速報
» 2004年11月01日 12時01分 UPDATE

P4 Extreme Editionの新版とともに、1066MHz FSBの925XEチップセット登場

ゲーマーを主ターゲットとするPentium 4 Extreme Editionに3.46GHz版を追加し、新チップセットの925XEも投入。FSBは1GHzを超えた。(IDG)

[IDG Japan]
IDG

 米Intelは11月1日、Pentium 4 Extreme Editionの3.46GHz版と、従来より高速なフロントサイドバス(FSB)に対応した新チップセットの925XEを発表する見通しだ。

 Pentium 4 Extreme Editionは、基本はPentium 4プロセッサと変わらないが、Pentium 4が1MバイトL2キャッシュなのに対し、Extreme Editionは2MバイトのL3キャッシュを搭載する。Intelは、プロセッサの性能を向上させる上で、クロック周波数の引き上げに頼る姿勢から方向転換し、キャッシュの増量とマルチコア化に力を入れている。同社は先に4GHz版のPentium 4を2005年1〜3月期にリリースする計画をキャンセル、Pentium 4のキャッシュを2Mバイトに増やして性能向上を図った上で、2005年末までにデュアルコア化するという計画を明らかにした。

 システムの性能は、新チップセット925XEの1066MHz FSBによっても向上が期待できる。これまでIntelの最速FSBは800MHzだった。

 3.46GHz版Pentium 4 Extreme Editionの価格は999ドル(1000個ロット時)と、ハイエンド版Pentium 4の417ドルと比べて非常に高い。Extreme Editionは、Pentium 4ほど広範な層を狙わず、ゲーマーや先進ユーザーをターゲットに置いている。

 米Dellは、Intelの新プロセッサと新チップセットに対応したゲーマー向けデスクトップPCとして、Dimension XPSの新機種を投入する計画。米Hewlett-Packardと米Gatewayも、搭載マシンを発表する見通しだ。

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -