ニュース
» 2006年07月28日 17時59分 UPDATE

書籍や文化財、Wikipediaを横断検索できる「想」

文章をキーにして、書籍データベースや文化遺産データベース、Wikipediaなどを横断検索できる新検索サービスを、国立情報学研究所が公開した。

[ITmedia]

 国立情報学研究所(NII)は7月28日、書籍データベースや文化遺産データベース、Wikipediaなどを横断検索できる検索サービス「想−IMAGINE Book Search」を公開した(関連記事参照)

画像

 文章をキーに検索できる検索エンジン「GETA」を活用した。複数のデータベースを横断的に検索でき、結果はソースごとに並べて表示する。検索結果をキーにして、絞り込み検索することもできる。

 検索対象は、書籍データベース「Webcat Plus」、新書データベース「新書マップ」、Wikipedia日本語版、古書データベース「Book Town じんぼう」、文化財データベース「文化遺産オンライン」、書評サイト「松岡正剛の千夜千冊」。

 検索対象は順次増やしていく方針だ。報道写真や学術情報、、闘病記ブックガイド「闘病記ライブラリー」などを追加する計画だ。商用コンテンツを検索対象に加えることも検討している。運営は、NPO法人・連想出版が行う。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -