ニュース
» 2017年11月18日 09時00分 公開

後ろ姿でも人を追う――機械学習を活用したミラーレス一眼「G9 PRO」

パナソニックが「静止画フラグシップ」をうたう新しいミラーレス一眼「G9 PRO」にAI技術を導入。「人体認識」により、従来は難しかった「横を向いている人」や「人の後ろ姿」も追いかけることが可能になる。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 パナソニックが2018年1月に発売するミラーレス一眼「G9 PRO」(型番:DC-G9)は、本気でプロカメラマンの市場を目指した意欲作だ。超高速撮影や耐久性に力を入れるとともに、AI(人工知能)技術の1つであるディープラーニングを用いた「人体認識」など新しいアプローチも加えた。

LUMIXの「G9 PRO」(型番:DC-G9)は、2018年1月25日に発売予定。価格はオープンプライス(参考価格はボディ単体の21万円前後から)

 人体認識は、「顔・瞳AF」(オートフォーカス)の進化形。従来の顔認識技術では対応が難しい、「横を向いている人」や「人の後ろ姿」でも人を捉え続け、シャッターチャンスを待つための技術だ。例えばスポーツカメラマンがフィールド上の選手を追いかけるといった場面で効果を発揮する。

「人体認識」の概要

 パナソニックは、数万件に上る人の画像を集め、それぞれに情報を付加してディープラーニングを行った。これを元に“人の形”を認識するアルゴリズムを開発してG9 PROに実装。画像処理エンジン「ヴィーナスエンジン」に統合されたDSP(デジタルシグナルプロセッサー)が毎秒12コマで人の形を認識する。フレーム内に複数の人を検知した場合は撮影者が選択できる。

技術展示。G9 PROはサッカーユニフォーム姿の人形を捉えている

 ただし、現状ではいくつかの制約がある。例えば人の上半身は認識するが、下半身だけでは難しい。映像がボケていると認識精度が落ちる。なにより毎秒12コマではスポーツカメラマンの求めるレベルに達していない可能性がある。発表会場ではサッカー撮影を意識した技術展示を行っていたが、担当者は「そこまで激しくないシーンなら活用できる」とするにとどめた。認識速度の向上には処理能力アップが必要になる。

 一方、機械学習を進め活用シーンを広げる考えも示した。「自動車や飛行機、動物など、人以外にも“動くもの”はたくさんある。カメラマンのニーズに応える形で強化していく」

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia LifeStyle に「いいね!」しよう