ニュース
» 2006年11月10日 11時07分 UPDATE

Google Maps対応のGPS携帯が米国で登場

HelioがGPS機能付き携帯端末「Drift」を、加入者向けに発売する。

[ITmedia]
yu_drift.jpg
yu_drift2.jpg

 携帯キャリアの米Helioは11月8日、加入者向けに、GPS機能付き携帯電話「Drift」の提供を開始すると発表した。新端末はSamsung製だ。

 DriftはGPS機能を搭載しており、GPS対応版の携帯向け「Google Maps」で位置確認ができる。また、友人などに自分の居場所を地図上で簡単に知らせることができる「Buddy Beacon」サービスにも対応する。

 Buddy Beaconでは最高25人までの知人を「Buddy List」に登録、機能をオンにすると、リストに載っているメンバーはそれぞれの居場所と近くの住所を地図上で見ることができる。

 Driftは黒と白の2色で、2.12インチQVGA液晶、200万画素デジタルカメラ、Bluetooth機能、メモリ128Mバイトを搭載し、microSDスロットを装備する。価格は225ドル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -