ニュース
» 2006年07月27日 08時16分 UPDATE

Samsung、Windows Vista PC高速化の4GバイトSSD発表

Samsungの4GバイトSSDはWindows Vistaの新機能「Windows ReadyBoost」に対応。フラッシュメモリを使ってシステムの反応速度を高めことができる。

[ITmedia]
yu_ssd.jpg

 Samsung Electronicsは7月25日、4GバイトのSolid State Disk(SSD)の製造準備が整ったと発表した。MicrosoftのWindows VistaではPC用の高速NANDフラッシュキャッシュとして利用できる。

 Samsungの4GバイトSSDは、フラッシュメモリを使ってシステムの反応速度を高めるWindows Vistaの新機能「Windows ReadyBoost」に対応している。

 Windows ReadyBoostは、アプリケーションの起動やユーザーの切り替えといった動作を高速化できる機能。ユーザーからのデータリクエストに対し、従来型のHDDで処理できるのは毎秒100〜200件に限られていたが、SamsungのSSDでは最大で5000件のリクエストを処理でき、データ探しにかかる時間が実質的にゼロになるという。

 SamsungのSSDはマザーボード上のどこにでも配置でき、ATAポート経由で接続される。フラッシュキャッシュによってDRAMを補完し、Windows VistaではReadyBoostデバイスに保存される全データが自動圧縮されるため、4Gバイトのドライブで実質的に最大8Gバイトのデータ処理が可能だとSamsungは説明している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -