ニュース
» 2006年10月14日 07時15分 UPDATE

ゲーマー向け投票者登録キャンペーン

11月の米国中間選挙を前に、ゲーマーに有権者登録を促すキャンペーンがスタートした。

[ITmedia]

 11月の米国中間選挙を前に、米娯楽ソフトウェア協会(ESA)は10月12日、傘下のVideo Game Voters Network(VGVN)が全米のゲーマー向けに、有権者登録を推奨するキャンペーンを開始したと発表した。登録はVGVNのWebサイトから行うことができる。

 「2004年の選挙時、35歳以上の有権者のうち68%が投票を行ったのに対し、18〜29歳では半分以下だった」とESA。キャンペーンにより「ゲーマーが、コントローラーをひとまず置いて、現実世界のプレイヤーとしても行動してくれる手助けになれば」としている。

 VGVNは、ESAのゲーマー向け「草の根政治ネットワーク」。エンターテインメントメディア全般への規制強化に反対しており、「ゲームは子供に有害」として、映画や音楽、書籍などのメディアと異なる規制を敷く動きにも反対している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -