速報
» 2005年07月13日 13時13分 UPDATE

曲がるカラー電子ペーパー、富士通が世界初

富士通が“曲がるカラー電子ペーパー”を開発した。フレキシブルディスプレイは液晶や有機ELで存在したが、フレキシブル性とカラー表示、電源オフでも表示を維持するメモリ性をあわせ持つ電子ぺーパーは世界初という。2006年度の商品化を目指す。

[ITmedia]

 富士通研究所、富士通フロンテック、富士通の3社は7月13日、電源を切っても表示内容を保持できる「電子ペーパー」で、フィルム基板を使ってカラー表示が可能なタイプを開発したと発表した。表示を保持するメモリ性、カラー表示、曲げることができるフレキシブル性を併せ持った電子ペーパーは世界初だとしている。広告用途などを想定し、2006年度の商品展開を目指す。

photo 曲がるカラー電子ペーパー

 電源を切っても表示はそのまま維持でき、表示の書き換えも非接触ICカードと同じ無線給電による低電力で行える。従来技術の数百分の1から数万分の1以下の省電力化を達成したという。

 フィルム基板を採用し、曲げても使えるフレキシブル性を持つ。カラー表示は赤、緑、青の3枚の表示パネルを積層することで可能にしており、カラー液晶パネルのようなカラーフィルターや偏光板が不要。反射型液晶パネルに比べて明るいという。表示維持のための書き換えが不要なためちらつきもなく、曲げても指で押しても表示色は影響を受けないという。

photo カラー電子ペーパーの表示サンプル

 メモリ性、カラー表示、フレキシブル性を活用し、電車の中づり広告や、湾曲した壁面への情報表示といった用途を想定している。広告に使えば、時間帯によって掲載内容を変更するなどして効果を高められる。店舗の値札など、従来の電子ペーパーの用途として提案されていた分野も、カラー化することで情報量を高められる。電子書籍のカラー化にも貢献しそうだ。

photo バス停での利用イメージ

 開発した電子ペーパーは、7月14〜15日に開く「富士通フォーラム2005」(東京国際フォーラム)に展示する。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -