ニュース
» 2017年02月06日 16時03分 UPDATE

間接照明にもなる“創風機”「Q」

扇風機やサーキュレーターとして使える球形の送風機「Q」にLEDライトを搭載した新製品が登場。青やオレンジに光り、空間を演出するという。

[ITmedia]

 パナソニックは、“創風機”「Q」(キュー)の新製品として、LEDを搭載して光による空間演出が行える「F-BP25T」を発表した。4月20日に発売する予定で、「クリスタルレッド」「パールホワイト」「シャンパンゴールド」の3色をラインアップ。実売想定価格は5万円前後(オープンプライス)の見込み。

「F-BP25T」は「クリスタルレッド」「パールホワイト」「シャンパンゴールド」の3色。本体サイズは250×250×336mm

 「Q」は、DCモーターで風を送り出す際、独自構造によって空気の“誘引”(ゆういん)を起こし、吸気口から吸い込んだ空気の約7倍の風量を作り出す送風機だ。球状の先進的な外観に加え、扇風機と直進的な空気の流れを作るサーキュレーターの1台2役となる機能性が特徴。360度回転する首振りスタンドが付属する。

 新製品では、誘引吹出口の奥に青やオレンジに光る(切替式)LED光源を内蔵。風を送りながらフットランプや間接照明として室内をより豊かに演出できるという。例えば夏の暑い夜は涼しげな青、冬場にサーキュレーターとして使うときはオレンジと季節による使い分けが可能だ。ただし、送風せずにLEDだけ点灯させることはできない。

オレンジに光らせて間接照明に
青い照明は涼しげ
操作ボタン。タイマーボタンの長押しでLEDライトの色を変更する

 また、360度回転台が付属しないシンプルモデル「F-BP25Z」も同時にリリースした。こちらも「クリスタルレッド」「パールホワイト」「シャンパンゴールド」の3色をラインアップしており、それぞれ実売4万円前後になる見込み。別売オプションの360度回転台(2万円前後)を組み合わせると上位機との機能差はなくなるが、総額は「F-BP25T」を購入するより割高になる。

関連キーワード

パナソニック | 扇風機 | LED | 照明 | DCモータ


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう