ニュース
» 2017年02月22日 23時37分 UPDATE

重低音を増幅する“ブースター”搭載、スマホで操作できるソニーの新「EXTRA BASS」シリーズ

ソニーは、ノイズキャンセリング機能搭載のBluetoothヘッドフォン「MDR-XB950N1」など6機種を発表した。このうち3機種は重低音モデルの「EXTRA BASS」シリーズだ。

[ITmedia]

 ソニーは、迫力のある重低音を楽しめるBluetoothヘッドフォン「MDR-XB950N1」など6機種を発表した。価格はすべてオープンプライス。3月11日に発売する。

「MDR-XB950N1」
amazon

 「EXTRA BASS」シリーズのMDR-XB950N1は、デジタル信号処理と内蔵アンプで重低音を増幅させる「エレクトロ・ベース・ブースター」およびノイズキャンセリング機能を搭載。専用アプリ「Sony Headphones Connect」で重低音の量感を調整することができる。

 またアプリではアリーナやクラブといった4つのサウンドエフェクトを切替可能。ノイズキャンセリング機能と合わせ、「クラブフロアにいるようなグルーブ感に存分に浸れる」(同社)という。

 内蔵バッテリーによる連続再生時間は約22時間(Bluetooth、NC使用時、ベースエフェクトはオフ)。カラーはグリーンとブラックの2色で、実売想定価格は2万7000円前後。

「EXTRA BASS」シリーズの「MDR-XB650BT」は、重低音のリズムを正確に再現するという「ベース・ブースター」を搭載したモデル。内蔵バッテリーで最大約30時間の連続再生が可能だ。実売1万7000円前後
amazon
「EXTRA BASS」シリーズの「MDR-XB550AP」は、ベース・ブースターを搭載した有線接続モデル。ブラック、グレイッシュホワイト、ブルー、レッド、グリーンの5色をラインアップ。実売6000円前後
amazon
IPX5/7相当の防水性能を持つスポーツ向けのカナル型イヤフォン「MDR-XB510AS」。実売6000円前後
amazon
耳の形状に合わせてサイズ調整できる「アジャスタブルイヤーループ機構」を採用した「MDR-AS410AP」。実売4000円前後
amazon
耳にフィットする「ループハンガー機構」を採用した「MDR-AS210」。実売2000円前後
amazon

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう