ニュース
» 2006年11月23日 06時28分 UPDATE

Xbox 360デビューから1年――Xbox Liveで映画とTVコンテンツ販売開始

Microsoftは11月22日、米国版Xbox Liveで映画とテレビのコンテンツ配信をスタートした。

[ITmedia]

 米Microsoftは11月22日、Xbox LiveでXbox 360ユーザー向けに、映画とテレビのコンテンツ配信を開始したと発表した。

 2005年11月22日の発売以来、2006年9月末時点でのXbox 360の売り上げ台数は600万台。今年のクリスマス商戦で、1000万台達成を見込む。またXbox Liveの利用者は現在400万人を超え、2007年6月までには600万人に達する見通しという。

 コンテンツ価格はメディアによって異なり、テレビ番組の場合、高精細画像のHDであれば1エピソードあたり240 Microsoft Point、SDは160 Pointとなる。映画の場合、新リリースのHD版は480 Point、同SD版は320 Point。古典映画のHD版は360 Point、同SD版は240 Point。HD版を購入した場合、SD版は無料で追加ダウンロードできる。

 Microsoft Pointは小売店またはXbox Liveで購入でき、小売店で1600 Point付きカードを購入する場合は19.99ドル、Xbox Liveで1000 Point購入する場合は12.50ドルを支払う。Microsoft PointはZune Marketplaceにおける楽曲購入にも利用できる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -