ニュース
» 2006年08月31日 07時53分 UPDATE

Sony Ericsson、Eclipseに参加

アドインのプロバイダーとしてEclipseに参加。幾つかのアドインは既に公開されているという。

[ITmedia]

 日本とスウェーデンの合弁会社Sony Ericssonは8月29日、オープンソースコミュニティーのEclipseにアドインプロバイダーとして参加することを発表した。

 Eclipseプラットフォームは、アプリケーションや統合開発環境(IDE)のほか、様々なツールの開発に役立つよう設計されており、Java、C/C++に対応している。

 Sony Ericssonでは既に幾つかのプラグインを公開。スマートフォンのP990やM600でサポートされている同社のJava CDCプラットフォームとEclipse IDEとを統合したり、Eclipse IDEから同社製の端末のJava Application Managerをコントロールすることが可能になっているという。同社のEclipse対応のツールやプラグインは、Webサイトで無料公開される。

 Eclipseには、既に米Oracle、日立、富士通などが参加している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -