ニュース
» 2004年09月16日 18時09分 UPDATE

産総研、KNOPPIX3.6日本語版を公開

産総研は9月16日、KNOPPIX日本語版の最新版(knoppix_v3.6_20040816-20040914.iso)を公開した。今回のバージョンでは「FreeNX server」を実装したのが特徴。

[西尾泰三,ITmedia]

 産業技術総合研究所(産総研)は9月16日、KNOPPIX日本語版の最新版(knoppix_v3.6_20040816-20040914.iso)を公開した。

 KNOPPIX V3.6ではLinuxカーネル2.4.27、オプションで2.6.7を搭載しており、両方共にACPIが有効となっている。KDEのバージョンは3.2.3。

 本バージョンの最大の目玉は「FreeNX server」の実装。これは、NoMachine社によってX上に構築されたシンクライアントソリューションで、KDEクライアントと連動し、割り込みの有無にかかわらず信頼性の高いリモート接続を実現する。FreeNXはGPLで提供されている。

FreeNX FreeNXの設定画面

 実際の利用法としては、開発コミュニティが1台のサーバをセットアップしておいて、不特定多数の貢献者がそこに接続して作業する、などの使い方が考えられる。

 NX Serverの起動は、KDEのメニューから[KNOPPIX]-[Services]-[Start NX Server]で起動できる。利用方法については、KNOPPIX Japanese editionのページが詳しい

 このほか、無線LAN card用に、ndiswrapperを追加したほか、細かい修正や変更が加えられている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -