速報
» 2005年12月15日 22時32分 UPDATE

「○○駅.jp」で地域情報検索

[ITmedia]

 日本レジストリサービス(JPRS)は12月15日、各地の駅名をそのまま日本語JPドメイン名として利用した地域情報サービス「駅街ガイド.jp」を始めた。JPRSは、「日本語なので覚えやすい」といった日本語JPドメインの特徴をいかせる利用法を開拓した、としている。

photo

 「新宿駅.jp」などとWebブラウザのアドレスバーに入力することで、駅周辺の情報を総合的に得られるようにした。全国約9000の駅名を網羅し、周辺施設の場所はGoogleローカル、飲食店情報は@グルメぴあ、地図はgooなど、各社のサービスを利用している。携帯電話からのアクセスにも対応した。

 駅名から地域情報を総合的に得られる上、日本語JPドメインを活用することでアクセスも容易なため、利便性は高いとしている。

 新サービスは、日本語JPドメインの普及に向けてJPRSが進める利用環境整備の一環。これまでに「日本語.jp」や「人名辞典.jp」などを開設してきた。JPRSによると、日本語JPドメイン名は12月1日時点で11万5200件。ASCIIを含めたJPドメイン名全体の約15%を占めている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -