速報
» 2005年06月22日 20時26分 UPDATE

J:COM、100Mbps接続サービス開始へ

J:COMが最大100Mbpsのネット接続サービスを始める。c.LINK技術を使い、集合住宅の既存同軸ケーブルを使って高速接続が可能だ。

[ITmedia]

 ジュピターテレコム(J:COM)は6月22日、上下最大100Mbpsのインターネット接続サービスを今秋から始めると発表した。同軸ケーブルで高速接続を可能にする「c.LINK」技術を採用し、集合住宅向けに販売する。

 サービス名は「J:COM NET 光」。集合住宅の外壁まで光ファイバーを引き込み、棟内からユーザーまでは既存の同軸ケーブルで結ぶ。棟内LAN配線などの追加投資なく高速接続が可能で、オーナーや管理組合が負担する初期コストを大幅に削減できるとしている。契約は集合住宅1棟ごとに一括で行う。

 c.LINKは米Entropic Communicationsが開発。既存の同軸ケーブルを使って最大250Mbpsまで高速化できるのが特徴で、J:COMはサービスの高速化も検討していく。

 c.LINKに対応したCATVモデムは松下電器産業(関連記事参照)やブロードネットマックスが製品化している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -