ニュース
» 2006年06月23日 16時22分 UPDATE

YouTubeの危機に出動する日本の消防士

ダウンしたとみられるYouTubeのトップページに、火消しに懸命な消防士の画像が現れた。が、この消防士、日本人なのだ。

[ITmedia]

 消火作業に懸命の消防士が「すぐ戻るから」──動画共有サイト「YouTube」がダウンしたとみられる6月23日、トップページにこんな画像が現れた──が、この画像、実は日本の消防士なのだ。

photo 出動だ!=23日午後2時半ごろ

 膨大な容量の動画と多数のユーザーを抱えているためか、時おりダウンすることがある同サイト。今月初めに利用不能になった時は、おかしな英語と「電話してくるな」といったメッセージが表示された(関連記事参照)

 今回は「今やってます、すぐ戻ります」のメッセージと消防士のイラスト。「メンテナンス中」の表示をこんな形で行うサイトは珍しいが、作業に当たる現場の“必死感”と、米国のITベンチャーらしいユーモアセンスが伝わってくる──のだが。「この画像、どこかで見たことないか?」

 ページのソースを調べてみると、画像ファイル名は「jfire.jpg」で、altは「Japanese Fire Access Panel」とある。画像右上に見えるマークらしきものが元ネタ探知のカギになりそうだ。

 金曜日の午後だ。編集部総出で調べたところ、マークは東京都の紋章だと判明。そういえばそうだった。これを手がかりにさらに調べを進めると、ようやく元ネタらしいものが見つかった。

 それは東京都の消火栓のふたに描かれたイラストだった。

 この前のダウン時に表示された英語「ALL YOUR VIDEO ARE BELONG TO US」は、日本人による変な英語としてネット上で有名なフレーズをもじったものだった。今回もまた日本に関連したものだ。

 最近、不正にアップロードされたと見られる日本のアニメが同サイトからごっそり削除される事件が起きた。消防士はホースの先をどこに向けているのだろうか。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -