ニュース
» 2006年08月10日 07時22分 UPDATE

GoogleのBooks Libraryにカリフォルニア大学も参加

学術/研究書籍で世界最大規模の蔵書を持つ大学図書館が、Googleのプロジェクトに参加する。

[ITmedia]

 米Googleは8月9日、同社の書籍デジタル化プロジェクト「Google Books Library Project」のパートナーに、米カリフォルニア大学が加わると発表した。同大学は10のキャンパスに合計100以上の図書館を持ち、学術/研究の蔵書で世界最大規模といわれている。

 Google Books Library Projectには、既に米国議会図書館、ハーバード大学、ニューヨーク公立図書館などがパートナーとして参加、蔵書のデジタル化を進めている。デジタル化された蔵書はGoogle Book Searchで検索が可能となり、著作権の切れた書籍については全文の閲覧が、著作権で保護されている書籍については基本情報と検索キーワード前後の文を読むことが可能になる。

 著作権で保護されている書籍をデジタル化し、無料で検索できるようにすることに対しては、著者や出版社の反発も出ている。Google Books Library Projectに対抗して結成されたOpen Content Alliance(OCA)では著作権を尊重する立場を取っており、Yahoo!、Microsoftなどが参加。カリフォルニア大学は、既にOCAにも参加している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -