Labs.のヘッドフォン新製品「GS2000e」を9月30日に発売する。同社ステートメントシリーズの新しいフラグシップ。4ピンXLRを採用したバランス駆動対応モデルも用意した。

[ITmedia]

 ナイコムは9月21日、米GRADO Labs.のヘッドフォン新製品「GS2000e」を発表した。同社ステートメントシリーズのフラグシップモデル。価格は14万7000円(税別)で、9月30日に発売する予定だ。また4ピンXLRを採用したバランス駆動対応モデル「GS2000e-balanced」(17万4700円)もラインアップした。

「GS2000e」。重量は約260g

 開放型のウッドハウジングは、外側にマホガニー、内側にメープルを使用したハイブリッド構造。バイオリン製作と同じコンセプトで開発されたもので、製造はすべて手作業になるという。ドライバーは新規開発の50mm径。再生周波数帯域は4〜5万1000Hz、インピーダンスは32Ω。

4ピンXLR端子を採用

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう