ITmedia NEWS >
ニュース
» 2018年03月26日 12時26分 公開

4Kレグザが「OK、Google」に対応 スマートスピーカーで操作可能に

東芝の4Kレグザ、X910、Z810X、BZ710X、M510X、C310XシリーズがGoogleアシスタントを搭載するスマートスピーカーに対応する。

[ITmedia]

 東芝映像ソリューションは3月26日、同社の薄型テレビ「REGZA」(レグザ)を、Googleアシスタント搭載のスマートスピーカーに対応させるバージョンアップを開始する。2017年以降に発売された、クラウドサービス「TimeOn」対応の4K対応レグザ「X910」「Z810X」「BZ710X」「M510X」「C310X」シリーズが対象。無料のソフトウェアダウンロードで対応できる。

レグザ 東芝の4KレグザがGoogleアシスタント搭載のスマートスピーカーに対応

 Google Homeなどの音声操作に対応。「Ok Google、レグザを使って1チャンネルが見たい」「Ok Google、レグザを使って音量アップして」などと話しかけると、チャンネル切り替え、音量調整、字幕切り替え、電源のオン/オフなどができる。

 設定には、インターネットに接続したレグザ、セットアップ済みのスマートスピーカー、Google Homeアプリをインストールしたスマートフォンが必要。スマートスピーカーに向かって「レグザにつないで」と話しかけ、Google Homeアプリに表示された「REGZAにリンク」を選ぶと、連携コード入力画面が表示される。

設定 設定方法

 連携コードはレグザ側で表示。テレビリモコンの「みるコレ」を押し、「クラウド設定」→「スマートスピーカー連携設定」→「スマートスピーカー連携」を選ぶと表示される8桁の連携コードをスマホ画面で入力すると、登録が完了する。

 1つのGoogleアカウントで連携・操作できるレグザは1台まで。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.