ニュース
» 2006年10月11日 07時45分 UPDATE

スイス政府、IP電話の盗聴実験を実施

スイス政府がクライアントソフトを使ったIP電話の盗聴実験を始めた。

[ITmedia]

 スイス政府が、ソフトウェアを使ってVoIP電話を盗聴できるかどうかの実験を始めたと、フィンランドのセキュリティ企業F-Secureが10月10日に伝えた。

 今回の実験では、ERA IT Solutionsが試作したクライアントサイド・アプリケーションを使用。通話に使用されたPCのマイクとスピーカーの音声を録音し、インターネット経由でパケットを転送するという方法をとっている。このソフトには、VoIPトラフィックを解読する機能は備わっていないようだ。

 ソフトウェアのインストールには、警察がローカルマシンにこっそりインストールする方法、インターネットプロバイダーを通じてリモートでインストールする方法の両方がとられているという。

 セキュリティベンダーの中には、各国政府がこうした実験をしやすいよう、アンチウイルスソフトのセキュリティを一部弱めたりするものもあるとF-Secure。同社では、故意にセキュリティを弱めることはしないと宣言しており、今回の実験に使用されたソフトウェアが実際に出回った場合には、検出できるよう対処することになるだろう、としている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -