ニュース
» 2006年10月11日 09時52分 UPDATE

ITC、QUALCOMMの特許侵害認める

当該特許を侵害しているQUALCOMM製チップを搭載した携帯電話の米国への輸入までは禁止されなかった。

[ITmedia]

 米国際貿易委員会(ITC)の行政法判事は10月10日、米Broadcomが米QUALCOMMに特許を侵害されたと訴えていた件で、QUALCOMMが5件の特許クレームを侵害したとの判断を下した。

 ただし判事は、当該特許を侵害しているQUALCOMM製チップを搭載した携帯電話の米国への輸入禁止までは命じなかった。

 ITCは、QUALCOMMの携帯電話向けベースバンドプロセッサチップなどがBroadcomの6,714,983号特許を侵害したと認め、QUALCOMMがこれら製品を輸入したことは米国通商法違反に当たるとした。

 「今回の判決は、QUALCOMMによるBroadcomの知的財産侵害の一部を強調しているにすぎない。同社は少なくとももう15件のBroadcom特許を侵害していると確信しており、向こう12カ月以内にこれらを訴訟に持ち込むつもりだ」とBroadcomは声明文で述べている。

 ただし、Broadcomは3件の特許の侵害を訴えていたが、行政法判事は983号特許以外の2件については侵害を認めなかった。

 QUALCOMMはこの点を挙げ、「今回の裁定はワイヤレス業界や多数の消費者にとって前向きな一歩。彼らのワイヤレスブロードバンドサービスへのアクセスは、Broadcomの根拠のない輸入禁止の要求に脅かされている」と声明文で述べている。

 ITCは次のステップとして、今回の裁定を6人のメンバーで構成される委員会全体で協議し、2007年2月9日までに最終決定を下す。Broadcomは今回2件の特許に関する申し立ての棄却と、QUALCOMMチップ搭載携帯電話の輸入を禁止しないという判断について見直しを求める意向だという。

 2007年3月には米連邦地裁で、BroadcomがQUALCOMMにBluetooth関連特許2件を侵害されたとして起こした訴訟の審理が予定されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -