ニュース
» 2006年08月16日 10時22分 UPDATE

危険じゃないルートキット――バンド「Root Kit」がネットデビュー?

ビデオクリップのオンライン勝ち抜きコンテストで、ルートキット問題をパロディーにしたオーストラリアのバンドが、惜しくも優勝を逃したものの大活躍したという。

[ITmedia]

 オンラインビデオのコンテストサイトGoogleIdol.comで、Root Kitという名のオーストラリアのバンドが大活躍した。システム侵入に悪用されるマルウェアは「rootkit」と呼ばれるが、これを茶化したバンド名と歌詞で、4796票という高い支持を得たという。セキュリティ企業のフィンランドF-Secureが、オフィシャルブログでこの話題に触れている。

rootkit patch upされたメンバーにMSDN Magazineを読んであげる看護婦さん

 GoogleIdol.comは米Googleがサポートしているサービスではないが、Google Videoに投稿されたビデオを使った勝ち抜き戦「Gidol」を掲載しているサイト。ミュージックビデオ部門とWebビデオ部門があり、ビジターの投票で勝敗が決まる仕組みとなっている。Root Kitはここで惜しくも優勝を逃して次点となったという。

 Root Kitのビデオクリップはその名も「Patch Me Up」(パッチ当ててね)。歌詞もセキュリティ絡みのパロディーとなっている。ビデオクリップはGoogle Videoで観ることができる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -