速報
» 2006年01月20日 08時06分 UPDATE

2005年のデジタル音楽販売、3倍に拡大――IFPI統計

インターネットと携帯電話を通じたレコード会社のデジタル音楽販売額は11億ドルに増大。ダウンロード本数は20倍強の4億2000万曲となった。

[ITmedia]

 国際レコード産業連盟(IFPI)が1月19日発表した統計によると、2005年の世界デジタル音楽販売は前年比で約3倍に拡大した。

 インターネットと携帯電話を通じたレコード会社のデジタル音楽販売額は11億ドルに達し、前年の3億8000万ドルから3倍近い伸び。2006年以降も大幅に拡大する見通しだ。

 インターネットでダウンロードされたシングルトラックの本数は4億2000万曲となり、2年前の20倍強。レコード会社の売り上げに占めるデジタル音楽の割合は、2年前にはほぼゼロだったのが約6%に拡大した。

 携帯電話向けの音楽ダウンロードも各国に広がり、レコード会社のデジタル販売額に占めるモバイルの割合は約40%。携帯向け音楽販売額約4億ドルのうち、大部分は着信音収入が占めている。

 iTunes Music Storeなど合法的なデジタル音楽の普及によって、海賊行為も後退しつつあるとIFPIは強調。Jupiterが英国とドイツのネットユーザーを対象に実施した調査では、合法的に音楽をダウンロードしているユーザーは6%で、ファイル交換で違法に交換しているユーザーの5%を上回ったという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -