ニュース
» 2006年11月29日 07時40分 UPDATE

アジアを席巻するブログ――ネット利用者の半数がブログを所有

アジア諸国のネット利用者の46%がブログを所有し、特に韓国とインドではビジネスでも活発にブログが活用されるなど、次のステップへと発展している。

[ITmedia]

 米MicrosoftのMSNおよびWindows Liveオンラインサービス担当部門は11月28日、アジアにおけるブログの現状についての調査報告を発表した。それによると、アジアではブログがコミュニケーションや自己表現の場として活発に利用されており、ネット利用者の46%がブログを持っていることが分かった。

 現在中心となっているのは、友人や家族を対象とした日記的なもので、「日記と写真を親しい人たちに見せたい」が、ブログを始めた理由の第1位(53%)である。ブログ執筆者の中心は若者で、56%が25歳以下、25歳から34歳が35%、35歳以上が9%。性別では女性が55%、男性が45%だった。

 人気があるのも主に友人や家族が書いたブログ(74%)で、かなり離れた2位が職場の同僚(25%)となっている。ただし大半のブログの訪問者数は少なく、40%以上は週10人以下である。しかしブログの地位が確立されている韓国では、11%が週50人以上、12%が250人以上だった。

 政治家のブログ人気は、マレーシア(20%)を除くと14%といまひとつ。スポーツ選手のブログも8%であまりふるわない。一方インドでは、半数以上がビジネスブログに強い関心を示し、韓国でも関心が高かった。ただしほかのアジア諸国では、ビジネスブログへの興味は約25%とそれほど高くない。

 また回答者の半数が、ブログの内容に対し、従来メディアと同程度の信頼を置いていることが明らかになった。さらに25%は、ブログを「ニュースや時事問題をいち早く知る手段」とみなしていた。

 今回の調査は、香港、インド、韓国、マレーシア、シンガポール、台湾、タイの7カ国2万5000人以上を対象に、2006年8月から9月にかけてオンラインで実施された。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -