レビュー
» 2017年06月08日 06時00分 UPDATE

ミラーレスならではの軽快さ、キヤノン「EOS M6」 (1/4)

[荻窪圭,ITmedia]
外付けEVFを装着したEOS M6
amazon

 EOS M6は、キヤノンのミドルクラスのミラーレス一眼である。

 APS-Cサイズのセンサーを持ちながらボディはコンパクトで価格も手頃。

 ミラーレス一眼をメインとする各社がハイエンドクラスの性能をガンガン上げてきている中、キヤノンは一眼レフのサブ機として使えるミドルクラスをメインに展開し、ユーザーを獲得してきた。

 M6はその中核をなす、ミラーレス一眼らしさを存分に発揮する製品といっていい。

 一眼レフに比べてコンパクトで、背面モニターを使った撮影を存分に楽しめるし(自撮りにも対応)、しっかり構えて撮りたい人には外付けEVFも用意されている。幅広くレンズ交換式カメラを楽しめるのが特徴だ。

EOS M6はEOS M5と比べてどうなの?

 EOS MシリーズはM、M2、M3、M5とどんどん性能を上げてきた。じゃあEOS M6は「EOS M5」の上位機か、というと実は全然違う。

 内容としては、“EOS M5ライト”といった方がいい。立ち位置的に“EOS M3 mkII”でもいいかも、と思う。

 中身はほぼEOS M5だ。EOS Mシリーズの弱点だったAF回りをデュアルピクセルCMOSセンサーで改善し、全体にレベルアップしたEOS Mの普及機的な位置付けである。

 デュアルピクセルCMOSセンサーによってAFは速くなり(ただし、他社のフラッグシップミラーレス機に比べるとやや物足りないが)、連写も約9コマ/秒とEOS M5と同じ。

 映像エンジンも「DIGIC 7」を搭載している。

 ただ、EVFを外付けにしたことでカメラとしての味付けは大きく変化した。

 ファインダーを覗いて本格的に撮りたいミラーレスがEOS M5なら、ミラーレスならではの機動力を生かして軽快に楽しみたいのがEOS M6だ。

EVFがない分、上面がフラットになり携帯性が上がったM6

 EVFがない分、高さが68mmに抑えられ、重さも約390g(レンズ除く)。バッグへの収納性も高い。

正面から。高さは68mm、幅は112mm。ボディはコンパクトながらマウントの位置も中心に近くてバランスがよい。グリップやシャッターボタンもよくデザインされていて握りやすい

 背面モニターは従来のEOS M同様チルト式で、3.0型とM5よりちょっとだけ小さい。もちろんタッチパネル対応だ。

背面モニターはチルト式。ヒンジは2つついており、ハイアングル撮影用のチルトにも対応する

 ファインダーの出っ張りがないぶん、モニターは180度回転対応。エントリー向けのミラーレス機に欠かせない自撮り対応になった。

EOS M6で自撮りしているの図

 で、自撮りしたときの写真がこちら。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう